コンピュータ1

プログラミング教育 幼児・子供関連情報

プログラムはなぜ必要なのか

コンピュータはなぜ動くのか?

子供に、「コンピュータはなぜ動くの?」と聞かれて説明できますか。両親がコンピュータの専門家である以外は、恐らく説明できないと思います。今やほとんどの人が、パソコンを使って仕事や学習をしていますが、ごく一部の専門家を除いて、仕組みは何もわからないままパソコンを使っているはずです。

実際に、コンピュータの仕組みを正確に理解しようと思えば、大学の情報系の学生でも2年くらいは要するとのことです。2進法から始まって、半導体を理解し、x86とかARM、アーキテクチャなどの難解な説明を延々と繰り広げなければなりません。

ここでは、そんな本格的な説明をすることはできませんので、もし関心がありましたら、大変恐縮ですが本で勉強して下さい。下記の画像をクリックすると、本の詳細をAMAZONでご覧になることができます。

プログラムはどんな役割を果たすのか?

コンピュータがどのように動くのかについてのハード部分はブラックボックスのままでも構わないのですが、実際にコンピュータを動かすためには、ソフトすなわちプログラムに関する知識が必要です。そこで、プログラムについて、ごく簡単にご説明します。

プログラムとは、最も簡潔にひとことで言うと『コンピュータに指示を出すための言語』のことです。もう少しだけ詳しく言うと、人間の言語をコンピュータにそのまま伝えても通じないので、人間の言葉をコンピュータにわかるように翻訳した言語のことです。

プログラムも言語ですから、人間が使う言語と同様に文法があります。プログラムの代表的な特徴として、以下の2点があります。

 ・条件に応じて処理を変更できる(条件判定)
 ・同じ処理を繰り返し行える(反復)

例えば、焼き肉食べ放題のレストランで予約サイトを制作するとします。平日のみシニア割引を設定するのであれば、プログラムにおける条件判定は、「平日で、なおかつ、予約者が65歳以上か」ということになります。「その条件にあてはまれば500円割引になる」ということを、プログラムとして記述することができます。

つまり、プログラム言語では、コンピュータに対して、条件判定と反復の指示を出すことによって、様々なデータ処理を行うということです。もっと詳しく知りたい方は、下記の画僧をクリックすると、AMAZONで本の詳細をご覧いただけます。

コンピュータ言語には、複数の種類がある

実は、プログラム言語は1つではありません。プログラム言語には数百種類あると言われています。その中で、実際に使われている主流のものは、C言語、C++、c#、Java、Java Script、PHP、Ruby on Rails、Swift、Python、Scratch です。

これらのプログラム言語の解説は、改めて別の項目でご説明したいと思います。

-プログラミング教育, 幼児・子供関連情報

© 2020 幼児教育で子供の知能を高める