幼児英語プログラム

英語教育

幼児英語はいつから?効果的な進め方や教え方は?おすすめの幼児英語教材、幼児英語教室を紹介

2022/1/25

幼児英語はいつからはじめたらよいのでしょうか?幼児教育コンサルタントが効果的な進め方や教え方のモデルプログラムをご紹介します。プログラムを進める上で、実際に活用すべきおすすめの幼児英語教材や幼児英語教室も合わせてご紹介します。 幼児英語はいつから?効果的な進め方や教え方は? マネジメントコンサルタントをしている僕が、自分自身の子育てにおいて、仕事と同じレベルで情報収集と分析をして、子育てノウハウを確立しました。その結果、僕の子供は中高一貫校から超難関大学を経て、米国の上位ランクの大学院に留学をしました。 ...

ReadMore

幼児英語教育

英語教育

幼児教育に英語はなぜ必要性があるのか?論文を参照して、早期英語教育のメリットを徹底解説

2022/1/21

幼児に英語を習わせることには賛否があるようです。この記事では、幼児教育の英語の必要性について、データや論文を参照するなどして、コンサルタントの視点から早期英語教育のメリットを徹底解説します。 幼児教育に英語はなぜ必要性があるのか? 幼児教育に英語はなぜ必要性があるのか?その理由について考えてみます。 英語が重要なことは誰もが理解している 幼児教育に英語が必要という点には反対する人も、「幼児教育に」という冠をはずして、「英語が必要」という点には、ほとんどの人が賛成すると思います。まずこの点から考えてみたいと ...

ReadMore

幼児教育とは

生活情報

幼児教育とは?文部科学省による意義、早期教育との違い!メソッドの種類、教育方法を解説

2022/1/20

幼児教育の重要性が高まっています。この記事では、幼児をお持ちのパパやママに、文部科学省が語る幼児教育の意義と役割、早期教育との違い、モンテッソーリーなど幼児教育メソッドの種類、具体的な幼児教育の方法などについて、できるだけ簡単にわかりやすく解説します。 幼児教育とは?文部科学省による意義、早期教育との違い! ノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大学教授ジェームズ・J・ヘックマン著作の「幼児教育の経済学」がベストセラーになるなど、幼児教育の重要性を再認識しようという動きが高まっています。この記事では、幼児教育に ...

ReadMore

子育てするパパとママ

脳の構造

幼児教育で大切なこと!学術論文を参照してわかった!パパとママに伝えたい7つのポイント

2022/1/16

幼児教育で大切なこととは何でしょうか?パパとママに伝えたい7つのポイントをご説明します。学術論文を参照してわかったことに基づいて、できる限り正確な情報をていねいに分かりやすくお伝えしたいと思います。 幼児教育で大切なこと!学術論文を参照してわかった! 幼児教育で最も大切なことは、「脳を育てる」という意識を持つことです。そのためには、脳科学の知識が必要です。でも、パパやママが脳科学者になる必要はありません。子育てに必要な部分だけ、できるだけわかりやすく解説していきたいと思います。 脳を育てるとはどういう意味 ...

ReadMore

オンライン英会話

英語教育

英語の先生ALTとは?小学生対象の英会話とグローバル教育!Brightly for Kidsの口コミ紹介

2022/1/11

英語の先生ALTとはどんな教師?ALTの歴史、小学校の英語教育における役割、授業の効果などについてご説明します。そして、現役ALTなど国内指導経験豊富な外国人が講師を務めるオンライン英会話スクールBrightly for Kidsをご紹介します。 英語の先生ALTとは? 英語の先生ALTとはどんな教師なのでしょうか?ALTとは、歴史、役割、効果などについてご説明します。 ALTとは? ALTとは、Assistant Language Teacherの略です。外国語を母国語とする外国語指導助手のことです。都 ...

ReadMore

そろばんと金融

幼児教室・子供教室

そろばん教室の効果!小学生の金融教育の必要性!元そろばん日本一の先生から両方学べる教室

2021/12/22

子供の習い事として、そろばん教室をご検討中のパパとママ。元そろばん日本一の先生からオンラインで学べる教室があります。しかも、小学生の金融教育の必要性に応えて、これも同時に学ぶことができます。そんな教室をご紹介します。 そろばん教室の効果!小学生の金融教育の必要性! そろばん教室の効果と小学生の金融教育の必要性についてご説明します。 そろばん教室の効果! 以前は身近にたくさんあったそろばん教室も、最近ではめっきり減ってきた感じがします。コンピュータ時代に、そろばんは古いのではないかと思う人もいるかもしれませ ...

ReadMore

coca0

生活情報

coca親子コーデが可愛い!子供服おしゃれで安い女の子の服(100~130)!coca通販、口コミ紹介

2021/12/18

子供服おしゃれで安い女の子の服100、110、120、130を探しているパパとママへ。親子コーデが可愛いcocaのご紹介です。おしゃれなママと女の子の子供服が安く買えます。coca通販、口コミについてもご紹介します。 coca親子コーデが可愛い! 親子コーデのメリット SNSや街中で親子コーデを楽しんでいる人を目にする機会が増えています。家族仲が良さそうでとても微笑ましく感じます。最初は少し恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、慣れると、とてもワクワクします。 家族みんなで親子コーデを楽しむのもよいし、 ...

ReadMore

水着の女の子

生活情報

子供脱毛はいつから、永久脱毛は何歳から?デメリットは?料金は?子供にお勧めの脱毛サロンは

2021/12/13

子供脱毛はいつからできるのでしょうか?永久脱毛は何歳からでしょうか?子供脱毛にデメリットはあるのでしょうか?もし脱毛するとしたら、料金はどれくらいかかるのでしょうか?子供におすすめの脱毛サロンはありますか?これらの疑問について解説します。 子供脱毛はいつから、永久脱毛は何歳から? 子供脱毛はいつから? 脱毛に関しては、特に法的な年齢制限などの規制はないので、お子様の肌の状態に問題がなければ、ルール上は何歳からでも行うことは可能です。実際に、脱毛サロンを調べてみると、最年少では3歳からの脱毛を訴求していると ...

ReadMore

オンライン学習

幼児教室・子供教室

ライブ授業とは?メリットとデメリット!小学6年・中学生のためのGakken ON AIRの料金、口コミ

2021/12/2

ライブ授業とは?メリットとデメリットについてご説明します。小学6年は算数と国語、中学生は数学と英語のライブ授業を受けられる、学研グループが運営するGakken ON AIRの特徴、料金、口コミなどについてもご紹介します。 ライブ授業とは?メリットとデメリット! ライブ授業とは何か?オンデマンド授業との違いは?ライブ授業のメリットとデメリットなどについてご説明します。 ライブ授業とは ライブ授業のライブは、英語で「live」と書き、「生放送の」「生放送で」という意味になります。したがって、ライブ授業とは「生 ...

ReadMore

勉強する小学生

幼児教室・子供教室

中学受験の算数が苦手!できない原因は何か?算数に特化した勉強方法で合格する5つの方法

2021/11/26

中学受験の成否を分けるという算数。苦手なお子様も多いかと思います。図形、文章題などの難問ができない原因は何なのでしょうか?算数に特化した勉強方法で中学受験に合格するための5つの方法をお教えします。 中学受験の算数が苦手!できない原因は何か? 中学受験でなぜ算数が成否を分けると言われているのでしょうか?算数が苦手な子供のできない原因を考えてみます。 中学受験で算数が重要な理由 中学受験で最も多いのが、4科目入試です。つまり、国語、算数、理科、社会の4科目の試験で合否を判定するのです。そして、これらの4科目を ...

ReadMore

幼児教育には知育玩具、プログラミング、英語の3つが重要

このサイトは、0歳から小学校6年生までを対象に、幼児教育、児童教育について情報発信をすることを目的に作成いたしました。

幼児のときから子供の知能を高めたいと考えているご両親はたくさんいると思います。幼児教育が小学校入学後の児童教育につながるからです。

でも、何から手を付けていいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

幼児教育で子供の知能を高めるためには、3つの要素が重要だと考えています。その3つとは、「知育玩具」「プログラミング教育」「英語教育」です。

幼児教材で日本語の「読む」「書く」「話す」などを総合的に学ぶことはベースとなりますが、それに加えて、「プログラミング教育」「英語教育」をすることが大切です。「知育玩具」はすべての学びをサポートしてくれます。

これからの時代を勝ち抜いて成功を収めるためには、幼い頃から知育玩具で知能を高めると共に、プログラミングと英語のスキルを身に付けることが不可欠です。

そして、この3つの要素を効率的に行うためには、「脳の構造」を知らなければなりません。

このサイトでは、「知育玩具」「プログラミング教育」「英語教育」「幼児教室」「幼児教材」「脳の構造」の6つの要素について、できる限りわかりやすく情報発信していきます。

まず、次の情報をお読みください。

生まれたての赤ちゃんにも特別な能力がある?!

幼児教育は脳の形成に極めて重要である

生まれたての赤ちゃんに備わっている能力

生まれてから間もない赤ちゃんにも既に多くの能力が備わっていることが判明しています。例えば、ある実験により、生後3カ月の赤ちゃんにも、ある図形を別の異なる図形と見分ける能力があることがわかっています。

また、人の顔をした図形をそれ以外の図形よりも、よく目で追うこともわかっています。さらに、生後6カ月になると、奥行きも理解できる奥行き視ができることもわかっています。

視覚だけではありません。聴覚においても、新生児は母親の声と他の人の声を聞き分けることができますし、外国語を聞き分ける能力もあります。甘味、酸味、塩味、苦味などの味覚の能力も備えていることがわかっています。

人間の脳の成長には、適切な刺激が必要

もちろん、赤ちゃんに能力があるといっても、完成しているわけではありません。例えば、赤ちゃんの視力は生後40週で、0.0167から0.025程度しかありません。そこからの視力の発達には光刺激が不可欠なのです。

このように生まれつき備わっている能力を成長させるためには、環境による刺激が必要なのです。環境からの刺激が特に必要な時期を「感受性期」といいます。視覚の感受性期は、3歳くらいまでと考えられています。

このようなことから、人間の脳は3歳までですべてが決まるという説がありますが、すべての能力が3歳までに決まるわけではありません。人間の場合、新生児の脳の重さは、成人の30%くらいです。

その後、脳の重さは3歳で成人の80~85%程度となり、6歳頃にはほぼ成人と同じ重さになります。そして、脳の中身は20歳くらいまで成長するという説が有力です。

人間の「神経細胞」の数は胎児期に最大となることがわかっており、成長過程で「脳の重さ」や「脳の容量」が増えるのは、学習や経験によって神経細胞(ニューロン)同士をつなぐ接続点であるシナプスが増えるためと言われています。

つまり、脳の成長とは、シナプスができることにより、神経細胞同士のネットワークが複雑で強固になることを意味しているのです。

このシナプスは、誕生から生後6か月までにものすごい勢いで増えて、8ヵ月から1歳くらいで最大数になることが判明しています。その後は、不要なシナプスはどんどん削減されていくのです。

そして、3歳頃にはシナプスはほぼ大人と同じくらいの数になります。もちろん、脳の成長はそこで完全に止まるわけではありませんが、このことからも幼児教育の重要性がわかります。

親は子供に教育することで脳の成長を促進させる

人間の脳の成長には、学習や経験を数多くさせることが不可欠です。そのためには、親が教育環境を整えてあげて、良質な環境のもとで子育てをすることが、ものすごく重要です。教育や学習は、生後まもなくから始めて、小学校を卒業するまでは、すべて親の責任において、子供を育てます。

その後、中学生からは、本人の学習に対する自覚も芽生えてきますので、次第に本人の主体性に任せていきます。もちろん、親は本人が主体的に学習するのをあらゆる面からサポートする必要があります。

知育玩具でプログラミング、英語を学ばせる

0歳から知育玩具を与えることにより、五感を刺激して、知能を高めることができます。赤ちゃんは生まれたときから能力を持っているのですから、教育はそこからスタートします。

月齢や年齢に応じて、数字や文字の学習はもとより、プログラミングや英語を学べる知育玩具やアプリを与えるようにしましょう。ご両親が適切な学習ツールを与えることにより、子供は新しい知識やスキルをどんどん吸収して成長していきます。

これらの教育や学習は、たんなる知識を詰め込むだけではなく、論理的な思考や戦略的な思考を養うのにとても有効です。そして、できるだけ小さい頃からこのような思考を身に付けることが、その子の人生を豊かにして、成功に導きます。

英会話教室やプログラミング教室に通わせて能力を高める

知育玩具で基礎を築いた後は、英会話教室やプログラミング教室に通わせて、さらに子供の能力を高めるようにしましょう。幼稚園や小学校だけでは、専門的な知識や技術を身に付けることはできないからです。

お子様の能力を高めるためには、最適な教室に通う必要があります。どのような教室を選べばよいのか、教室の選び方やおすすめの教室のご紹介などもしていきたいと考えています。

中学受験に確実に成功する能力を身に付けさせる

中学受験は子供の人生における最初の関門です。子供が生まれてから小学生までの学習の総決算と言っても過言ではないでしょう。中学受験に成功するためには、親のサポートが絶対に不可欠です。

中学受験の問題は、小学校の授業で習う内容だけでは解けません。小学校3年生から中学受験専門の進学塾に通って、専門の勉強する必要があります。

いわば親が子供をベルトコンベアに乗せてあげない限り、中学受験に成功することはできないのです。難関中高一貫校に合格すると、東大などの超難関大学に合格する可能性が大きく高まります。

その後は、個人であるいは公的機関や企業派遣により、海外留学をして専門スキルを磨き、さらに上を目指す道が待っています。また、最近では、高校や大学から直接、海外に行く生徒も増えてきています。

このような段階になると、幼少の頃から学んでいた英語力が本当の意味で役に立つはずです。

まとめ

このブログは、生後まもなくから小学校を卒業するまでの幼児教育と児童教育について、適切な情報提供をすることを目的に作成しました。自身の経験に基づいて、中学受験に合格する方法についても、解説しています。

僕の仕事は企業を対象としたマネジメントコンサルタントですが、その経験の中で培った情報収集力や分析力を生かして、幼児教育コンサルタントとしても、できるかぎり正確かつ的確な情報発信をしていきたいと考えています。

このブログが子供の脳の成長を促進させて、知能を高めたいと考えているご両親に対して、少しでもお役に立てれば幸いです。