マレーシア

幼児・子供関連情報

マレーシア留学 小学生の特徴は?ビザは?費用は?親子留学は?マレーシア移住の条件は?

子供に英語を学ばせる選択肢の1つとして、マレーシアのインターナショナルスクールへの留学があります。英語が公用語ではないため、見落とされがちなのですが、実はマレーシア留学にはメリットがたくさんあります。

マレーシア留学 小学生の特徴は?ビザは?費用は?親子留学は?

マレーシア学校

マレーシア留学を小学生の子供にさせることは、どんなメリットがあるのでしょうか。特徴、ビザ、費用、親子留学などについてご説明します。

マレーシア留学 小学生の特徴は?

英語の語学留学というと、アメリカ、イギリス、カナダなどの欧米の英語圏への留学が真っ先に思い浮かぶでしょう。でも、欧米だとかなりの費用を覚悟しなければなりません。また、小学生が一人で留学するには距離が遠いという心配があります。

もう少し身近なアジア圏で探そうと思うと、英語を公用語にしているフィリピンやシンガポールが思い浮かびます。でも、フィリピンは場所によっては治安が心配だし、シンガポールは欧米以上に物価が高くて大変そうです。

アジア圏で治安がよくて、物価も安い国はないだろうか?こう考えるあなた!あります!それがマレーシアです。英語が公用語ではないので、つい見落とされがちですが、マレーシアは治安がよくて、物価がやすく、とても暮らしやすい国です。

小学生のお子様が一人で留学しても、マレーシアならば、日本と同じくらい、とても安全なので、安心して行かせることができます。。

では、肝心な英語はどうなのでしょうか?まったく心配はありません。マレーシアのインターナショナルスクールで英語を学べばよいのです。マレーシアのインターナショナルスクールの中には、ボーディングスクールとなっている学校が数多くあります。

ボーディングスクールとは、基本的に全寮制の学校のことです。英国で発祥したスタイルで、次世代のリーダーとなる人材を育てる教育機関として位置づけられていました。

ハリーポッターの魔法の学校も、このボーディングスクールをモデルに作られています。それがスイス、ドイツ、アメリカ、アジア圏など世界各国に伝わり、3歳くらいから18歳までの子どもたちが学んでいます。

本来のボーディングスクールは授業料が高く、主に富裕層の子どもたちが集うことでも知られています。それゆえ、勉強だけはなく、高い教養や社交界で必要な知識なども身につけられる教育の場となっています。

マレーシアは英国領だったこともあり、インターナショナルの中に、イギリス式のボーディングスクール(全寮制)のスタイルを取っている学校が多いのです。しかし、マレーシアの場合は、学費が比較的リーズナブルで、敷居が低いので、日本人の子供たちが活用しやすくなっています。

あくまでも目安ですが、1年間、ボーディングスクールで過ごすための学費・寮費・渡航費・雑費を含む国別の費用は、下記のようになっています。ボーディングスクールは日本にもありますので、日本も選択肢の1つとなるかもしれません。

  • スイス:1,000〜1,200万円
  • イギリス:500〜700万円
  • アメリカ:500〜600万円
  • 日本:400〜500万円
  • マレーシア:300〜450万円

マレーシア留学のビザは?

マレーシアでは90日以内の留学の場合は、ビザは不要となります。したがって、サマーキャンプへの参加、ホームステイなどの短期留学では、ビザなしで留学することが可能です。

90日以上滞在する本格的な留学の場合には、学生ビザが必要です。また、小学生で、親が子供の留学に同行する場合、世話をする両親のどちらかに対して、保護者ビザ(Multiple Entry Social Pass)が発給されますので、受給する必要があります。

マレーシア留学の費用は?

マレーシア留学の費用は、当然のことながら留学期間や留学スタイルによって、かなり異なります。あくまでも目安ですが、下記に学費、渡航費、雑費を含む費用を掲載しておきます。ボーディングスクール以外は、家賃や食費などの生活費が別途に必要です。

  • サマーキャンプ(2週間程度):30~40万円
  • インターナショナルスクール(1年間):60~100万円
  • ボーディングスクール(1年間):300~450万円 ※寮費を含みます

マレーシアのインターナショナルスクールには、ボーディングスクール以外の通学型のスクールもかなりあります。こちらの学費も、比較的、リーズナブルに設定されています。

マレーシア留学の親子留学は?

マレーシアは親子留学にも適した国だと思います。まず、日本から飛行機で約7時間と近いし、渡航費も比較的安いので、親子で行くのにちょうどよいです。

そして、親子留学だとマレーシアで生活をすることになりますが、多民族国家なので母子ともに国際感覚が養えます。それ以外にも物価が安くて暮らしやすいこと。治安がよくて安心なことも利点です。

マレーシアでは数人の子供がいる家庭が多いので、子供に優しく、子連れで歩いていると、気軽に声をかけてくれるます。子育てのしやすい国です。そして、もう1つ忘れてはならないのが医療水準の高さです。万が一のとき安心です。

これらを総合的に判断すると、マレーシアは親子留学にとても適した国であるということができます。

マレーシア移住の条件は?

マレーシア

マレーシアに移住して、家族で住みながら子供をインターナショナルスクールに通わせたいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。先にもご説明したように、90日以内の滞在ならば、ビザは不要です。

しかし、90日を超える期間になると、ビザが必要です。通常、MM2H(Malaysia My Second Home)プログラムと呼ばれるビザを取ることになります。MM2Hは、マレーシア政府によって推進されている外国籍の人のための長期滞在ビザ取得プログラムです。

MM2Hビザは、年齢制限や宗教上の制限もなく、主に経済面での申請条件をクリアすれば誰でも取得できます。MM2Hビザを取得するとマレーシア政府より10年間の長期滞在が許可されます。MM2Hビザは永住権ビザではないのですが、10年後以降の更新も可能です。

MM2Hビザ申請は「書類申請」と「本申請」の2段階となります。第一段階の「書類申請」は、書類審査となり、主に申請者の収入と資産状況により判断されます。審査が通れば、仮承認レターが交付されます。

第二段階は、「本申請」として申請者がマレーシアへ渡航した後に、ビザ取得手続きを行います。申請条件は、申請者の年齢によって異なります。

申請条件 50歳未満 50歳以上
収入条件 月額RM1万以上
(手取り約30万円以上)
  月額RM1万以上
(手取り約30万円以上)
資産証明 RM50万以上(約1,500万円以上) RM約30万以上(約1,050万円以上)
定期預金作成 RM30万(約900万円) RM約15万(約450万円)

MM2Hビザの申請条件や申請方法は、予告なしに変更されることがありますので、最新情報については、必要な時点でご確認ください。

マレーシアへの留学、移住サポートのルシュエット

ルシュエットという会社をご紹介します。ルシュエットは首都クアラルンプールを拠点に、マレーシアへの短期留学、母子留学、インターナショナルスクールやボーディングスクールへの本格留学といったマレーシア教育留学、教育移住全般について。

さらに、オンラインレッスン、スポーツ留学、ホームステイ、不動産の賃貸・売買、マレーシア大学進学・語学学校、マレーシアへの進出・起業、マレーシア海外就職等の相談などを行っている会社です。

もちろん、MM2Hビザについての最新情報の提供や、申請代行などのサービスも行っています。ルシェットのサービスの特徴は、下記の通りです。

ワンランク上のサービス(サポート)を提供しています

ルシェットは、ワンランク上のサービス(サポート)を提供しています。紹介できる学校数が多いです。0歳から大人まで対応が可能です。

  • 0歳~5歳:ナーサリー(保育園)を紹介します
  • 6歳~18歳:インターナショナルスクール、語学学校、ホームスティ、バトミントン留学などを紹介します
  • 大人:親子で通える語学学校などを紹介します

カスタマイズしたサービスを提供できます

ルシェットは、基本的なサービス以外にカスタマイズしたサービスもご提供が可能です。

  • 親子三代で通えるプランもご提供できます
  • 現地エージェントだからこそマレーシアの最新情報をご提供できます
  • ご相談いただければ、個別対応のご提案ができます

マレーシアへの留学や移住について、少しでも関心がありましたら、ルシュエットに相談することをおすすめします。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、マレーシアへの留学、移住サポートのルシュエットをクリックしてご覧ください。

-幼児・子供関連情報

© 2020 幼児教育で子供の知能を高める