幼児教育とは

生活情報

幼児教育とは何か?月齢別、幼児年齢別に教えること!効果的な子育て方法としつけについて

幼児教育とはなにか?についてはよく語られています。しかし、具体的にいつ何を教えればよいのかは、よくわからないというママやパパも多いのではないでしょうか?月齢別、幼児年齢別に教えるべきこと、および効果的な子育て方法としつけについてご説明します。

幼児教育とは何か?月齢別、幼児年齢別に教えること!

幼児教育

幼児とは何歳から何歳まで?

幼児とは何歳から何歳までを言うのでしょうか?最も基本となる法律である「児童福祉法」では、幼児は1歳から小学校就学の始期に達するまでの者と定められています。これを幼児の定義としてよいと思います。

別の法律である「子ども・子育て支援法」では、幼児と言う用語は使われておらず、「小学校就学前子ども」と表記されています。そして、乗り物や映画館などでの幼児は、必ずしも「児童福祉法」で定義された年齢とは一致していませんので、注意する必要があります。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

幼児は何歳まで
幼児は何歳から何歳までのことなのか?乗り物、映画ではどのような扱いなのか?料金は?

幼児は何歳から何歳までのことなのか このブログのタイトルは「幼児教育コンサルタントブログ」です。記載している記事の中でも、「赤ちゃん」「幼児」「子供」など、いろいろな言葉を使っています。それ以外にも「 ...

続きを見る

幼児教育とは何か?

文部科学省では、「幼児教育とは、幼児に対する教育を意味し、幼児が生活するすべての場において行われる教育を総称したものである。具体的には、幼稚園における教育、保育所等における教育、家庭における教育、地域社会における教育を含み得る、広がりをもった概念として捉えられる。」と定めています。

文部省の定義と共に、モンテッソーリーなどの主な幼児教育メソッドの要点をまとめてみました。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

幼児教育とは
幼児教育とは?文部科学省による意義、早期教育との違い!メソッドの種類、教育方法を解説

幼児教育の重要性が高まっています。この記事では、幼児をお持ちのパパやママに、文部科学省が語る幼児教育の意義と役割、早期教育との違い、モンテッソーリーなど幼児教育メソッドの種類、具体的な幼児教育の方法な ...

続きを見る

文部科学省が打ち出した「幼児が施設の違いや経済状況などを問わず、質の高い教育を受けられるようにすること」を目的とした「幼児教育スタートプラン」に関する詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

5歳児
幼児教育スタートプランとは?文部科学省の大臣が経済財政諮問会議に提出!いつから始まる?

幼児教育及び小学生教育に大きな影響を与える幼児教育スタートプランとは何でしょうか?文部科学省の萩生田大臣が経済財政諮問会議に提出した内容とは?実際にはいつから始まるのでしょうか?これらの疑問について解 ...

続きを見る

上記でご紹介したような、文部科学省の幼児教育に関する記載だけでは、あまりにも漠然としており、実際にママやパパが幼児教育を行おうとしても、何をどう教えればよいかわからないと思います。今回の記事では、より具体的な幼児教育について考えてみたいと思います。

いつ何を教えればよいのか?

自分の子育て経験を振り返っても、ママやパパが知りたいことは、自分の子供が小学校に入学するまでの間に、具体的にいつ何を教えればよいのか?ということだと思います。

例えば、離乳食はいつから食べさせればよいのか?トイレトレーニングはいつから始めればよいのか?などです。もちろん、個人差がありますから、この月齢や年齢になったら、何がなんでも、やらなければならないというような杓子定規なものではありません

それゆえ、個人差を認めて鷹揚に構えることはとても大事です。しかし、それはそれとして、平均的な目安を知っておくことは、子育てにおいて非常に重要です。目安を知った上で、個人差に対応すべきなのです。

次項では、家庭において、赤ちゃんの月齢、幼児の年齢に応じて、いつ何を教えればよいのか?を整理してみました。ぜひ、あなたの子育ての参考にしていただければと思います。

月齢別、幼児年齢別に教えること

0~3ヵ月

  • 生後3ヵ月くらいまでに体重は2倍くらいになる
  • 母乳やミルクをしっかり飲んで、おしっこをしていれば大丈夫
  • 2~3ヵ月から「アー」「ウー」などの喃語が出る
  • 2~3ヵ月からあやすと笑うようになる
  • ベッドメリーやガラガラなどを与えるとよい

4~6ヵ月

  • 昼間に起きている時間が長くなる
  • 昼寝は午前と午後に1回など生活のリズムをつくる
  • 4ヵ月くらいで首がすわり、腰も安定するようになる
  • 寝返りや回転などの動きをするようになる
  • 5~6ヵ月から離乳食をはじめるようにする
  • 6ヵ月頃にはうつ伏せで両手両足をあげて飛行機ポーズをする
  • 絵本の読み聞かせをはじめる

7~11ヵ月

  • 離乳食は1日2回食から3回食にする
  • 3回食になったら、食事の時間を軸に生活リズムを整える
  • ひとりでお座りするようになる
  • ハイハイするようになる
  • つかまり立ちするようになる
  • 両手や指を使って物をつかんだり、離したりできるようになる
  • 人見知りするようになる
  • 歯が生えてくるので、歯磨きを始める

1~2歳

  • 1歳になったら、徐々に卒乳をする
  • 1人で歩き始めて、小走りができるようになる
  • 1歳前半になると、人見知りしないようになる
  • 「わんわん」「まんま」など意味のある単語を口にする
  • 2歳に近づくと、どんどん話すようになる
  • なぐり描きのお絵描きをさせるようにする
  • ボールを投げたり、蹴ったりできるようになる
  • 1歳前半でコップ、1歳半くらいからスプーンの練習をする
  • 1歳半を過ぎたら、トイレトレーニングをはじめる
  • 2歳に近づくと、イヤイヤ期がはじまる

2~3歳

  • 乳歯が全部はえそろう
  • 3食のほかにおやつを2~3回加えて食事を補う
  • 自分でトイレに行くトレーニングをする
  • 年齢に適した絵本で言葉をどんどん増やす
  • 絵本の内容を振り返って理解を深めるようにする
  • イヤイヤ期の最盛期となる
  • 着替えやお片付けを少しずつ教える
  • 公園や博物館など好奇心を刺激する場所に連れて行く

3~4歳

  • 自分でトイレに行く習慣が完全に身につく
  • テレビを見たがっても、夜20時には寝かせる
  • 昨日、今日、明日などの時間の概念を理解できるようになる
  • 赤、青、黄色など色の名前がわかって区別できるようになる
  • 2~3までの数を理解できるようになる
  • 多い、少ない、長い、短いなどがわかるようになる
  • 簡単なカードゲームなどを遊びに取り入れる
  • 順番を理解して、友達と仲良く遊べるようになる
  • おはしの使い方の練習を始める
  • 習い事を本格的に始めるのに適した時期

4~6歳

  • バランス感覚が発達して、片足立ちができるようになる
  • 友だちとの集団遊びを積極的にやらせるようにする
  • 子供ルールを作って、カルタやトランプ遊びをする
  • 我が家のルールを一緒に考えて守れるようにする
  • 子供にも家の仕事の役割を持たせてやらせるようにする
  • よその家に訪れたときのマナーを教える
  • 公共の場でのマナーなどを本格的に教える
  • 10くらいまでの数をできるようになる
  • お金の意味と大切さを教える
  • 小学校入学の準備をする

早期教育とは?どう対応したらよいか

早期教育という言葉がありますが、幼児教育とは違うのでしょうか?当ブログ「幼児教育コンサルタントブログ」では、早期教育を次のように定義しています。早期教育は、子供を育てる上で、とても重要であると考えています。

早期教育とは、0歳から6歳の小学校入学前の乳幼児に対して、優秀な人間を育てるという目標を持ち、意図的かつ計画的に行われる教育のことです。一般の幼稚園や保育園の幼児教育とは一線を画します。

早期教育、幼児教育、英才教育の各々の説明と違いに関する詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

早期教育
子供の早期教育とは?効果、メリットは?遺伝子検査でわかること!信憑性、デメリット、費用は

子供の早期教育とは?早期教育と英才教育の違い?早期教育と幼児教育の違い?早期教育の効果、メリットはある?遺伝子検査で子供の能力はわかる?信憑性はある?デメリットはない?費用はいくら?この記事では、これ ...

続きを見る

効果的な子育て方法としつけについて

ここからは、上記を念頭に置きながら、効果的な子育て方法としつけについて考えてみたいと思います。

家庭において注意すべき点

幼児教育では、家庭における子供との日常的な接し方がとても大切です。そこでまず、家庭においてママやパパが注意すべき点から考えてみます。

幼児教育を自宅で行うときの10のポイント

幼児教育というと、幼児教室に通わせたり、幼稚園や保育園に通わせたりして、先生にお願いすることも大切なのですが、やはりお子様の教育の主役はご両親です。幼児教育で両親が心掛けるべきこと。幼児教育を自宅で行うときの10のポイントについてまとめてみました。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

自宅教育
幼児教育で両親が心掛けるべきこと!幼児教育を自宅で行うときの10のポイントを解説

幼児教育はお子様が誕生した0歳から始まります。お子様のことを一番大事に思い、一番よく知っているのは、ご両親です。この記事では、幼児教育でご両親が心掛けるべきことを詳しく解説します。 幼児教育で両親が心 ...

続きを見る

幼児に片付けの習慣をつけることはとても大切

片付けとは「5S」を徹底させることです。つまり、Seiri(整理)・Seiton(整頓)・Seisou(清掃)・Seiketsu(清潔)・Sitsuke(躾)のことです。片付けの概念を理解するのは、1歳くらからなので、この頃から少しずつ片付けに興味を持たせるようにします。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

片付け1
幼児に片付けの習慣をつけることはとても重要!片付けを身につけさせるために注意する点

片付けの習慣はとても重要です。幼児の頃からきちんとしつけないと、成長してからも片付けられない大人になってしまう恐れがあります。この記事では、幼児に片付けの習慣をつけさせる具体的な方法をご説明します。 ...

続きを見る

子育てには時間効率を高めることも必要

子育ては時間との戦いという側面があります。何でも間でも手をかけるのではなく、手をかけるところと手を抜くところを区分して、効率的な時間の使い方をします。例えば、子供に絵本を読んであげたり、話し相手になってあげたりする時間は、手をかけるところです。

それに対して、いわゆる作業の部分は手抜きしても構いません。一例をあげると、入園準備や入学準備の名前書きです。これは作業ですから1つ1つ手書きで書く必要はありません。お名前シールという道具を使えばよいのです。詳細につきましては、下記の記事をご覧ください。

幼稚園入園
入園準備・入学準備に必要な「お名前シール」!手書きよりも簡単にきれいに名付けができます

入園準備・入学準備では、持ち物全部に子供の名前を書かなければなりません。これはとても大変な作業です。1つ1つ手書きで書くよりも、簡単できれいに名付けできる方法があればいいな。この記事はそう思っているマ ...

続きを見る

子供のしつけに苦労したら外部を頼る方法もある

子供がどうしても親の言うことを聞かないで困ったときには、外部の力を借りることも検討してみます。例えば、「ばけおに」という、3歳から6歳の子供を対象とした、全く新しい子育て支援サービスがあります。

伝統的に受け継がれてきた「なまはげ」をヒントに、「親と子の絆を深める」ことを目的として運営しています。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

ばけおに
なまはげとは?しつけアプリより効果が高い?!訪問型しつけ支援サービス「ばけおに」

なまはげをご存知ですか?サイトを見ていたら、出前なまはげをする「ばけおに」という面白いサービスを見つけたので、ご紹介してみたいと思います。しつけアプリより効果が高い訪問型しつけ支援サービスとのことです ...

続きを見る

幼児教育に関する情報収集の方法

幼児教育や早期教育を行うためには、ママやパパがきちんと情報収集をする必要があります。全ての行動は、情報に基づく正しい判断から始まるからです。

ママとパパが本当に読むべき本

当ブログ「幼児教育コンサルタントブログ」が厳選した、ママとパパが本当に読むべき幼児教育におすすめの本をご紹介しています。今は、インターネットで簡単に情報が入手できる時代ですが、いい加減に書かれた誤った情報も数多く見られます。

やはりしっかりとした情報を入手するには、時間をかけて研究した内容が書かれている本を読むのがいちばんだと思います。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

本を読む女性
ママとパパが本当に読むべき幼児教育におすすめの本!これだけは絶対に読んでおいてください

自らの子育て経験を踏まえて厳選した、ママとパパが本当に読むべき幼児教育におすすめの本をご紹介します。子育てに本当に役立つ本なので、可愛いお子様のために、これだけは絶対に読んでおいてください。 ママとパ ...

続きを見る

最新情報を入手するには子育て雑誌が役立つ

本には基本的な内容がしっかりと書き込まれていますが、どうしても普遍的な内容のみとなります。時代の変化に合わせた最新情報を入手するには、本だけでなく、育児雑誌も読むことが必要です。

例えば、最新の便利な子育てグッズにはどんなものがあるか、いま子供の服はどんな服が人気があるかとか、最新の受験情報など、親として知っておきたい情報を把握しておく必要があるからです。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

子育て雑誌のご紹介
子育て雑誌の人気出版社、名前は?男性、おしゃれ、付録?momo、kodomoeなどの定期購読は?

子育て雑誌で知識を得たいパパとママに人気の出版社や育児雑誌の名前をご紹介します。この記事では男性向けの育児雑誌、おしゃれに関する育児雑誌、付録が充実した育児雑誌、momo、kodomoeなど人気育児雑 ...

続きを見る

子供との信頼関係を築くには

幼児教育においては、子供との信頼関係を築くことが大切です。いちばんの基本は、子供をむぎゅっと抱きしめてあげることです。ここでは、このような基本的なこととは、少し違った角度から、子供と信頼関係を築く方法を考えてみます。

子供が主役のオリジナル絵本を作る

オリジナル絵本とは、文字通り、あなただけのために作られたオンリーワンの絵本のことです。結婚式などに向けた大人のためのオリジナル絵本もありますが、やはり人気が高いのは、お子様を主役にしたオリジナル絵本です。

storia(ストリア)という、お子様の記念日に贈るオリジナル絵本を作成するサービスがあります。 子供が生まれてからその記念日に至るまでを1つの物語にし、ご両親からの気持ちも込めた素敵な1冊の絵本に仕上げます。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

仲良し親子
オリジナル絵本を子供に作成!誕生日、入学式に!storia(ストリア)でのストーリーと作り方

オリジナル絵本を子供のために作成しませんか?誕生日、入学式などの記念日に贈りましょう。オリジナル絵本の作成サービスを提供する、storia(ストリア)でのストーリー構成と、作り方などについてご紹介しま ...

続きを見る

幼い我が子に対する、親から子への気持ちを手紙を書く代わりに、オリジナル絵本で贈る方法を提案するシカケテガミというサービスもあります。オリジナル絵本だから、作者名にはあなたの名前がしっかりと刻印されます。

絵本の主人公も、もちろんあなたとあなたのお子様です。あなた方の絵をアバター形式で、オリジナルで作成してくれます。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

家族
親から子への手紙をオリジナル絵本で贈る!シカケテガミとは?納期、価格、口コミや評判は?

子供が生まれて感激ひとしおのパパとママ。幼い子供に対する愛情を、親から子への手紙としてオリジナル絵本を作成しておき、成長した我が子に贈る方法があります。シカケテガミの特徴、納期、価格、口コミや評判など ...

続きを見る

マジック桜(Magic桜)を咲かせる

魔法の水をかけると12時間で満開になる、紙でできた不思議な桜、マジック桜’(Magic桜)という製品があります。 桜の形状など、なるべく本物に近づけるように再現されています。 自分で育てる喜びと、見る楽しさ、散るはかなさを、本物そっくりに体験できます。

誕生日はもちろん、入園や入学などのイベントに合わせて、お子様と一緒にマジック桜(Magic桜)を咲かせることで、子供とのコミュニケーションを深めることができます。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

入学式と桜
マジック桜(Magic桜)の仕組みは?子供の創造力を高める?入学記念や入学祝いにも最適

マジック桜(Magic桜)の仕組みが話題になっています。魔法の水をかけると12時間で満開になる、紙でできた不思議な桜です。仕組みはどうなっているのでしょうか。子供が興味を持ちそうです。子供の創造力を高 ...

続きを見る

子供を犬と一緒に育てる

子供の情操教育のために犬を飼うというご家庭もあるかと思います。特に、一人っ子の場合は、犬と一緒に育てることはメリットがあります。子供より先に犬がいた場合も含めて、多くの場合は仲良しですが、やはりリスクもあることは忘れてはなりません。

そこで、犬に対しても、しっかりとしつけをすることが大切です。特に、子犬の頃にしっかりとしつけておけば、リスクはかなり軽減されます。子犬のための通信教育「こいぬすてっぷ」というサービスがあります。

獣医師が完全監修した愛犬のための通信教育です。開始2年で累計2万頭の子犬が利用した実績があります。愛犬との生活で特に大切な1歳までの期間にしっかりとしつけするための教材として評価されています。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

子供と子犬
子供と犬を一緒に育てる生活のメリット!子供と犬の関係は?子犬が噛むのでは?しつけは?

子供に犬を飼ってあげたいけど、一緒に育てる生活はメリットがある?一緒に遊べる公園などの場所で写真や動画を撮るのも楽しそう。でも、子犬が噛まないか心配。子犬のしつけはどうすればよいの?この記事はこんなパ ...

続きを見る

スマホやタブレットとの付き合い方

文部省でもGIGAスクール構想を打ち出していますが、学校教育におけるデジタル化は、先進国の中で日本だけが圧倒的に遅れています。簡単には追いつかないでしょう。したがって、デジタル教育は家庭でやらなければなりません。

スマホをはじめとして、タブレットやパソコンをできるだけ早く子供に持たせて、プログラミング教室で学ばせるなど、デジタルに早くから慣れさせることが必要です。詳細につきましては、下記の記事をご覧ください。

タブレット1
GIGAスクール構想をご存知ですか?学校に期待できないのならば、親が推進するしかない

GIGAスクール構想という言葉を聞いたことがありますか?もしご存知でなかったら、ぜひこの記事をご覧になってください。ご両親がご家庭にネットワーク学習環境を作ってあげることの重要性が理解できるはずです。 ...

続きを見る

このような時代背景のもと、子供がスマホを持つ年齢が段々と低年齢化しています。子供にスマホを持たせるメリットとデメリットをまとめてみました。また、子供にスマホやタブレットを持たせる場合は、中古で十分だと思います。デジタル学習教材では、iPhone、iPadの使用に限定しているものがあります。

子供同士の間でもiPhone、iPadが人気となっています。それゆえ、中古でもよいからiPhone、iPadを持ちたいというお子様が多いと思います。全国に50店舗あり、オンライン販売もしているダイワンテレコムというスマホショップのご紹介をしています。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

スマホを持つ子供
子供に与えるのは中古スマホ?購入と使い方の注意点は?iPhone、iPadの中古はどこで買える?

子供にもスマホやタブレットが必要だけれど中古で十分だとお考えのご両親が多いと思います。中古スマホや中古タブレットの購入と使い方の注意点、iPhone、iPadがよいと思うが中古はどこで買えるのかなどに ...

続きを見る

中古スマホショップに関しましては、別のショップもご紹介しておきます。伊藤忠商事の子会社が運営している「にこスマ」というショップです。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

スマホを操作する女の子
中古スマホのにこスマ!伊藤忠商事子会社だから大丈夫!電池状態とは?口コミや評判は?

子供にスマホを持たせるなら、中古スマホのにこスマを検討してみてください。中古は心配というパパやママも、伊藤忠商事の子会社だから大丈夫です。電池状態とは?口コミや評判についてもご説明します。 中古スマホ ...

続きを見る

学資保険に加入する

子供を私立の中高一貫校に入学させて難関大学を目指そうと思うと、学資も高額になります。全て私立に行かせた場合、2,544万円になるという試算があります。それゆえ、子供が誕生したら学資保険に加入することを検討しましょう。

学資保険は、その名の通り、『学資』と『保険』の2つの要素が合体して作られたものです。学資保険は次の2つの目的を両立したものだと考えて下さい。1つは「子供の成長に備えて学資を貯める目的」、もう1つは「子供の事故や病気に備えて医療費を確保する目的」です。

どちらも重要ですが、普通の保険ではなく、学資保険を選ぶのは、学資を貯める目的を重視しているからです。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

学資保険1
学資保険とは?学資保険は必要か?子供の学費はいくらかかるのか?保険のプロに相談しよう

学資保険という言葉は知っていても、内容については詳しくない。この記事は、そんなご両親のために、学資保険とは何かという基礎知識から、メリットとデメリットまでわかりやすくご説明します。 学資保険とは?学資 ...

続きを見る

学資保険のメリットとデメリットについて、さらに詳しく解説しているページもあります。詳細につきましては、下記のページをご覧ください。

学資保険
学資保険とは?メリット、デメリットは?保険のプロに相談、比較して人気おすすめを検討しよう

子供が生まれたら学資保険に入らなければと考えているパパやママが多いと思います。でも、実際のメリットやデメリットがよくわからない?こんなときは保険のプロに相談して、すべての商品を比較した上で、人気おすす ...

続きを見る

まとめ

今回は、幼児教育とは何か?いつ何を教えればよいのか?について、できるだけポイントを絞って、具体的に解説しました。乳児の頃は、教えることというよりも、月齢別にできることを整理しました。幼児になり、年齢があがるにつれて教えることのウエイトを高めています。

冒頭でも述べましたが、人間は一人ひとり違います。成長や能力にも個人差があります。例えば、長い間ハイハイをしてから歩き始める子供もいれば、ほとんどハイハイをせずに、すぐに歩き始める子もいます。

4歳頃から片足立ちができると書きましたが、運動が苦手で、4歳ではまったく片足立ちができない子供もいます。言葉を覚えたり話たりするのも、早い子供と遅い子供がいます。これは当たり前のことです。

だから、くれぐれも、この月齢になっても、この年齢になっても、ここに書いてあることができないと心配しないでください。ここに書いたのは、あくまでも平均的な目安なので、もう少し時間が経過すれば、誰でもできるようになります。

できた、できないの一喜一憂は必要ありません。もうそろそろ、これができるようになるかな?これを教えたほうがよいかな?と、軽く考えてください。まだ無理なようならば、もう少し時間が経ってから、ゆっくりと教えるようにしてください。

なお、今回は効果的な子育て方法としつけについて、主に家庭でやれることに絞ってご説明しました。幼児教室や習い事については、別のページで詳しくご説明していますので、そちらをご覧いただければと思います。

知育玩具、プログラミング、英語 - 幼児教育コンサルタントブログ
知育玩具、プログラミング、英語 - 幼児教育コンサルタントブログ

知育玩具、プログラミング、英語、中学受験など幼児教育に関する情報発信をする幼児教育コンサルタントブログです。幼児教室や幼児教材など教育に役立つ情報を伝えます。

child-learning.net

-生活情報