早期教育

幼児・子供関連情報 生活情報

子供の早期教育とは?効果、メリットは?遺伝子検査でわかること!信憑性、デメリット、費用は

子供の早期教育とは?早期教育と英才教育の違い?早期教育と幼児教育の違い?早期教育の効果、メリットはある?遺伝子検査で子供の能力はわかる?信憑性はある?デメリットはない?費用はいくら?この記事では、これらの疑問について解説します。

子供の早期教育とは?効果、メリットは?

子供の早期教育とは何か?効果、メリットはあるか?などについてご説明します。

テニスをする子供

子供の早期教育とは?

子供の早期教育に関する公式な定義は定められていません。早期教育について、述べられている論文や書籍などは複数あります。その一例をご紹介します。

早期教育とは、脳が柔軟なうちに子どもの知的好奇 心を促進して、高い吸収力や順応能力を持つ幼い間に教育を開始することで脳の活性化を高め、 優秀な人間を育てるという理念に基づいて行われる教育のことである。(引用:中村学園
「胎児から小学校以前の教育で、できるだけ早い時期から開始するという志向性を持ち、知的な教育、主にIQを高めることを意図し、働きかけに対する子どもの期待される反応を強く期待して行われる、幼稚園や保育園を除いた教育」(引用:東北学院大学教養学部総合研究論文

上記以外にも、早期教育について、下記のような説明がなされています。

「 小学校以降の学校教育に類した方式や目標を持って、乳幼児期に子どもに意図的に教育するもの 」(武藤隆「早期教育を考える」日本放送出版協会)

「 早期教育は、小学校入学前までのこととし、対象となる年齢は、0歳から6歳までで、保育園や幼稚園は除外する」(小宮山博仁「早期教育をまじめに考える本」(株)新評論)

「特定の能力や技能の習得を意図して、できるだけ早い時期から開始するという志向性をもち、働きかけに対する子どもの期待される反応を強く期待して行われる、乳幼児への計画的働きかけ」(汐見稔幸「現代早期教育事情」(株)日本評論社)

これらを参照した上で、当サイトでは、早期教育を下記のように定義づけしたいと思います。

早期教育とは、0歳から6歳の小学校入学前の乳幼児に対して、優秀な人間を育てるという目標を持ち、意図的かつ計画的に行われる教育のことです。一般の幼稚園や保育園の幼児教育とは一線を画します。

早期教育と英才教育の違い

これについても、明確な定義が定められているわけではありません。ほぼ同意語として用いられることも多いです。敢えて、違いを述べるとすると、「英才教育はIQを高めることに特化した教育を意味する」ことが多いです。

それに対して、早期教育は、「勉強、スポーツ、音楽、絵画などすべての分野における教育」を意味することが多いです。ただし、最近ではスポーツ英才教育などと言う場合もあり、早期教育と英才教育の垣根はなくなっています。

早期教育と幼児教育の違い

幼児教育については、文部科学省が下記のように定義づけしています。

「幼児教育とは,幼児に対する教育を意味し,幼児が生活するすべての場において行われる教育を総称したものである。具体的には,幼稚園における教育,保育所等における教育,家庭における教育,地域社会における教育を含み得る,広がりをもった概念として捉えられる。」

早期教育と幼児教育は、対象年齢は同じなのですが、幼児教育が日常生活の中で自然に学ばせる教育であるのに対して、早期教育は優秀な人間を育てるという目標を持ち、意図的かつ計画的に行われる教育である点が異なります。

早期教育の効果、メリットは?

早期教育の効果、メリットは、優秀な人間を育てることができることです。執筆時点で、東京2020オリンピックが実施されています。スケートボードで金メダルを取った堀米 雄斗選手は、父親が1歳からスケートボードに乗せていたそうです。

卓球の混合ダブルスで金メダルを取った水谷 隼選手と伊藤 美誠選手も、幼少の頃から卓球の練習をしている姿が何度も映像で流れています。いまあげた選手たちが特殊なケースなのではなく、オリンピックでメダルを取る選手の大半は、幼少の頃からその競技の練習を積み重ねてきたのです。

スポーツ選手はメディアに登場して目に触れるからわかりやすいのですが、実は勉強についてもまったく同じです。親が早期教育によって、学習習慣を付けさせ、小学生からは進学塾に通わせ、中高一貫校から超一流大学へという道を歩ませているのです。

音楽だって、幼少の頃からピアノやバイオリンを習っていた子供たちが一流の音楽家への道をたどります。特定の分野で一流と呼ばれる優秀な人間を育てるには、特定の分野で早期教育を行わなければなりません。専門的な教育をほどこすのは、早ければ早いほど効果的なのです。

早期教育のデメリットは?

僕は早期教育にデメリットは、まったくないと考えています。早期教育のデメリットとして、よく言われることは、「子供の自主性が失われる」「友達と遊ぶ時間がなくなる」「ストレスが生じる」などです。

「子供の自主性が失われる」というのは、子供が自主性を持ち始めてから判断すればよいと思います。例えば、堀米 雄斗選手は1歳で自主的にスケートボードに乗ることはできたでしょうか?子供が自主性を持つ前にスタートしたのです。

5歳で多くの技をマスターしたそうですが、これは早期教育のたまものではないでしょうか?早期教育では、親が判断してやらせるのが当然なのです。もし子供が成長して、どうしても嫌だと思ったら、そのときに止めればよいのです。

多くの子供は、親が早期教育をしてくれたことに感謝して、その道を歩むと思います。卓球の 伊藤 美誠選手も、早期教育で手ほどきしてくれた親に感謝して、途中からは自主的に練習に励むようになったのです。

「友達と遊ぶ時間がなくなる」というのは、多少あるかもしれません。しかし、早期教育の時間管理は必要ですが、早期教育をしたから友達がいないとか、社会性が失われたということは、まったくありません。

「ストレスが生じる」というのは、親が過剰期待して、子供が期待に沿えない場合と考えられます。親が子供に期待するのは当然のことです。ただし、結果を早期に求め過ぎてはいけません。長期的な視点で教育することで、短期ギャップによるストレスは生じないはずです。

早期教育をしている子供は、ストレスよりも、むしろ達成感を味わったり、自分に自信がつくという効果のほうが大きいと思います。

早期教育のデメリットが最も強調されがちな「早期英語教育」については、下記の記事を参照してください。

嘘だ
幼児の早期英語教育のデメリットはすべて嘘だ!

なぜ幼児の早期英語教育に反対するのでしょうか? 幼児に早期英語教育を実施すると、デメリットが生じるとして、反対する人がいます。日本の中だけにいると、一見、本当のように思いますが、もう少し世界に目を向け ...

続きを見る

遺伝子検査でわかること!信憑性、デメリット、費用は

早期教育では、あれもこれもやるわけにはいきません。したがって、早期教育では、親が子供に何をやらせるか決めて行う必要があります。その意味では、親の決断は非常に重要です。この記事では、親の判断材料となる遺伝子検査についてご紹介します。

今回の記事では、株式会社ハーバルアイが窓口となっているDNA FACTORの【ジェネティスト】遺伝子検査を例にして、詳しくご説明していきたいと思います。

ジェネティス

遺伝子検査でわかること!

遺伝子検査とは、子供が生まれながらにして持つ能力を遺伝子をもとに解析する検査です。遺伝子検査をすることで、親でも気がつかない子供の潜在能力や将来の可能性を知ることができます。

DNA FACTORの【ジェネティスト】遺伝子検査では、「Xタイプ」と「Yタイプ」の2種類の遺伝子検査を実施しています。

Xタイプの遺伝子検査

「XType」は子供の隠れた才能・特徴を見つけ未来を育む目的で行われる検査です。学習・身体能力・感性の3分野18項目で遺伝子を解析します。その子に何が向いているのか、どんなことが得意、不得意なのかを知ることができます。

「XType」の遺伝子検査は、「子供が何に向いているのか知りたい」「子供の能力を広く全般的に知りたい」「文系タイプか理系タイプか知りたい」「瞬発力タイプか持久力タイプか知りたい」「落ち込みやすいタイプか落ち込みにくいタイプか知りたい」というパパやママにおすすめです。

Yタイプの遺伝子検査

「YType」は、子供の特定の才能に焦点を置いた遺伝子検査です。英語・筋力、肥満リスク・性格・音楽の4点からリスニング力や発音力など、グローバリズムな検査項目や、絶対音感という一見、遺伝性とは無関係なイメージをされやすい項目の検査もあります。

ピンポイントに能力や才能を知りたい方、習い事選びや勉強方法の参考にぴったりの遺伝子検査です。記憶能力・学習能力、身体能力、感性の3分野18項目で子供の遺伝子を解析します。

「YType」の遺伝子検査は、 「どんな隠れた才能があるのか知りたい」「グローバルに活躍できる能力があるのか知りたい」「太りやすい体質か痩せやすい体質か知りたい」「筋肉がつきやすいか、つきにくいか知りたい」「音に対する聴力(絶対音感)を知りたい」「リスニング、発音の能力を知りたい」というパパやママにおすすめです。

遺伝子検査の信憑性は?

DNA FACTORの【ジェネティスト】遺伝子検査キットは、解析の正確性に長けています。多くの企業が行なっている「DNAチップ」、「タップマンプローブ法」など、遺伝子情報を間接的なシグナルで見ている検査方法に対して、【ダイレクトシークエンス】を採用しています。

間接的なシグナルというのは、もしも間違った反応をしてもそれを確認する方法がないところに問題があります。一方、ダイレクトシークエンスはその名の通りシグナルを直接読み取っており、それはまさに正しいかどうかを確認する方法そのものなので、正確性を問うには1番良い方法です。

多くの企業は、検体採取の綿棒が1本だけの提供だったり、唾液のみで検体量が少なかったりと、形跡に対して、スピードや簡易性を求めて、正確性に関しては追求していない可能性があります。

遺伝子情報を直接読み取っている方法ダイレクトシークエンス法。これが遺伝子解析正解率【99.99%】という数字に現れているのです。

遺伝子検査のデメリットは?

遺伝子検査のデメリットは、遺伝子検査は傾向は示すが、すべてを決定するものではないということです。例えば、遺伝子検査で文系より理系が向いているという結果が出ても、絶対に文系がだめというわけではありません。

本人の努力次第では、文系で成功できる可能性はもちろんあるわけです。つまり、遺伝子検査のデメリットは、検査結果を絶対視して、決めつけてしまうことから生じます。遺伝子検査の結果は、こういう傾向なんだと受け止めて、今後の行動の参考にするというのが正しい使い方だと思います。

先の理系か文系かの例でいえば、両方とも好きならば、遺伝子的に向いている理系の方がいいかな。もし、それでも文系がやりたければ、より一層努力する必要があるななどと、受け止めるということです。

遺伝子検査の費用は?

DNA FACTORの【ジェネティスト】遺伝子検査の料金は、下記の通りです。

  • XType:69,800円(税別)
  • YType:69,800円(税別)
  • XType+YType:124,600円(税別)

まとめ

今回は、子供の早期教育とは?早期教育の定義は?早期教育と英才教育の違い?早期教育と幼児教育の違い?早期教育の効果、メリット はあるか?などについてご説明しました。

東京2020オリンピックに出場している選手を見ても、早期教育をしなければ、優秀な選手は育たないと断言してもよいかと思います。スポーツは目に見えてわかりやすいのですが、勉強に関しても、早期教育の重要性はまったく同じだと考えます。

早期教育は、子供自身の主体性で決められない年齢から始めることになりますから、親が子供に何を教育するかを決めなければなりません。その意味で、親の責任は重要です。親がやっていたこと、好きなことをやらせる場合がいちばん多いかと思います。

それで構わないと思います。実際、オリンピック選手などはほとんどそうなのですから。しかし、もう少し科学的に子供の才能を見出してあげたいと考えるパパやママのために、今回の記事では、 DNA FACTORの子供遺伝子検査【ジェネティスト】をご紹介しました。

DNA FACTORの【ジェネティスト】遺伝子検査では、遺伝子検査を受ける対象は全年齢なのですが、実際には5歳以下のお子様がいちばん多く、その次に多いのが小学生(7歳~12歳)とのことです。

遺伝子情報は非常に重要なので、情報漏洩が気になるご両親も多いと思います。 DNA FACTORの【ジェネティスト】遺伝子検査では、 自社ラボに設置する遺伝子検査・解析機器を用いて、専門医の高度な知識・技術をもとに実施しています。

DNA FACTOR の【ジェネティスト】遺伝子検査では、お客様の個人情報と検体(検査・解析に使用する細胞)が結びつかないように検体を暗号化し、自社で保有する検査ラボで検査・解析を行っています。この検査以外で個人情報を使用することはなく、検体は一定期間満了後は、すべて適切に破棄しています。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】 をクリックしてご覧ください。

-幼児・子供関連情報, 生活情報