脳と学習

幼児教室・子供教室 脳の構造

主体的学習(アクティブラーニング)、反復学習とは?効果は?家庭教師や塾は役立つか?

主体的学習(アクティブラーニング)とは?反復学習とは?インターリーブ学習とは?言葉は聞くけれど、その効果はどうなのでしょうか?この記事では、これらの疑問についてのご説明と、家庭教師や塾はこれらの学習に役立つのかを考えます。

主体的学習(アクティブラーニング)、反復学習とは?

主体的学習(アクティブラーニング)、反復学習について、その意味と効果をご説明します。

記憶力

主体的学習とは?その効果は?

まず、主体的学習の意味と効果についてご説明します。

主体的学習(アクティブラーニング)とは

主体的とは、広辞苑によると、「ある活動や思考などをなす時、その主体となって働きかけるさま。他のものによって導かれるのでなく、自己の純粋な立場において行うさま。」と記述されています。

したがって、簡単に言えば、「自分自身が自らの意志で学習に取り組むこと」を意味します。最近では、新学習指導要領にも「アクティブラーニング」という言葉が登場しています。文部科学省の資料によると、次のように説明されています。

教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学修することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等も有効なアクティブ・ラーニングの方法である。

〈引用:新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて~生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ~(答申)(平成24年8月28日)用語集より〉

主体的学習(アクティブラーニング)の効果

主体的学習(アクティブラーニング)には次の効果があると考えられます。

知識への関心が強まる

単に詰め込み型で知識を覚えるのではなく、自らのテーマや関心を持って知識を集めて吸収する効果が期待できます。その結果、知識を構造化して身に付けることができ、その知識を使って、さらに関連する知識を探求して、どんどん関連づけていくことが可能になります。

技能の習熟度が高まる

単に技能を教えられて身に付けるのではなく、自らのテーマや関心を持って技能を学ぶ効果が期待できます。その結果、技能の意味をよく理解して身に付けることができ、その技能を使って、さらに関連する技能を探求して、どんどん関連づけていくことが可能になります。

応用力が身に付く

身に付けた知識や技能を実際の生活や社会との関わりの中で活用する応用力が身に付きます。社会の中で、他者や環境との相互作用を重ねることにより、さらに知識や技能を深めることが可能になります。

人間性が高まる

主体的学習を続けることにより、社会との関わりの中で、様々な思考、判断、修正などを経験することにより、他者の異なる考えを知り、思いやりが育まれていきます。その結果、自らの人間性を高めることが可能になります。

反復学習とは?その効果は?

次に、反復学習の意味と効果についてご説明します。

反復学習とは

反復学習とは、「同じ内容を何度も繰り返して学習すること」です。

MC-JAPAN
脳科学的に解説します。脳で記憶を司っているのは「海馬」という部分です。海馬は、生存に不可欠な情報を優先的に大脳皮質に送ることで、長期的な記憶として記録します。脳の容量に限りがあるため、取捨選択する必要があるからです。

残念ながら、学問は生存に直結する情報ではないと判断して、忘れ去られる可能性が高いのです。だから勉強してもすぐに忘れてしまうのです。それを回避するためには、同じ情報を何度も学習して、海馬に生存に必要な情報と思い込ませる(つまり騙す?)ことです。

反復学習の効果

反復学習の効果は、確実に覚えることができることです。

MC-JAPAN
反復学習の方法は、いろいろ語られていますが、僕が実践して効果があったのは、次の方法です。

  1. 目次を読んで全体の構造を把握する
  2. 一通り読みながら重要な点やわからない点に線を引く
  3. 線を引いたところを中心に重点的に読み込む

インターリーブ学習とは?その効果は?

最後に、インターリーブ学習の意味と効果についてご説明します。

インターリーブ学習とは

インターリーブは英語で「Interleave」と書きます。その本来の意味は、「(本などに)紙などをとじ込むとか、挟む」という意味です。

コンピューター用語としても使われていて、「コンピューターシステムの複数台の主記憶装置の動作を少しずつずらして、並列処理を行う高速な記憶装置のアクセス方式」という意味で使われます。

インターリーブ学習という場合は、簡単に言うと、1つの勉強の合間に別の勉強を挟む学習方法のことを意味します。 例えば、英語学習のときに文法のみを続けて勉強するのではなく、その合間にリスニングを挟んだり、スピーキングの練習を挟んだりするという学び方です。

インターリーブ学習の効果

インターリーブ学習の効果は、飽きずに学べるということです。言い換えれば、勉強が嫌という意識を薄れさせることで、学習効果が高まるのです。

MC-JAPAN
脳科学の観点でご説明します。嫌という気持ちがあると、ストレスホルモンが分泌されて、記憶を司る海馬などが委縮してしまいます。逆に、好きとか楽しいと思うと、ストレスが減り、脳は本来の機能を思い切り発揮できます。同時に、海馬の近くにある感情を司る偏桃体が、海馬の脳細胞に影響を及ぼして記憶の定着を強めます。

反復学習でも、学習方法を変えながら、飽きを防止して繰り返せば効果があがるということです。また、インターリーブ学習では、1つの教科だけを集中的に勉強するよりも、複数の教科を交互に入替ながら勉強したほうが、効果が高いということができます。

家庭教師や塾は役立つか?

主体的学習(アクティブラーニング)、反復学習、インタリーブ学習などの観点から見て、家庭教師や塾は役立つのでしょうか?

この記事では、「主体的な学習」と「くり返し反復」により「自立学習」へと導く『家庭教師の銀河』というサービスについてご紹介します。

家庭教師の銀河の特徴

家庭教師の銀河は、「『自立』に徹底的にこだわります。『自立』を確信したら、退会していただいて構いません」と公言しています。余程のこだわりですね。

生徒本人のやる気がでる

なぜなら、授業を受けることによってなぜ勉強を頑張るのか?がわかる。  いまを一生懸命生きようとする気力が湧いてくる。(本人はかなり本気になります。)

何を頑張ればいいのか、やり方がわかる

具体的に毎日何をすればいいのか行動ベースで教えていきます。

家で勉強する習慣がつく

週一回の指導だけではどうしても限界があります。家庭教師の銀河ではラインを使ったフォローが充実しております。

わからないところを質問して気軽に聞けるサービスがある

家庭教師の銀河で使用しているテキストに限らず、学校の課題や宿題等、聞いてもらうことがいつでもできます。小さな疑問点も残しません。

定期的にわからないところがないかセンターのほうから聞いてくれる

生徒との接触頻度が日本一多い家庭教師の会社を目指しています。自分から勉強しない子でも第三者からの声掛けがあれば、反応してやります。ですので塾のようにいつでもいけるようなアットホームさと家庭教師の個別の強みを生かしたサービスを目指しております。

家庭教師の銀河の料金

料金は小学生から高校生まで一律です。60分:2,750円(税込)、90分:3,850円(税込)です。リーズナブルで良心的な料金だと思います。それ以外に、入会金10,000円が必要です。テキスト代や交通費は実費となります。

※家庭教師の銀河では、お子様の学習状況に合わせて授業対策から入試対策まで対応できるテキストをご用意しております。

まとめ

この記事では、主体的学習(アクティブラーニング)、反復学習、インタリーブ学習などの意味と効果についてご説明しました。しかし、これらの意味と効果は理解したが、実際には、何をどうしてよいかわからないというご両親も多いかと思います。

そんなときは、これらの学習を取り入れている家庭教師や塾の力を借りるのがよいと思います。プロの能力を活用することで、解決できることは多いからです。

成績が低く、自分から勉強は一切しない。 普段はゲームやyoutubeばっかりで 自分では何をどうしていいかわからない子供がたくさんいます。 塾にいっても自分でわからないところが聞けない。 通信教育をしても自分発信じゃないので続かない。

もしご両親がこのようなお悩みをお持ちでしたら、「主体的な学習」と「くり返し反復」により「自立学習」へと導く『家庭教師の銀河』は、そういった子供への有効なアプローチになると思います。無料体験に参加してみてください。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、自立」に徹底的にこだわる【家庭教師の銀河】 をクリックしてご覧ください。

-幼児教室・子供教室, 脳の構造