スマホを持つ子供

幼児・子供関連情報 生活情報

子供に与えるのは中古スマホ?購入と使い方の注意点は?iPhone、iPadの中古はどこで買える?

子供にもスマホやタブレットが必要だけれど中古で十分だとお考えのご両親が多いと思います。中古スマホや中古タブレットの購入と使い方の注意点、iPhone、iPadがよいと思うが中古はどこで買えるのかなどについてご説明します。

子供に与えるのは中古スマホ?購入と使い方の注意点は?

スマホ

子供にスマホを持たせるメリットとデメリット、中古スマホを持たせる場合の購入と使い方の注意点などについてご説明します。

子供にスマホを持たせる5つのメリット

スマホを持つきっかけは、中学入学前や高校入学前と思っている人が多いようですが、ある調査によると、スマホを持つ小中高生のうち約40%が小学生のときからスマホを持ち始めたというデータがあります。

なかには小学校入学前から持っている子もおり、年々、低年齢化が進んでいます。なぜ小さな頃から子供にスマホを与える親が増えているのでしょうか?子供にスマホを持たせるメリットについてご説明します。

緊急連絡をするため

いまはご両親とも働いているご家庭が多くなりました。もしご両親やお子様に何か緊急事態が生じたときに、すぐ連絡をするために子供にスマホを持たせておきます。そうすれば、いつでも必要なときにすぐ連絡が取れて安心です。

位置情報を確認するため

子供に対する悪質な犯罪が頻繁に起こっています。そのような状況の中、子供は夜間に塾や習い事に通っているご家庭が多いと思います。

昼夜問わず、万が一、お子様が誘拐や非行などの犯罪に巻き込まれた場合には、スマホがあればGPSで位置情報や追跡機能で対応しやすくなります。

仲間はずれにならないため

子供には子供のコミュニティーがあります。周囲の友人がスマホを持っていて、我が子だけ持っていなかったら、仲間はずれになる可能性が高いです。自分だけ連絡してもらえなかったり、新しい話題についていけなくなるなどのトラブルが生じます。

学習ツールとして使うため

最近の学習教材は、急速にデジタル化しているため、スマホかタブレットがないと学習できない教材が増えています。スマホやタブレットは、新たな時代の学習ツールとして不可欠なものとなっています。この理由で子供に持たせる親も多いと思います。

時代の変化に対応するため

「新しい船は、新しい船頭にしか動かせない」という格言がありますが、これからの時代を生きていくためには、子供のうちから最新のデバイスに触れておくことが必要です。習うより慣れろで、早いうちから慣れさせておくことが大切です。

子供にスマホを持たせる3つのデメリット

子供にスマホを持たせるデメリットは、下記のようなことが考えられます。

スマホ依存症の恐れ

子供だとまだ自制が効かないので長時間スマホを見続けることで、スマホ依存症になる恐れがあります。ゲーム、動画、SNS、友人との会話などがその原因です。こうなると学力低下を招きますし、日常生活にも支障をきたします。

身体への影響

スマホの長時間使用は、身体にも悪影響を及ぼします。画面を見続けることで視力低下が生じたり、夜更かしが続くことで睡眠不足に陥ります。こうなると、大事な成長期であるにもかかわらず、身体の成長に問題が生じます。

個人情報の流出

スマホのもう1つの問題が、個人情報の流出です。電話番号やメールアドレス、IDパスワード、行動履歴、写真などが流出する恐れがあります。個人情報の流出や出会い系の活用などにより、子供が思わぬ非行や犯罪に巻き込まれる可能性が生じます。

子供にスマホを持たせる場合のトラブル防止

子供にスマホを持たせる場合のトラブル防止についてご説明します。

スマホ使用時間のルールづくり

スマホを与える際は、事前に親子間で「使っていい時間・場所」「利用するサイト・アプリ」「スマホでやって良いこと・悪いこと」などをルール化しておきます。スマホ使用の多くの問題は、長時間使用から生じます。それゆえ、使用時間に関しては特に注意を要します。

有害サイトへの対策

子供にも、事前に有害サイトやワンクリック詐欺、フィッシング詐欺などの危険性を教えておく必要があります。そして、「フィルタリング機能」を設定して、子供に見せたくないサイトはあらかじめブロックしておくことが大切です。

ゲームなどの課金対策

ゲーム課金が社会問題となっています。子供が勝手にクレジットカードを登録して高額請求に驚く親も多いようです。アプリやコンテンツ内での課金を制限する機能があれば、必ず事前に設定しておきます。また、親が定期的にチェックすることも大切です。

中古スマホの購入と使い方の注意点

子供に中古スマホを持たせるメリットは、一にも二にも価格が安いからです。中古スマホの購入と使い方の注意点についてご説明します。

中古スマホを購入するときの注意点

中古スマホを購入した場合に生じるトラブルの可能性は下記の通りです。あらかじめ注意しておきましょう。

  • 故障した場合などに保証が効かないこと
  • バッテリーが劣化して電池の持ちが悪いこと
  • 付属品が欠品していると、一部機能が使えないこと
  • OSバージョンが古くて最新のアプリが入らないこと
  • SIMカードのサイズが合わないこと
  • 赤ロムを購入してしまうと使えなくなること

SIMカードのサイズについては、最近の機種は最も小さい「nano SIM」が主流ですが、少し前の機種だと一回り大きな「micro SIM」しか対応していない端末も多くあるので、その点を確認しておく必要があります。

赤ロムとは、元の所有者が不正に契約した後に売られたものや、分割支払い中にも関わらず売られ、その後支払いが滞ってしまうなどの理由で携帯電話会社によって「ネットワーク利用制限」がかけられているスマートフォンのことです。SIMカードを付け替えても使えないので要注意です。

それに対して、白ロムと呼ばれるものがあります。元の所有者が、正規手続きにより古物免許を所有する買取業者へ売却したもので、携帯電話本体に電話番号などの情報が全く入っていない携帯電話のことです。SIMカードを付け替えると問題なく使えます。

このように列挙するとすごく心配になるかと思いますが、信頼できる中古スマホ販売店から購入すれば、もし初期トラブルがあったときなどの保証をしてくれますので、それほど心配はありません。

中古スマホの使い方の注意点

総務省が2019年9月より施行した「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」の改正により、各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)でSIMロック解除の条件が緩和しました。

これにより、解約済みの端末の解除手続きに関する日数制限が撤廃される他、元契約者以外でも一定条件のもとSIMロック解除が可能となりました。中古スマホの使い勝手が格段によくなったのですが、それでも使い方において、若干の注意点があります。

  • SIMカードを挿入する
  • リセットして初期化する
  • 初期設定をする(Wi-Fi設定、アカウント設定、セキュリティ設定)
  • APN設定をする

SIMカードは各キャリアのいずれかと契約するか、格安SIMを提供している会社と契約するかで入手します。中古スマホでは、格安SIMと組み合わせることが大半だと思います。

APNとはアクセスポイントネームの略でケータイ各社(MVNO)等それぞれ契約する会社によって違いますので購入した会社のホームページでAPN設定を確認しましょう。

中古スマホを使うためには、上記のような設定が必要だという点を覚えておいてください。実際の設定方法についての詳細は、ユーチューブやネットに数多く掲載されていますので、その中から自分の購入した機種のものを選んでご覧になってください。

iPhone、iPadの中古はどこで買える?

デジタル学習教材では、iPhone、iPadの使用に限定しているものがあります。また、子供同士の間でもiPhone、iPadが人気となっています。それゆえ、中古でもよいからiPhone、iPadを持ちたいというお子様が多いのではないでしょうか。

実際に、子供にスマホやタブレットを持たせてあげようと思った場合、iPhone、iPadの中古はどこで買えばよいのでしょうか?

この記事では、ダイワンテレコムという中古スマホの販売店をご紹介したいと思います。オンラインサイトがあるので自宅に居ながら購入できます。

全国50店舗の信頼性がある

ダイワンテレコムは新宿本店をはじめとして、iPhone修理店を全国50店舗を展開しています。身近に店舗がある安心感と、多店舗展開している企業という信頼性があります。

iPhone、iPadに強い店である

ダイワンテレコムは、iPhoneが初めて日本で発売された2006年より スマートフォン専門で宅配買取・ネット販売を行っており、 2013年からはiPhone修理店のグループ展開を行っており、現在も拡大中です。

ダイワンテレコムの店舗の大半が、総務省の「登録修理業者制度」に登録しています。これまでの、iPhoneの端末修理および販売実績は述べ20万台以上となります。

商品の保証制度がある

ダイワンテレコムでは、白ロムの売主の身元を十分に確認の上、遠隔ロックが発生しないよう十分注意を行っています。

万が一、当社販売の携帯端末に遠隔ロックがかかり、各キャリアショップでのロック解除が受けられなかった場合、保証期間の有無に関わらず同等商品との交換、または全額返金してくれます。

また、ダイワンテレコムではご購入日(出荷日)から30日間は商品に動作不具合が発生した場合も、同等品との交換(同等品在庫がない場合は代金全額返金)による、ご購入後のアフターサポートをする保証制度があります。

まとめ

子供がスマホを持ち始める年齢は年々、低年齢化しています。小学校入学前から持ち始める子供もいますし、小中高生でスマホを持っている子供のうち約40%が小学生でスマホデビューを果たしています。

子供にスマホを持たせるメリットはいろいろありますが、最近の学習教材がデジタル化して、スマホやタブレットで学ぶものが増えてきているのが、最も重要な要因だと思います。デメリットもありますが、親子で話し合って注意して使えば問題ありません。

デジタル学習教材の中には、iPhone、iPadに限定したものがあったり、子供たちの人気も高いことから、iPhone、iPadを買い与えたいと思っているパパやママも多いかと思います。しかし、子供に持たせるには高価なので、中古スマホやタブレットでも十分かと思います。

どこで買えばよいかわからないという方は、iPhone、iPadに強く、信頼性の高い中古スマホ販売店であるダイワンテレコムのサイトをご覧になることをおすすめします。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、iPhone、iPadの中古品ならダイワンテレコム をクリックしてご覧ください。

-幼児・子供関連情報, 生活情報