マザーズバッグ

幼児・子供関連情報 生活情報

マザーズバッグとは?リュック、トート、ショルダー?中身は?おしゃれな人気ブランドを紹介

マザーズバッグと呼ばれるバッグがあります。普通のバッグと何が違うのでしょうか?リュック、トート、ショルダーどれがよいのでしょうか?中身は何を入れればよいのでしょうか?この記事は、これらの疑問にお答えした上で、おしゃれな人気ブランドをご紹介します。

マザーズバッグとは?リュック、トート、ショルダー?

マザーズバッグとは

マザーズバッグとは何でしょうか?リュック、トート、ショルダーなどがありますが、どれがよいのでしょうか?

マザーズバッグとは?

マザーズバッグとは、その名前の通り、マザーすなわちお母さんのためのバッグです。マザーズバッグは、赤ちゃんを連れて外出するときに使います。マザーズバッグは、普通のバッグと何が違うのでしょうか?

普通のバッグとマザーズバッグは何が違うかと言うと、赤ちゃんを連れているお母さん目線で作られている点です。ママにとって便利な機能が加えられています。

一般に、マザーズバッグには、下記のような特徴があります。

  • 赤ちゃんに関わる荷物が多いので容量が大きい
  • できるだけ軽くなるようにつくられている
  • 小分けして必要なものがすぐ出せるようにポケットが多い
  • 汚れたものをいれらるように仕切りで区分されている
  • 比較的、丈夫な素材で作られている

リュック、トート、ショルダー?

マザーズバッグには、その形状によって種類があります。

リュック型のマザーズバッグ

リュック型のマザーズバッグは、両手を完全にフリーにできることが魅力です。両手が空くので、子供と手をつないで歩くことが多い人におすすめです。特に、交通量の多い道路を歩かなければならないときや、アスレチックで遊びに出かけるときなどには、リュックのメリットが発揮されます。

トート型のマザーズバッグ

トート型のマザーズバッグは、収納量が多いこと、バッグに入れた荷物が取り出しやすいことが長所です。たくさんの荷物を持ち歩くことが多い人におすすめです。なかの荷物がこぼれ落ちたりしないために、できればチャックやボタンなどでしっかり閉じられるものを選ぶとよいでしょう。

ショルダー型のマザーズバッグ

マザーズバッグの場合は、純粋にショルダー型というよりも、トートバッグとしても使えるし、ショルダーにもなるというものを選びます。赤ちゃんを連れていると、バッグを肩にかけて両手を開ける必要に迫られることが多いので、ショルダーにもなるほうが便利です。

マザーズバッグの中身は?

マザーズバッグの中身はどんなものを入れておけばよいのでしょうか?赤ちゃんを連れて歩くときに必要なものすべてです。具体的には、下記の通りです。

  • 紙おむつ、おしり拭き、オムツポーチ
  • ビニール袋(汚れたオムツなどをいれるため)
  • 母子手帳、健康保険証、お薬手帳
  • 粉ミルク、哺乳びん、哺乳びんケース、水筒、スタイ(よだれかけ)
  • 離乳食、フォークスプーンセット、お食事用のエプロン
  • 授乳ケープ
  • 着替え
  • ガーゼ、タオル、ハンカチ、ティッシュ
  • おもちゃ、絵本、お菓子
  • 抱っこひも

マザーズバッグのおしゃれな人気ブランドを紹介

この記事では、ディコレ(D'colle)のマザーズバッグを推奨しています。その理由は、高級感もありながら、 機能性に富み、丈夫でしっかりとしたつくりですが、 まわりからはマザーズバッグに見えないオシャレ感のあるバッグだからです。

例えば、2層式収納のリュックや、おむつ替えシート一体型のトートなど ママファーストな機能も満載です。シンプル可愛いがコンセプトであり、かわいいものが大好き、でもママらしさも大切にしたい、 そんな気分にぴったりのアイテムをラインナップしています。

ディコレ(D'colle)の代表的なマザーズバッグをご紹介しましょう。

おむつルーム付き3室収納リュック(除菌シート収納可) Primo

Primo(プリモ)はママになってはじめてのリュックがコンセプト。上下2層+おむつルームの3室構造で、新米ママがお世話上手になるリュックが仕上がりました。

独立したおむつルームにおしり拭きや除菌シートをセットできるポケット、汚れ物入れに最適なビニールポケット、おむつが入るポケットを配し、おむつ替えに必要な荷物を集約できます。

どこでも片手でもさっとおむつ替えができるので、赤ちゃんを待たせません。防寒、UVケープがつけられるフック付き肩ベルトや、カイロ、保冷剤が入れられる背面ポケットなど細部までこだわりを詰め込みました。

おむつ替えシート一体型マザーズバッグ Royal

Royalはママの負担を軽減する機能を徹底追及。底部に取り外し可能なおむつ替えシートをレイアウトすることで、いつでも場所を選ばずおむつ替えができます。

おむつ替えシートは底ポケット内に取り付けられるので、持って行き忘れる心配もなく、取り出しやすさと収納しやすさも叶えました。おむつを卒業した後は、レジャーシートに使うなど用途を変えて長く使えます。

細々としたものが多いママも整理上手になれる充実のポケットとたっぷり大容量も魅力。赤ちゃん連れのお出かけがストレスフリーに変わる頼もしいバッグです。

ぱっと見渡せるはっ水ママボストン Harry

Harry(ハリー)は出産入院から育児シーンや帰省まで活躍-ドクターズバッグのデザインだからスマートな演出と機能性が魅力。バッグ背面に付属のキャリーバッグ固定ベルトを付けることで、キャリーオンバッグとして使用できます。

開口部がガバッと開くため、中の荷物が整理しやすく出し入れがスムーズにできます。はっ水素材を使用しているため、雨水からバッグを守ってくれます。出産入院から帰省まで、シーンを選ばず使える2wayマザーズバッグ。

まとめ

マザーズバッグを使わなくても、ポケットが多めの普通のバッグで十分だという意見をお持ちのママもいらっしゃいます。もちろん、それでもよいのですが、実際にマザーズバッグを使ってみると、その便利さに驚くはずです。

実際に、購入した人の声をご紹介します。

口コミ
今までCindyを使っていましたが、2人目が産まれて荷物が増えたのでより大きいマザーズリュックが欲しくて買いました。イメージ通りの大きくてもスッキリとした綺麗めなデザインでとても気に入っています。特に着替えをリュックの下に入れられるので取り出しやすく、荷物が多い私でもカバンの中の整理がしやすいです。大切に使っていきます。(Primo購入者)

出産の少し前、あるいは出産直後に、マザーズバッグを購入しているママが多いです。あなたも、早目に準備なさることをおすすめします

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、子育て中のママから人気のおしゃれで使いやすいマザーズバッグ【D’colle】 をクリックしてご覧ください。

-幼児・子供関連情報, 生活情報