狼

脳の構造

狼に育てられた少女はどうなったのか?

四足歩行で歩き、夜に遠吠えをする少女

脳医学界では有名な話です。遡ること1920年の出来事です。インドのある森で、四足歩行で夜になると遠吠えをする2人の姉妹が保護されました。2歳と8歳くらいの少女でした。アマラとカマラと名付けられました。マスコミは、狼に育てられた少女として大々的に報じました。

近郊の村に住む牧師が2人を引き取って、二足歩行を教え、言語教育を施しましたが、妹のアマラは早死にしてしまいました。残った姉のカマラは17歳まで生存しましたが、言葉は数十の単語しか話すことができないまま生涯を閉じました。

科学的な調査分析が行われる前に死亡してしまったので、正確な証明は困難でしたが、人間が言葉を身に付けるのに適した3歳くらいまでの時期、すなわち「感受性期」を過ぎてしまうと、言語を身に付けるのは困難だという仮説が立てられました。

聴覚に障害のある人の調査でわかったこと

先天的に聴覚に障害のある人の場合、幼児期には周囲から気づかれずに、場合によっては思春期頃まで手話を習わないまま過ごしてしまうことがあります。これについては、研究がなされているのですが、生まれてからすぐに手話を習った人に比べて、より後から手話を習った人は、構文能力が劣るという調査結果が出ています。

構文能力は言語能力のすべてではないのですが、この研究からも、「感受性期」を過ぎると、構文能力を身に付けるのが困難になるということが判明しています。その後のさらなる研究によって、今では、言語能力の中でも、語彙取得能力や発音の聞き分け能力など、細かい能力別に「感受性期」の有無や時期が若干、異なることがわかっています。

感受性期に外国語を教えると複数言語を話せるようになる

バイリンガルすなわち外国語と日本語など、複数の国の言葉を同レベルで話せる人についての研究もあります。通常、発音を聞き分けることができる「感受性期」は、生後6~12カ月くらいまでと言われています。

例えば、日本人の苦手なLとRの聞き分けですが、日本人でも、生後6~12カ月くらいまではLとRを聞き分ける能力を備えていることがわかっています。その後、日本語だけを聞き続けると、脳が必要ないと判断して、次第に聞き分けられなくなるのです。

もし、その「感受性期」に日本語と並んでR英語を学習させることができれば、バイリンガルになり、いつまでもLとRを聞き分けられるようになります。

いずれにしても、言語能力という観点から見ても、感受性期である幼少期に学習させることがいかに重要であるかということがわかります。両親は、生後すぐから、子供に対して、教育・学習を施さなければならないのです。

-脳の構造

© 2020 幼児教育で子供の知能を高める