親子自転車

生活情報

これ凄いや!画期的な空気入れ!電動で自転車もボールも!フランス式、英式、米式にも対応!

面倒な自転車の空気入れがボタンをおすだけで簡単にできる!?電動空気入れを使っていますか?お子様とのサイクリングやボール遊び、浮き輪を使った水遊びなどを楽しみたいパパやママは必見です。今回の記事で、凄い製品をご紹介します。

これ凄いや!画期的な空気入れ!電動で自転車もボールも!

子供自転車

普通の自転車空気入れにはこんな問題が?!

自転車の空気入れ、どうしていますか?家でこまめにチェックしている、自転車店に持っていって入れている、などしていると思います。いずれにしても、空気入れって大変じゃないですか?普通の自転車の空気入れ、5つの問題が生じています。

空気入れを押すのがきつい

空気が満杯になるまで、ペタルを足で押さえながら、何度もハンドルを押すのは、結構きついですね。親子3人でサイクリングしようと思ったら、3台分も空気入れをしなければならない。考えただけでつらいです。

時間がかかって面倒くさい

自分は体力に自信があるから・・・というパパもいるでしょう。でも、自転車の空気入れには、時間がかかります。いざ出掛けようというときに限って、空気が抜けているということも多いものです。自転車が複数台あると、出掛けるのが遅くなってしまいます。

収納場所を確保しなければならない

よく自転車に乗っていると、空気入れって、意外に使う頻度が多いですよね。だから、あまり奥にしまい込んでしまうと、その都度、出し入れするのは面倒です。だからといって、すぐ出せる場所に置こうとすると、今度はじゃまになります。収納場所の確保が大変ですね。

普通の空気入れは自転車にしか使えない

お子様を育てていると、空気を入れたいものって多いはずです。こんなとき、自転車の空気入れが利用できればと思うけれど、実際には普通の自転車の空気入れは、自転車にしか使えません。場所を取る割に不便ですよね。

パパの自転車には使えない?

パパがサイクリングに目覚めて、高級なスポーツ用自転車を購入してきた?!いざ、持っている空気入れでタイヤに空気を入れようとしたら、バブルが合わなくて空気が入れられない。もしかしたら、今あなたはこんな状況にあるのではないですか?

これ凄いや!画期的な空気入れ!をご紹介

今回の記事では、これまでの空気入れに多くの問題を抱えているパパやママに、凄い、画期的な空気入れをご紹介したいと思います。その空気入れの名前は、「スマート空気入れ」です。コンパクトな電動空気入れとなります。価格は7,980円です。自転車はもちろん、ボールなどでも使えます。

スマート空気入れの5つのメリット

まずは、この凄い空気入れの5つのメリットからご紹介します。

  • ボタンを押すだけで空気入れが完結するから、驚くほど楽々である
  • 自動だから空気を入れるハードルが低くていつでも入れられる
  • 全バルブに対応しているので、車やバイク、ボール、車椅子にも使える
  • コンパクトな設計でカバンに入る大きさ、わずか 433gしかない
  • 4つのモードから乗り物を選択し、ワンタッチで空気注入が可能

他社と差をつけるスマート空気入れの改善点

これだけなら、電動空気入れなら当たり前?!そう思っている人に、他社と差をつけるスマート空気入れの改善点をご紹介します。スマート空気入れは改善を積み重ねています。

  • とにかく音が静か、使用時の音が65dBまで軽減されている
  • 特許取得した技術を使用しているから、他社は真似できない
  • 品質検査を完成までに4回実施、安全性には細心の注意を払っている
  • 4000mAhの大容量なのに15.3cm × 6cm × 4cm、433gでコンパクト
  • を維持
  • コンパクトなのに高圧力150PSIとパワフル設計
  • 接続するだけでタイヤに入っている空気圧を表示するから便利
  • 1年間の保証がついているから安心して購入できる

さらなるスマート空気入れの充実機能を説明

これだけではない、さらなるスマート空気入れの充実機能をご紹介しておきたいと思います。

  • エアホースが本体に収納できる
  • 5つの空気圧保存機能が付いている
  • 大きな文字で見やすいディスプレイを使用
  • 高感度のタッチパネルを採用
  • 寿命の長いリチウム電池採用を使用
  • 空気圧早見表が付属している
  • 使い方の説明を動画で見ることができる

フランス式、英式、米式にも対応!

空気入れのバブルに、フランス式(仏式)、イギリス式(英式)、アメリカ式(米式)があるのはご存知でしょうか?知っている方はよく知っていると思いますが、初めて聞いたという方もいるかもしれません。ここで簡単にご説明しておきましょう。

フランス式(仏式)は、主にロードバイク、および多くのクロスバイクなどによく使用されています。空気圧を高圧に入れやすい点が特徴です。イギリス式は、主に一般車に多く使われています。構造上、正確な空気圧がわかりにくい点が特徴です。

アメリカ式(米式)は、主にマウンテンバイク、および一部のクロスバイクなどに使われています。バルブが太くて丈夫な点が特徴です。詳しく知りたい方は、お手数ですが専門誌などでお調べください。

結論を言うと、スマート空気入れは、フランス式(仏式)、イギリス式(英式)、アメリカ式(米式)の全バブルに対応しています。さらに、自転車だけでなく、車、バイク、ボール、浮き輪などにも対応しており、これらすべてに空気を入れることが可能です。

まとめ

今回の記事は、毎日お子様を乗せて、保育園などに送り迎えしているママやパパ、休日に家族揃ってサイクリングに行くのが好きなご家族、そしてボール遊びをしたり、海やプールでお子様に浮き輪などを使って遊ばせている方のために記載しました。

コンパクトで軽いので、近くでも遠くでも、外出時にはいつでも持ち運べて、パワフルなので40秒でタイヤへ自動的に空気注入ができ、操作はボタンを押すだけ。ハンズフリー設計なので、スマート空気入れがあなたに変わって空気を入れている時間に他の作業ができる。

こんな優れものの、電動空気入れ「スマート空気入れ」のご紹介をしました。価格は7,980円です。とにかく、空気入れが凄く簡単で楽になるので、ぜひ一度、試してみることをおすすめします。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、空気入れを楽にする!!全自動スマート空気入れ【KUKiiRE】 をクリックしてご覧ください。

幼児英語プログラム
幼児英語はいつから?効果的な進め方や教え方は?おすすめの幼児英語教材、幼児英語教室を紹介

幼児英語はいつからはじめたらよいのでしょうか?幼児教育コンサルタントが効果的な進め方や教え方のモデルプログラムをご紹介します。プログラムを進める上で、実際に活用すべきおすすめの幼児英語教材や幼児英語教 ...

続きを見る

-生活情報