タブレット1

幼児・子供関連情報

GIGAスクール構想をご存知ですか?日本はIT後進国なのか?!

GIGAスクール構想という言葉を聞いたことがありますか?もしご存知でなかったら、ぜひこの記事をご覧になってください。ご両親がご家庭にネットワーク学習環境を作ってあげることの重要性が理解できるはずです。

GIGAスクール構想とは?

ネットワーク

GIGAスクール構想とは、全国の小中学校で、児童生徒1人につき1台の学習用端末を配備し、校内に高速ネットワーク環境を整備する政府の計画のことです。これまで、勉強ができる子も、できない子も、すべて同じように教える『横並び学習』が、日本の教育の大きな問題点でした。

海外では、勉強ができる子は、上級クラスに移行させる飛び級制度を導入しているケースが多いです。なぜならば、スポーツと同じように、学習能力にも格差があるからです。日本では、皆わかっているのに、なぜか学習能力の格差だけは公に検討することがタブー視されてきたのです。

DNA
人間の知能はどこまで遺伝で決まるのか?!

人間の知能は生まれつき決まっているのか、それとも努力で高まるのか?知りたいと思っている人が多いことでしょう。最近、科学的にかなり解明されてきました。この記事を読んでいただくと、答えがはっきりわかります ...

続きを見る

GIGAスクール構想では、これまでの同じ内容を一斉に教える従来の授業方法から、個々の習熟度に合わせた学びに転換することを掲げています。これは画期的に素晴らしいことだと考えます。

GIGAスクール構想では、それを実現するには、ICT(情報通信技術)の活用が不可欠としています。それを実現するために、文部科学省は2019年度補正予算に2318億円を計上しました。

ポイント

【GIGAスクール構想の概要】

基本の3本柱

  • 児童・生徒のICT環境整備
  • 学習用端末「1人1台」の実現
  • 校内ネットワーク整備(wi-fi)

コロナになって追加された項目 

  • 家庭でのオンライン環境整備
  • モバイルルーターなど貸し出し
  • 学校のカメラやマイクなど整備支援
  • GIGAスクールサポーター配置
  • ICTに詳しい技術者らを自治体に派遣

コロナウィルスの影響でGIGA構想に遅れが生じている

タブレット2

2020年7月24日の日経新聞によると、政府が配備を急ぐ全小中学生へのパソコンやタブレット端末で、全国主要市区の8割が年内に調達を終えられないことが、日本経済新聞の調べで分かったとのことです。以下、記事を引用させていただきます。


2019年3月で配備済みの端末は小学校で6.1人、中学校で5.2人に1台だった。コロナ禍の休校中、同時双方向型のオンライン(遠隔)学習を小中で実施した自治体は9%にとどまり、端末配備で先行する海外から出遅れた。

そこで政府は4月、教育のデジタル対応を進め、個々の習熟度に合わせた学習を実現する「GIGAスクール構想」を前倒しし、21年3月末までに1人1台を配備する方針を決めた。20年度補正予算に2292億円を計上し、自治体が端末を購入する際に1台4万5千円を補助する。

日経新聞は7月、東京23区と道府県庁所在市・政令市の計74自治体に公立小中の端末の確保状況などを尋ねた。

配備済みは東京都渋谷区のみで、9月までに配備完了が可能と答えたのは奈良市など2自治体、10~12月は堺市など9自治体だった。83%の62自治体は年内に配備が終わらず、秋から冬に再休校になっても遠隔学習の拡大は難しくなっている。(引用:日経新聞)

確かに、新型コロナの影響で、企業も在宅勤務を推進したことから、パソコン関連の需要が急騰して、在庫不足に陥っていることは事実です。それを差し引いても、教育現場におけるICT導入に対する危機感の乏しさは驚くほどです。

教育現場では、組織的に前例主義が蔓延していて、改革を進める風土がないのです。一部に改革を進めようとする熱心な教師がいても、組織の厚い壁に阻まれているように見えます。

日経新聞の記事の最後は、次のような言葉で締めくくられています。

経済協力開発機構(OECD)の18年の調査で、日本は学校でのデジタル機器の活用度が加盟国で最下位だった。改善を進めなければ、デジタル人材の育成で一段と後れを取るのは必至だ。(引用:日経新聞)

学校に期待できないのならば、親が推進するしかない

タブレット3

いずれ学校でもICT化が進行するのでしょうが、現状「OECD加盟国の中で最下位」という事実を、お子様を持つご両親は真剣に受け止めなければなりません。これからの時代は、グローバルで活躍する人材にならなければ勝ち残れないのです。

いまはコロナで鎖国状態ですが、これは一時的なもので、いずれワクチンができて通常の生活に戻るでしょう。日本は小さな島国です。海外に積極的に出ていかなければ、日本の繁栄も、個人の繁栄も難しいでしょう。

コロナで一時的にストップしていますが、コロナが終焉すれば、再び、超優秀な高校生は、日本の大学に行かず、直接、海外の名門大学に進学するという志向が強まるでしょう。その準備のために、もっと前の段階からアメリカンスクールに入学させたい、海外の名門高校に行かせたいという親も増えているのです。

将来構想を考えながらも、お子様が幼児の段階の、いまできることは、タブレット学習を家庭で導入することです。幼児や小学校低学年のうちは、パソコンよりもタブレットのほうが扱いやすいことと、学習機関で専用タブレットの開発が進んでいることから、まずはタブレット学習がよいと思います。

タブレット学習について、詳しくは下記の記事をご覧ください。

タブレット学習1
幼児タブレット学習で確実に効果をあげる方法!メリットとデメリットを詳しくご説明します

幼児の頃からタブレットを与えるのは良いことか、悪いことか意見が分かれると思います。この記事では、幼児タブレット学習の疑問に答え、タブレット学習で確実に成果を上げる方法をご説明します。 幼児タブレット学 ...

続きを見る

総合的なタブレット学習教材もよくできていますが、当サイトが特におすすめしたいのは、算数に特化したタブレット教材です。マネジメントコンサルタントという視点から見ても、時代の最先端をいく学習システムだと思います。

この算数のタブレット教材には、もはや学年という概念は存在しないのです。子供ひとり一人の能力に応じた勉強ができるように設計されています。つまり、優秀な子供は、実際の学年で習う学習内容よりも、どんどん高度な内容を学習できるのです。詳しくは下記の記事をご覧ください。

算数タブレット学習
子供の算数の教え方で悩んでいるなら、タブレット教材がお勧めです

自分も算数は苦手なのに、子供に教えられるわけがない。でも、子供には算数ができる子になって欲しい。この記事では、そんな堂々巡りで悩んでいるご両親のために、タブレット算数教材を使った画期的な学習方法をお教 ...

続きを見る

日本にも、いずれ本当の意味での能力主義の時代が来るはずです。お子様の成長を願い、幸せを願うのなら、勉強を学校まかせにするのではなく、親が家庭学習の環境を整えてあげなければなりません。

これからは、英語とプログラミングが必須となります。幼児の頃から、タブレット学習に慣れ、小学校に入ったらパソコンを併用しながら、次世代に活躍できる人材へと育てて下さい。このサイトが、そのために少しでもお役に立てたら、この上ない幸せです。

-幼児・子供関連情報

© 2020 幼児教育で子供の知能を高める