学資保険

幼児・子供関連情報 生活情報

学資保険とは?メリット、デメリットは?保険のプロに相談、比較して人気おすすめを検討しよう

子供が生まれたら学資保険に入らなければと考えているパパやママが多いと思います。でも、実際のメリットやデメリットがよくわからない?こんなときは保険のプロに相談して、すべての商品を比較した上で、人気おすすめを検討するのがよいと思います。

学資保険とは?メリット、デメリットは?

学資保険メリット、デメリット

学資保険とはどのようなものなのでしょうか?メリット、デメリットについてご説明します。

学資保険とは?

学資保険とは、子供の将来に備えて、教育資金を用意しておくための貯蓄型の保険のことです。子供が小さい頃から、毎月定額の保険料を支払うことで、子供が成長したときに、進学学資金や満期学資金を受け取ることができます。

さらに、契約者である親が突然の事故などで亡くなったときは、その後の保険料の支払いが免除になります。保障はそのまま継続されるので、必要なときに進学学資金や満期学資金を受け取ることができます。

ちなみに、進学学資金とは、満期を迎える前に何回かに分割して受け取るお金であり、満期学資金とは契約が満期を迎えたときに受け取るお金です。

進学学資金や満期学資金は生命保険会社によって呼び方が異なる場合もあります。受取方にも様々なプランがあります。

以上が、学資保険の基本です。応用としては、学資保険に様々な特約を付けることができます。例えば、子供の医療保障などです。特約を欲張ると、学資保険の返戻率が100%を下回る場合がありますので要注意です。

返戻率とは?

返戻率は「へんれいりつ」と読みます。保険業界の専門用語です。学資保険を選択する際に、最も重要な指標となります。

返戻率とは、学資保険に加入して払い込む保険料の総額に対して、将来受け取れるお金の総額がどれくらいあるかという比率を表したものです。パーセントで表します。計算式は下記の通りです。

返戻率 = (進学学資金 + 満期学資金)÷ 払込保険料総額 ✖ 100

当然のことですが、100%を超えていれば、払い込んだ金額よりも受け取れる金額のほうが大きくなり、メリットが生まれることになります。返戻率は、学資保険を検討するときには、必ず確認しなければならない重要事項です。

学資保険のメリット

学資保険にはどんなメリットがあるのでしょうか?整理してご説明します。

貯蓄性が高いことが魅力である

学資保険の最大のメリットは貯蓄性です。返戻率が高い商品を選べば、払い込んだ金額よりも多い金額を受け取れるので、その差額が利益となります。一度に大きな金額を支払うのは大変なので、いざという時に本当に助かります。

受け取るタイミングを設定できる

子供が中学、高校、大学に入学するタイミングで進学学資金や満期学資金を受け取るように設定したり、子供が大学を卒業して海外留学する時のみに満期学資金を受け取るなど、子供の将来設計やご家庭の状況に合わせて教育資金を準備することが可能です。

親が死亡した場合に払込免除がある

貯蓄性だけならば、株式投資や投資信託のほうが効率がよいと考える人もいるでしょう。しかし、学資保険は元金を減らすリスクがないことと、万が一、親が亡くなったときに、払込免除があります。

学資保険という名前の通り、この払込免除の保険があることが、多くの人が学資保険を選択する理由なのです。

税金面の優遇がある

学資保険で受け取ったお金は契約形態によっては、受取金額と支払金額の差額が、一時所得として所得税の対象となります。ただし、受け取った保険金と払った保険料の差額が50万円までは非課税になります。

契約形態によって、税金の取り扱い方は、若干異なりますが、いずれにしても優遇措置が適用されることは確かです。

学資保険のデメリット

学資保険にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。今度はデメリットについて考えてみます。

中途解約をすると損をする

学資保険は、中途解約すると、貯蓄性のメリットがなくなってしまいます。中途解約した場合にも、解約返戻金は受け取れます。しかし、解約返戻金は、それまでの払込金の金額を下回ることが通常です。

学資保険は、子供の教育資金には絶対に手を付けないという覚悟が必要であり、逆説的に言えば、その覚悟がメリットになるともいえます。

物価変動によっては価値が低くなる

これはいかなる貯蓄にも共通することですが、学資保険は受取まで期間が長期に及ぶので、もしその間にインフレなど物価が上昇すると、受け取った金額の価値が低下する場合があります。この点は考慮しておくことが必要です。

保険のプロに相談、比較して人気おすすめを検討しよう

 

学資保険は意外に種類も豊富でわかりにくい点も多いので、保険のプロに相談して、すべての学資保険を比較した上で、人気おすすめ商品に絞って検討するのがよいと思います。

今回の記事では「保険コネクト」というサービスをご紹介したいと思います。

「保険コネクト」の特徴

「保険コネクト」は、学資保険・生命保険・損害保険や住宅ローンなど家計の見直しをしたい方に、全国の保険販売資格者あるいはファイナンシャル・プランナー(FP)をご提案・ご紹介するサービスです。学資保険や学費対策について無料でご相談することができます。

全国でサービスを受けられます

「保険コネクト」には、全国に2500人以上の保険のプロフェッショナルがいます。したがって、全国各地でご相談に対応することが可能です。

多くの商品を客観的に検討できる

「保険コネクト」では、複数の保険会社から、複数の保険商品を比較して提案してくれます。特定の保険会社に偏らず、客観的な視点から検討することができます。

どこでも何度でも無料で相談できる

例えば、ご自宅にお伺いすることも、ファミレスや喫茶店などでも、お好きな場所で何度でも相談していただけます。日時や場所等のご希望に柔軟に対応することが可能です。しかも、何度相談しても無料です。

安心して相談できる

「保険コネクト」では、経験5年以上等の評価項目を満たす優秀な保険販売資格者あるいはファイナンシャル・プランナー(FP)のみが相談に応じています。学資保険・生命保険・損害保険のことなら、何でも安心してご相談ください。

お客様が希望したときのみ契約する

保険販売資格者あるいはファイナンシャルプラーンナー(FP)からのご提案にご納得を頂いて、お客様からご自身で選択した商品の加入を希望なさった場合のみご契約させていただきます。

フアィナンシャルプランナー(FP)とは?

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、下記の6つの分野を取り扱う、お金のエキスパートのことです。

  1. ライフプランニングと資金計画
  2. 金融資産運用
  3. タックスプランニング
  4. リスク管理
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

ファイナンシャルプランナーは資格がなくてもできる業務ですが、資格を持っている人が多いです。ファイナンシャルプランナーの資格には2つの種類があります。ひとつは国家資格である「FP技能士」、もうひとつは民間資格である「AFP,CFP」です。

「FP技能士」には3段階のレベルがあり、易しい順に3級、2級、1級に分かれています。FP技能士の資格試験は日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ)協会と金融財政事情研究会(きんざい)の2団体が実施しています。

「AFP、CFP」には2段階のレベルがあり、AFPの方が取得難易度は易しくなっています。AFP、CFPの資格試験は日本FP協会が実施しています。難易度は、AFPが2級FP技能士と、CFPが1級FP技能士とほぼ同等の水準です。

まとめ

子供の将来を真剣に考えるならば、学資保険に加入するべきであると断言します。親に万が一のことがあっても、確実に教育資金を提供できるからです。どんなことがあっても、子供の教育資金を確保することは、親の最低限の責任です。

学資保険はメリットは大きいのに対して、デメリットは小さい保険です。でも、選択を間違い、返戻率が低い商品を選んでしまうと、メリットも小さくなってしまう恐れがあります。

実際に学資保険に加入しようとすると、意外なほど商品数が多く、複雑なことがわかります。自分の頭を整理して最適な商品を選ぶためには、保険やお金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがよいと思います。

-幼児・子供関連情報, 生活情報