お迎えシスター徹底解説

英語教育

画期的な英語家庭教師のお迎えシスター!無償化対象?運営会社、先生、口コミ、料金などを解説

お子様の英語家庭教師を探しているパパやママに「お迎えシスター」のご紹介です。どこが画期的なサービスなのか?サービス内容、口コミ、料金などについて、幼児教育コンサルタントが徹底解説します。

画期的な英語家庭教師のお迎えシスター!無償化対象?

お迎えシスター

どこが画期的なサービスなのか?

「幼児教育コンサルタントブログ」では、これまでの記事でも、英語教育の重要性を繰り返し強調していますが、今回は、英語家庭教師の「お迎えシスター」をご紹介します。

ご紹介する理由は、これまでの英語家庭教師にはなかった画期的なサービスだからです。いったいどこが画期的なサービスなのでしょうか?

送迎オプションがある

1つは、送迎オプションが設定されていることです。バイリンガルの先生が、幼稚園や学校にお子様をお迎えに行き、手をつないで英語でお話ししながら帰宅。自宅に着いたら、英語のレッスンをしてくれるというサービスです。

お迎えのとき、帰宅のときに、LINEにて写真付きで報告。英語レッスンが終了したら、レッスンの様子を書いたレッスンレポートを写真・動画で報告してくれます。

このサービスを利用すると、パパやママが不在のときでも、お子様は自宅でバイリンガルの先生から英語レッスンを受けることが可能になります。画期的なサービスでしょう。

幼児教育・保育の無償化制度の対象

もう1つは、お迎えシスターは、2019年10月から導入された幼児教育・保育の無償化制度の対象施設として、行政より「認可外保育施設」の確認を受けました。これは、画期的なことですね。

幼児教育・保育無償化とは、幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する3歳から5歳児クラスの子供たち、 住民税非課税世帯の0歳から2歳児クラスまでの子供たちの利用料が無料になる制度です。

お迎えシスターは、2019年10月から導入された児教育・保育の無償化制度の対象施設として、行政より「認可外保育施設」の確認を受けたのです。

お迎えシスター無償化

サービス内容を解説

お迎えシスターは、バイリンガルの先生(お姉さん・お兄さん)と、ご自宅で「生きた英語」を学べるサービスです 。先生は厳しい審査を通過した、超一流大学在学・卒業のバイリンガル講師です。

レッスン対象は、5歳から15歳のお子様です。先生が直接自宅に来てレッスンをする「ご自宅レッスン」に加えて、冒頭でご説明した「送迎オプション」もあります。

レッスン内容は、英語のレベルや学習目的に応じて、3つのコースと1つのオプションがあります。

ベーシックコース

ベーシックコース

英語初心者から中級者のお子様を対象にしたコースです。幼い頃から英語に慣れ親しめるように、楽しく学びのあるレッスンをご用意しています。 英語を初めて習われるお子様から、学校や教室で既に習っているが更に英語を伸ばしたいお子様向けです。英語4技能を伸ばし、プレゼンテーション力・単語力も身につきます。

MC-JAPAN
一般のお子様は、ベーシックコースを受けることになります。5歳から受けることができるので、当ブログが推奨している幼児からの英語教育にも最適です。マンツーマンの対面学習なので、英語が初めてのお子様でも無理なく学べると思います。

アドバンストコース

アドバンストコース画像

インターナショナルスクール在学生、帰国子女、英語上級者のお子様を対象にしたコースです。インターナショナルスクール在学生の宿題サポートや、帰国子女の英語力維持・向上など、英語力が既に高いレベルにあるお子様向けです。

英語力を伸ばせるレッスンカリキュラムが用意されています。日常生活やニュースについて自分なりの意見や考えを英語で発言できる力も身につきます

MC-JAPAN
英語力が既に高いレベルにあるお子様向けの英語家庭教師は貴重ですね。帰国子女の英語力の維持・向上に頭を悩ませているご両親も多いです。先生が全員バイリンガルで先生のレベルが高いからこそのサービスだと思います。

インターナショナルスクール受験コース

インターナショナルスクール受験コース画像

インターナショナルスクールの受験をするお子様を対象にしたコースです。インターナショナルスクール入学前の受験・編入対策レッスンをご用意しています。 楽しい要素を含めて構成されたカリキュラムで、受験に必要な単語力・表現力を強化します。 語彙力・フルセンテンスでの発言を強化します。

MC-JAPAN
僕の周囲でも、子供をインターナショナルスクールに入れたいという人が増えています。実際にインターナショナルスクールから、直接、海外の大学に行ったケースも見られます。先生は大学生のバイリンガルだから、身近なロールモデルとしてモチベーションが高まると思います。

英検オプションプラン

お迎えシスター独自開発の英検対策カリキュラムでしっかりと英検の試験対策をします。各コースに追加形式(オプション)でご利用いただけるプランです。お子様のレベルに合わせて、5級〜準1級まで幅広いレベルに対応しています。

MC-JAPAN
お子様に英検を受けさせたいというパパやママは、このオプションを付けることをお勧めします。試験や資格という目標があると、学習意欲も高まるはずです。英検は、できるだけ早期に合格してしまうと、後々、楽ですよね。

運営会社、先生、口コミ、料金などを解説

お迎えシスターの運営会社、先生、口コミ、料金などについて解説します。

お迎えシスターの運営会社

お迎えシスターの運営会社は、株式会社Selanです。東京都英語村にコンテンツ提供したり、 学研やベルリッツと業務提携をしたりと、 実績がある会社なので安心です。会社概要は、下記の通りです。

  • 社名: 株式会社Selan
  • 代表者: 代表取締役 樋口亜希
  • 所在地: 〒106-0032 東京都港区六本木7丁目18番18号 住友不動産六本木通ビル2階
  • 設立: 2015年8月20日
  • 資本金: 34,000,000円

ちなみに、お迎えシスターは、創業者の樋口亜紀さんが子供の頃、両親が忙しく、 近くの大学の学生毎日お家で遊びながら英語を教えてもらった。その原体験が、このサービスを生みましたとのことです。

MC-JAPAN
樋口さんと同じように、両親が忙しくて、信頼できる大学生が毎日遊びながら子供に英語を教えてくれたらいいな!と思っているパパやママは多いのではないでしょうか?お迎えシスターはこんな方にとって理想的なサービスだと思います。

お迎えシスターの先生

お迎えシスターの先生は、厳しい審査を通過した、超一流大学在学・卒業のバイリンガル講師です。ハイレベルで国際色豊かな先生が約300名在籍しています。幼少期に海外経験のあるバイリンガル学生は日本全国で約1.1%です。

お迎えシスターでは、その中から更に、ネイティブスピーカーによる英語面接を実施しています。海外経験3年以上の方でも通過率は30%という狭き門です。

お迎えシスターでは、実際にバイリンガル教育を受け優秀であると同時に、子どもたちのロールモデルとなれるような人物重視の採用を行なっています。

在学証明書、運転免許証、パスポート、在留カード(外国籍の場合)など、レッスンを担当する前に、公的証明書を徹底的に確認しているので安心です。

お迎えシスターの口コミ

SNS上に投稿されているお迎えシスターの口コミをご紹介します。

お迎えシスターの料金

コース料金

お迎えシスターのコース料金は、下記の通りです。

  ベーシックコース アドバンストコース インターナショナルスクール受験コース
週1×4 90分 32,780円 38,280円 54,120円
週1×4 120分 43,560円 51,040円
週2×4 90分 65,560円 76,560円 98,400円
週2×4 120分 87,120円 102,080円

すべてのコースに入会金33,000円が必要です。
※週3回からのプランも用意されていますので、ご希望の方はご相談ください。

英検オプション料金

英検オプションプランの料金は、下記の通りです。

英検5級,4級 月4 英検3級,準2級 月4 英検2級, 準1級 月4
4,400円 6,600円 8,800円

※英検オプションプランは、ベーシックコース、アドバンストコース、インターナショナルスクール受験コースのいずれかを学習している人のみしか申し込めません。

送迎オプション料金

送迎オプションプランの料金は、下記の通りです。

週1×4 週2×4
8,800円 17,600円

※送迎オプションプランは、ベーシックコース、アドバンストコース、インターナショナルスクール受験コースのいずれかを学習している人を対象としたオプションです。

MC-JAPAN
冒頭でご説明した通り、お迎えシスターは幼児教育・保育の無償化制度の対象なので、5歳の子供の利用料は無料になります。

まとめ

今回は、画期的な英語家庭教師のお迎えシスターをご紹介しました。 お迎えシスター は、英語家庭教師と英語ベビーシッターを合わせたようなサービスです。対象となるお子様の年齢は、5歳から15歳までです。

1つだけ注意していただきたいことは、現段階では、サービスを受けられるのは、東京23区内の方のみとなっている点です。残念ながら、それ以外の地域の方は、お迎えシスターを利用することはできません。

2020年5月からオンラインレッスンも開始しており、これなら国も地域も問わないのですが、当然のことながら、オンラインではお迎えシスターの画期的な点である「送迎オプション」は利用できないので、魅力は半減してしまいます。やはり、対面レッスンのエリア拡大を待つしかありません。

東京23区内にお住まいで、金銭的な余裕はあるけれど、ご両親が忙しくて、子供を英会話スクールなどに通わせるのが大変というご家庭に、お迎えシスターは、最も適したサービスだと思います。

-英語教育