算数タブレット学習

幼児教材・子供教材

子供の算数の教え方で悩んでいるなら、タブレット教材がお勧めです

自分も算数は苦手なのに、子供に教えられるわけがない。でも、子供には算数ができる子になって欲しい。この記事では、そんな堂々巡りで悩んでいるご両親のために、タブレット算数教材を使った画期的な学習方法をお教えしたいと思います。

算数が苦手になる理由は何か?

算数苦手

算数ほど、好き嫌いがはっきり分かれる科目はないのではありませんか。算数が得意な子は算数が大好きで、どんどんできるようになります。それに対して、算数が苦手な子は、算数アレルギーとなって、どんどんできないループにはまっていきます。

算数が苦手な子は、決して頭が悪いわけではありません。国語や社会、理科などはすごく良くできるし、全体の成績も優秀なのに、算数だけが苦手という子は、意外なほど多いのです。不思議ですね。まず、この理由から考えてみましょう。

計算間違いが苦手意識を生む

計算が遅かったり、間違いが多かったりすると、テストの点数が低くなってしまいます。これが繰り返されると、自分は算数が苦手なんだと思い込んでしまいます。この刷り込みが、算数アレルギーへと向かってしまうのです。

しかし、計算ミスというのは、誰にでも起こることです。決して特別なことではありません。算数が得意な子も、最初は計算ミスを連発していたはずです。違いはその先です。点数だけを見てダメだと思わないで、計算ミスの原因を見極めたかどうかです。

MC-JAPAN
ご両親が点数だけを見て怒らないで、間違った問題の原因を一緒に分析して、正しい計算方法を教えてあげる。それだけで、算数嫌いの第一関門は防げるのです。問題を解き直して正解したら、ほめてあげて下さいね。計算は最初は速さよりも正確さを重視して学習することが大切です。

問題の意味をよく理解できない

応用問題では、問題の意味をよく理解できないために、早とちりして間違った答えを出してしまうケースが多いです。つまり、算数ができないというよりは、問題の意味をしっかり考えて理解するという点に原因があります。

国語の科目は得意でも、算数となると問題の意味を十分に考えないという子供もいます。算数への苦手意識が生じると、早く解かなければというあせりが出て、ますます上手く解けないようになります。

MC-JAPAN
応用問題を間違ったときも、できなかったことを怒るのではなく、問題の意味をお子様と一緒に考えてみましょう。問題の意味がわかれば、解答できることが多いからです。正解したら、ほめて自信をつけさせて、次回からは、しっかり問題を読むことを教えます。

こだわりが強すぎる

算数ができない子供に、「単純なパターン化をしてはだめだ、自分の頭でよく考えなさい」という親がいます。しかし、物事を本当によく考える頭の良い子の中には、こだわりが強すぎて算数が苦手という場合があります。

例えば、3÷5はなぜ3/5と表記できるのだろかとか、分数の割り算はなぜ逆にして掛けるのだろうとか、1つ1つに疑問を持って、納得できないと前に進めないために、置いてけぼりをくうケースがあります。

MC-JAPAN
1つ1つのこだわりを解決していくことはとても大事なのですが、初期段階では法則として覚えることと、自分で考えることを整理して、先に進めることも必要です。こだわりの強い子とは、この点を十分に話し合うことが大切です。

算数を教えるのはタブレット学習の「RISU算数」に頼ってみては?

RISU算数とは何?

自分も算数が苦手だったので、子供に教える自信がないと思っているご両親は、算数を教えるプロフェッショナルの「RISU算数」に頼ってみてはいかがでしょうか?「RISU算数」は、算数に特化したタブレット型の子供向け通信教育サービスです。

厳密にいうと、年中後半~年長向け レベルの「RISUキッズ」と小学生レベルの「RISU算数」に分かれています。4歳から始められます。お子様の学習データを分析し、1人1人の「ちょうどいい」レベルに教材が自動に変化するので、 「苦手」を取り残しません。

無学年制」が特長で、75%以上のお子様が学年より上のステージを先取りしています。 お子様が自尊心を育みながら、学習習慣を身につけられる点が画期的であり、これまでになかった新しい教材ということができます。

MC-JAPAN
「無学年制」というのが素晴らしいです。海外では優秀な子は上のクラスに行ける飛び級が普通です。能力には個人差があるのですから、できる子はどんどん上昇してよいのです。皆で手をつないで一緒にゴールさせる日本の横並び思想が優秀な子をつぶすのです。「RISU算数」は学年に関係なく、常に自分の能力に合った勉強ができるようになっています。

RISU算数の特徴

RISU算数には、マネジメントコンサルタントの僕からみても、優れた点がありすぎるくらいですが、その中から特徴を3点に絞ってご説明します。

タブレットを使ってお子様が一人で学習できます

RISU算数は、オリジナルタブレットを使って学習します。RISUを始めてお使いいただく際にガイダンスがあり、使い方自体は説明がなくてもご使用頂けるように作られています。数問解いて頂ければすぐに慣れると思います。

それゆえ、通常は親がついていなくても、お子様一人でも学習することができます。ただ、お子様によっては急いでガイドを飛ばしてしまう等の可能性もありますので、最初の使い方については、ご両親がある程度フォローしたほうがよいと思います。

利用開始後は、好きな単元をお子様のぺースで進むことができるようになっています。RISUからのフォローアップも行いますが、理解できない問題や習っていない問題を解いたりすることもありますので、ご両親もチェックしてあげてください。

少し慣れれば、お子様が一人で学習できるようになりますが、折を見て保護者の方も、定期的に褒めてあげたり励ましてあげることが大切です。

RISUは計算と応用を最適ミックスで提供します

RISU算数では、豊富な応用問題を出すので、考えないと式が作れない問題をたっぷりとやってもらいます。小問をテンポよくクリアーすることで、「気がついたら成長している」状態を自然に実現します。学習内容は、即座にデータとしてRISU本部に送られ、お子様個々のつまづきを検知します。

得意な分野は定着のための復讐を入れつつ先に進み、「できる自信」を付けさせます。間違いやすい問題は、ピンポイントのレッスン動画で即解消します。お子様1人1人のレベルにあった問題と、忘れた頃にでてくる復習で、お子様をきっちりフルサポートします。学びを詰め込みません。

東大などの一流大学の学生がフォローします

RISUの全学習記録は、全てタブレットからサーバーへと送られます。このデータを、東京大学など一流大学のチューター(先生)が見ながら、「どこにつまづいているか?」「どのくらいの学習ペースか?」を把握し、1人1人の学習状況に沿ったアドバイスを送ることで、学習の定着・つまづきの解消を実現します。

しかも、24時間365日の無料フォロー相談体制が整っており、何度でも相談を受け付けることが可能です。タブレット学習というと、子供まかせのような印象を持たれているかと思いますが、サポート体制が優れている点が、RISU算数の大きな特徴となっています。

MC-JAPAN
RISU算数によると、サービス満足度91.5%、学習継続率92.7%とのことですので、実際に利用している人から信頼を得ていることがわかります。すべてデータを踏まえて進めていく点が、サービス向上と信頼の源になっているのだと思います。

まとめ

子供が算数を苦手になるのには、理由があります。最初は、意外に小さいことでつまづいてしまったことにより、苦手意識の負のスパイラルに陥ってしまうことが多いのです。子供がつまづいたときに、ご両親がすぐに救いの手を差し伸べてあげれば、簡単に克服できます。

ご両親が、ご自分も算数に苦手意識を持っていて、どのように教えたらよいかわからないというときは、タブレット学習の「RISU算数」に頼ってみてはいかがでしょうか。学習方法や学習内容は、プロフェッショナルに任せて、ご両親はお子様を励ましたり、ほめてあげる役割を果たしましょう。

ポイント


「ROSU算数」について詳しく知りたい方のために、サイト情報を記載しておきます。どんどん算数が好きになるタブレット教材【RISU算数】 をクリックしてご覧ください。

-幼児教材・子供教材

© 2020 幼児教育で子供の知能を高める