タブレット学習

幼児教材・子供教材

RISU算数のお試しからご利用まで最も得する方法!申し込む前にこれを知らないと損をする?

東大生が開発した算数特化型のタブレット教材であるRISU算数を検討中のパパやママに向けた記事です。RISU算数はお試し方法もよくわからず、料金システムも複雑と言われています。この記事では、お試しからご利用まで最もお得に使える方法をお教えします。

RISU算数のお試しからご利用まで最も得する方法!

RISU算数のお試しからご利用まで最も得する方法をお教えします。

メリット

RISU算数にお試しはあるの?

子供向けの学習教材の公式サイトを見ると、ほとんどのサイトには、「無料お試し」とか「無料体験」などの表示が目立つように掲載されています。ところが、RISU算数の公式サイトには、どこにもこのような表示がありません

唯一あるのは、「サービスお申込み」のボタンです。このボタンを押すと「RISU算数申込フォーム」が表示されて、お試しなしで、いきなり申し込みするようになっています。

RISU算数には「お試し」はないのでしょうか?当サイトにも「RISU算数にはお試しはないのですか?」というご質問をいただくことがあります。お答えします。実は、RISU算数にも「お試し」はあります。

ただし、RISU算数の「お試し」を申し込むには、「RISU算数お試し専用サイト」から申し込むことが必要なのです。この「お試し専用サイト」があまり知られていないために、RISU算数には「お試し」がないと思っている人が多いのです。「お試し専用サイト」のURLをご紹介しておきます。

RISU算数は小学生対象、RISUきっずは幼児(年中から年長)対象となっているので、お子様の年齢に合った「お試し専用サイト」をお選びください。

ポイント

RISU算数お試し専用サイト ⇒ https://www.risu-japan.com/lp/ane07a.html

RISUきっずお試し専用サイト ⇒ https://www.risu-japan.com/lp/ane07a-kids.html

※各サイトのお申込みフォームの「クーポンコード記載欄」に、必ず「ane07a」と記載してください。記載がないと申し込みが無効になってしまいます。

RISU算数のお試しは無料なの?

RISU算数にお試しがあるのはわかったけれど、お試しは無料なのでしょうか?実は、ここが微妙なところなのですが、お試し後にそのまま続ける場合は、お試し料金は無料となります。ところが、お試しだけで返却すると1,980円(税込)かかります。

「お試しは無料ではないじゃないの?」と思った方、お気持ちは分かります。しかし、これまでにお試しを体験した人の90%以上の人が、お試し後に申し込みしているという実績があります。

RISU算数のお試し期間はどれくらい?

RISU算数、RISUキッズとも、お試し期間は1週間となります。「えっ!1週間のお試しで、その後に本申し込みになる人が90%以上もいるなら、最初から本申し込みしても大して変わらないんじゃないの?」そう思った人もいるかもしれません。

ところが、RISU算数の料金システムを見ると、この1週間のお試し期間は大きな意味を持っているのです。RISU算数の料金システムや、お試しからご利用まで最もお得に使う具体的な方法については、次の項でご説明したいと思います。

申し込む前にこれを知らないと損をする?!

RISU算数を少しでもお得にお使いいただくために、本申し込みする前に知っておきたい情報をご提供したいと思います。

いいね!

RISU算数の料金システム

複雑でわかりにくいと言われる RISU算数の料金システムについて、できるだけわかりやすくご説明します。

RISU算数の基本料

RISU算数には基本料があります。これは、RISU算数、RISUきっずを1年間ご利用いただくためのベースとなる料金のことです。基本料は年額一括12ヵ月分33,000円 (税込)となります。基本料は、1年ごとの更新となります。更新ごとに1年分のシステムや教材配信システムなどの体制がセットされます。

なお、兄弟や姉妹など、同一アカウントで複数のお子様がご利用の場合、2人目以降のお子様について基本料が年額27,500円(税込)となる割引料金が適用されます。

RISU算数の利用料

利用料は、RISU算数ご契約開始からクリアした累計ステージ数をご利用月数で割った「月平均クリアステージ数」に応じてかかる月々の料金のことです。

平均のクリアステージ数を計算しますので、クリアしたステージがある月でもご利用料が発生しない場合もあります。逆に、クリアしたステージがない月でも、利用料が発生する場合もあります。ここがわかりにくい点なので、詳しくご説明します。

「クリアステージ」の意味ですが、RISU算数には低学年・高学年で合計94ステージがあり、1ステージには、およそ75~100問の問題が入っています。各ステージの最終の問題が達成テストになっており、それをクリアすると「クリアステージ」となります。

「月平均クリアステージ数」とは、「RISUを始めてからの累計クリアステージ数」÷「累計ご利用月数」で計算した数値のことです。月平均クリアステージ数は、毎月末に計算します。当然、勉強していてもクリアしていないステージはカウントされません。

1ヵ月あたりの平均クリアステージ数と利用料(月額)との対応は以下のようになります。

月平均クリアステージ数 利用料(月額)※税込
1.0 未満 0円
1.0以上~1.3 未満 1,100円
1.3以上~1.5 未満 1,650円
1.5以上~2.0 未満 3,300円
2.0以上~2.5 未満 5,500円
2.5以上~3.0 未満 7,700円
3.0以上 9,350円(これが上限となります)

基本料は 年額一括12ヵ月分33,000円 (税込)で、一括で支払いますが、基本料を月額換算すると、月額2,750円(税込)になります。利用料は、毎月支払います。

したがって、例えば、 「月平均クリアステージ数」が平均的な速度である「1.5以上~2.0未満」だったとすると、その月の金額は、「基本料2,750円+3,300円=6,050円」です。

まあ、平均でこれくらいの金額ならば、コスパは高いのではないでしょうか?実感としては、最初に基本料を年間33,000円(税込)支払っておけば、後は勉強量に応じて、毎月1,100円~上限9,350円(税込)なので、これで算数が得意になってくれればよいという感じです。

RISU算数のオプション

RISU算数には、低学年コースと高学年コースがあります。高学年コースをすべてクリアすると、オプションとして、受験を視野に入れた「受験基礎コース」に進むことができます。

もしこのコースに進む場合は、「受験基礎コース」の問題を解き始めた月の月末より、RISU算数の基本料・ご利用料の他に「受験基礎・数学基礎コース料金」として月額1,980円(税込)が発生します。これは希望者のみです。

RISU算数のお試しがお得な理由

RISU算数の料金システムをご理解していただいた上で、改めて「最初から本申し込み」をするよりも、まず「お試し申し込み」をするほうが、はるかにお得な理由についてご説明したいと思います。

その理由は、「お試し期間中に進めたステージが1以上の場合でも、ステージ数を1としてカウントする」からです。前項で、RISU算数の利用料は「月平均クリアステージ数」で決まるとご説明しました。

例えば、通常は「月平均クリアステージ数」 が「1.5以上~2.0 未満」なら3,300円、3.0以上なら9,350円かかります。それが、「お試し期間中」ならば、どんなにステージを進めてもクリアステージ数を1とカウントしてくれるのです。

過去の体験者の声を聞くと、最初は易しいので、1週間で10ステージ以上クリアしている子供が多いです。それでも、「お試し期間中」ならば、クリアステージ数は1ステージとしかカウントしないのです。

これが、「最初から本申し込み」をするよりも「お試し申し込み」から始めるほうが、はるかにお得な理由です。「お試し申し込み」から始めて「本申し込み」に継続すると、「お試し料金」の1,980円(税込)は無料となります。だから、絶対に「お試し申し込み」から始めたほうがよいのです。

まとめ

今回の記事では、RISU算数に興味があるけれど、「お試し」がないみたいだし、料金体系も複雑でよくわからないというパパやママに向けて、 「RISU算数お試し専用サイト」と「RISUきっずお試し専用サイト」のご紹介をさせていただきました。

そして、RISU算数の料金体系を詳しくご説明すると共に、その料金体験のもとで、「お試し期間中」にステージを10以上進めても1ステージとしかカウントされないので、いかに「お試し」から申し込むことがお得なのかをご説明しました。

RISU算数は、本申し込みをすると、契約開始日から5日後がご請求日となります。すぐに 年額一括12ヵ月分33,000円 (税込)を支払う必要が生じます。そして、それは途中解約しても返却されません。RISU算数がよほど自信を持っているからだと思います。

もし「お試し」をして、1週間後に辞めたとしても、お試し料を1,980円(税込)支払うだけで済みます。いきなり「本申し込み」をするより、試してみれるので、かなりリスク軽減となります。

「お試し」の後に「本申し込み」をすれば(お試しの90%以上が本申し込みをしています)、この1,980円は無料になるので、1週間無料で使えて、その間にステージを進められるので、とてもお得です。

どちらにしても、RISU算数を申し込むならば、いきなり「最初から本申し込み」をするよりも、「お試しから申し込み」するほうがお得なことは確かです。最後にもう一度、「お試し専用サイト」のURLを記載しておきます。

ポイント

RISU算数お試し専用サイト ⇒ https://www.risu-japan.com/lp/ane07a.html

RISUきっずお試し専用サイト ⇒ https://www.risu-japan.com/lp/ane07a-kids.html

※各サイトのお申込みフォームの「クーポンコード記載欄」に、必ず「ane07a」と記載してください。記載がないと申し込みが無効になってしまいます。

-幼児教材・子供教材