運動する男の子

幼児教室・子供教室

子供ストレスの発散には運動が効果的!3歳から学べる子供運動教室「へやすぽ」の料金、口コミ

子供ストレスの原因は何でしょうか?子供ストレスの発散には運動するのが効果的と考えられています。3歳から学べるオンライン子供運動教室「へやすぽ」について、料金や口コミを含めてご紹介します。

子供ストレスの発散には運動が効果的!

子供ストレスの原因と、ストレス発散になぜ運動が効果的なのか考えてみます。

運動する女の子

ストレスとは何か

そもそもストレスとは何か?ということから考えてみます。厚生労働省の公式サイトでストレスの定義と原因について説明されているので、ご紹介します。

そもそもストレスとは、外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態のことです。外部からの刺激には、天候や騒音などの環境的要因、病気や睡眠不足などの身体的要因、不安や悩みなど心理的な要因、そして人間関係がうまくいかない、仕事が忙しいなどの社会的要因があります。

つまり、日常の中で起こる様々な変化が、ストレスの原因になるのです。たとえば、進学や就職、結婚、出産といった喜ばしい出来事でも、変化であり刺激ですから、実はストレスの原因になります。(出典:厚生労働省「みんなのメンタルス」

次に、ストレスを受けるとどうなるのか、僕の専門である脳科学の観点から簡単に解説したいと思います。

MC-JAPAN
人間がストレスを受けると、脳の底部にある進化的に古い視床下部が反応します。そうすると、下垂体と副腎からホルモン分泌が促進されます。これにより、心拍数の増加、血圧の上昇、食欲の低下などが生じます。このような変化は、脳に生じる原始的な変化ということができます。

以上は、これまでの生物学的見地からの説明です。しかし、最近の研究で、ストレスは大脳皮質前頭前野にも影響を及ぼすことがわかってきました。大脳皮質前頭前野は、脳の中で霊長類において最も発達している部分です。

大脳皮質前頭前野は、人間の感情や衝動を抑制する働きをしているので、ストレスによりこの働きが弱まることになります。大脳皮質前頭前野の支配力が弱まると、視床下部などの進化的に古い脳領域の支配が強まるため、不安を感じたり、普段は抑え込んでいる衝動が抑えきれなくなったりします。

つまり、ストレスは人間の高度な精神機能を奪う作用があるのです。

子供ストレスの原因

厚生労働書によると、ストレスの原因は、「環境的要因」「身体的な要因」「心理的な要因」「社会的な要因」の4つとされています。実際には、この4つの要因が重なり合ってストレスが発生するのだと思います。子供に当てはめて考えてみます。

入園、入学などで生活に変化が生じたとき

子供は、入園や入学により、「心理的な要因」や「社会的な要因」により、ストレスを感じるケースが多いです。具体的にご説明していきましょう。

子供が保育園や幼稚園に入園すると、これまで常にそばにいたママやパパと離れることになります。一人ぼっちになることで不安になり、ストレスを感じます。保育園や幼稚園に入園して最初に経験することは、おもちゃや遊具などを多くの子供たちと分け合うことです。

これまで、独り占めしていたり、兄弟姉妹で争ってもフォローしてくれたママやパパがいないので、他の子供たちと取り合ったときにどうしてよいかわからないのです。幼稚園の先生と信頼関係が築けるまで、このような状態が続きます。

もう少し成長して、子供が小学校に入学すると、保育園や幼稚園では自由度が高かったのに比べて、小学校ではいろいろな面で制約が強くなります。そのギャップにより、子供にストレスが生じます。

例えば、長時間、椅子に座って授業を受けることを強制されるので、まずそれが大きなストレスになります。そして、勉強のできる子とできない子の差が生じて、比較されるので、それもストレスになります。

親子関係に問題が生じたとき

子供のストレスの原因は、入園や入学のようなビッグイベントではなくても、もっと身近にも潜んでいます。それは、親子関係に問題が生じたときです。「心理的な要因」のストレスが生じます。

いちばんわかりやすい例をあげると、弟や妹が生まれたときです。それまでママやパパを独り占めしていたのに、急にママやパパの関心が弟や妹に向いてしまった気がして、寂しい思いをします。

また、ママやパパから強く叱られたり、勉強やしつけを強いられたりしても、ストレスを感じます。理に適っていればまだしも、気まぐれによって怒り方が異なったり、長時間、説教されたりしたら、子供は強いストレスを感じます。

自分自身に腹を立てたとき

ストレスの原因となるのは、両親だけではありません。 自分自身に腹を立てたときにも「心理的な要因」のストレスを感じます。特に、幼児期は成長のスピードが速いので、脳の成長と身体の成長がアンバランスになることがよく見られます。

「自分ではできるつもり」のことが、実際には「できない」のでイライラが募ります。つまり、やりたい気持ちに、実力が伴わないのです。例えば、服を着るとか、靴をはくなどです。このようなときに、ストレスが生じます。

子供ストレスのサイン

子供は自分でストレスについて理解したり語ったりすることが難しいので、親が子供のストレスのサインを見つけてあげることが大切です。

子供ストレス

身体の不調が見られる

子供に身体の不調を見つけたときは、ストレスのサインだと考えてみてください。風邪で発熱したり、腹痛を訴えたりしたときは病気なのですが、もしかしたらストレスから生じた症状なのかもしれません。

特に、子供の腹痛は、ストレスによって腸内環境のバランスが崩れて起こることがよくあります。発熱や腹痛などのはっきりした症状ではなくても、食欲の減退、便秘、下痢、寝つきの悪さ、寝起きの悪さなどを見つけたら、ストレスを疑ってみるべきです。

感情のコントロールができない

子供が感情のコントロールができなくなったときは要注意です。例えば、イライラしやすくなった、怒りっぽくなった、落ち込みやすくなった、感情の起伏が激しくなった、などのサインを見逃さないようにします。

今まで楽しそうにしていたのに突然怒り出す、何をいっても拒否する、急に物を投げたり壊したりする、などの現象が見られたときは、子供がストレスを外に出そうとしているサインです。単に怒るのではなく、しっかりと対応する必要があります。

いつもと違う行動をする

子供がいつもと違う行動をするようになったときも、ストレスが原因のことが多いです。例えば、一人遊びができるようになっていたのに、急に必要以上にママやパパに甘えるようになったなどです。

これまでたくさんお話しをしていたのに、急に口数が少なくなった場合も、ストレスを疑う必要があります。また、ストレスによって自律神経が乱れたり、ホルモンバランスが乱れることで、治っていたのに、またオネショをし始めるなどということもあります。

子供ストレスを解消させる方法

子供のストレスを解消させる方法について考えてみます。ストレスを解消させる方法は主に3つです。

ストレスの根本的な原因を解決する

ストレスには原因がありますから、その根本的な原因を解決するのが基本的な方法です。例えば、弟や妹が生まれて寂しさから不安を感じているのであれば、本人ともできるだけスキンシップを取って愛情を示すなどです。

しかし、入園や入学が原因のストレスなどは、根本的な原因の解決は難しいです。心理学の実験では、幼少期に軽度のストレスに直面して何度もうまく乗り越えた経験がある動物は、ストレス対処能力に優れた個体に育つことが明らかにされています。

これは人にもあてはまるので、根本的な原因の解決は難しい問題については、自ら問題に立ち向かって乗り越えられるように支援してあげることが大切です。

親が常に味方であることを感じさせる

ストレスを和らげて、自分で問題に立ち向かうようにするためには、親が常に子供の味方であることを感じさせることが大切です。そのために、親子のコミュニケーションやスキンシップをこれまで以上に増やすようにします。

ママやパパが常に自分の味方であると感じて、信頼関係が築けていれば、子供の不安はかなり解消します。たくさん話しを聞いてあげるとか、むぎゅっと抱きしめるとか、思っているだけでなく、行動で示してあげましょう

運動などでストレスを発散させる

もう1つのストレス解消法は、子供にできるだけ楽しい時間を過ごすようにさせてあげることです。例えば、絵を描く、絵本を読む、外で遊ぶなどです。何でもよいから、子供が好きなことをさせてあげましょう。

そして、その中でも特に効果があるのは、運動をさせることです。運動をするとなぜストレスが発散できるのか、脳科学の観点からご説明します。

MC-JAPAN
運動すると、脳の血流がよくなります。それにより脳が活性化されて、セロトニンなどの神経伝達物資が脳内に増えます。セロトニンは、気分や集中力を左右する成分であり、心に安らぎをもたらす役割があります。

要するに、運動すると、脳内のセロトニンが増えて、心が安らぐことにより、ストレスが発散するというメカニズムが働くのです。

3歳から学べる子供運動教室「へやすぽ」の料金、口コミ

今回の記事では、3歳から学べる子供運動教室「へやすぽ」についてご紹介したいと思います。

「へやすぽ」とは

「へやすぽ」は、週に1回30分、インターネットに繋ぎ、おうちで親子で身体を動かす子供向けの運動教室です。クリアするとストーリーが進む エンタメ要素満載のレッスンなので、楽しく動いているうちに、基礎体力や運動感覚を育むことができます。

「へやすぽ」 の運営会社は、PAPAMO株式会社です。本社は、東京都渋谷区千駄ヶ谷にあります。設立は、2021年4月です。こども向けのオンラインスポーツ事業「へやすぽ」の開発・運営、運動動画配信サービス「へやすぽTV」の開発・運営、企業向けのオンラインイベントや福利厚生プログラムの提供の事業を行っています。

「へやすぽ」の特徴

「へやすぽ」の特徴は、下記の通りです。

  • オンラインなので全国どこからでも受講可能です
  • 1回30分なので、スキマ時間を利用して運動することができます
  • 運動が苦手な子供でも楽しく学べる運動教室です
  • エンタメ要素満載で運動が好きになる仕掛けがたくさんあります
  • とにかくほめて、成功体験を積み重ねられます
  • 録画可能なので、後から復習することもできます

「へやすぽ」の 料金

「へやすぽ」の 料金は、月4回で月額4,400円(税込)です。1回当たりわずか1,100円(税込)です。月謝とは別に、5回チケット7,500円(税込)も販売しています。

特筆すべきは、月謝は世帯ごとなので、兄弟姉妹が何人一緒に受講しても、料金が増えることはありません

「へやすぽ」の口コミ

受講者の保護者から「へやすぽ」に寄せられた口コミをご紹介します。

口コミ
【4歳の男の子】先生が面白く、どんな親子でも肯定してくれる温かさがあります。適宜褒めてくれたり、映像で興味をひいたりと子供をうまくレッスンにのせてくれます。多様な動きを学びつつ、子供にとって初めての球技もテンポよくスモールステップで分かりやすく進めてくれ、毎回親子で協力したり競争したりできるのがいいです。これまでに習った鉄棒の回転技、レスリング、バスケのディフェンスはリビングでのくつろぎ時に子供自らワザをしかけてきます。
口コミ
【6歳男の子】運動が苦手で、体操教室の体験に行きましたが、「僕にはできない」と全くやりませんでした。運動会でも、足の速い子と比較して嫌になっている時にへやすぽに出会いました。へやすぽでは、毎回褒められるので息子が「やりたい!」と前のめりです。「ぶら下がる」「まわる」などの動きに取り組んだことで自信がついたのか、嫌がっていたうんていや鉄棒もやるようになりました

SNSに投稿されている口コミや評判をご紹介します。

まとめ

今回は、ストレスとは何か?子供ストレスの原因、子供ストレスのサイン、子供ストレスの解消法などについてご説明しました。子供は自分でストレスが生じていると気づかないので、ママやパパがいち早くサインを見つけて対処してあげることが大切です。

ストレスの根本原因は必ずしも解決できないことがあります。これは、子供だからではなく、大人になっても同様です。したがって、ストレスの原因によっては、子供が自ら乗り越えるのを支援することが必要な場合もあります。

このようなときは、ママやパパが子供と十分にコミュニケーションを取ったり、スキンシップを行うことが大切です。子供に一人ぼっちじゃない、ママやパパがいつも味方だということを感じさせることです。

そして、ストレスを解消するためには、子供の好きなことをさせて、ストレスを発散させることも大切です。中でも、特に効果が高いのは、運動によりストレスを発散させる方法です。

それゆえ、今回の記事では「へやすぽ」という子供オンライン運動教室をご紹介しました。 「へやすぽ」 では、200円/世帯の保険料のみで参加できる「体験会」を実施しています。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、子供オンライン運動教室「へやすぽ」 をクリックしてご覧ください。

-幼児教室・子供教室