子供を見守る親

幼児・子供関連情報 生活情報

NTTグループ子供GPS見守りで子供の安全を守る!goo of things いまここの評判は?

NTTグループの子供GPS見守りサービスをご存知でしょうか?NTTグループだから信頼性が高いです。サービスの名称は「goo of things いまここ」と言います。主な特徴や実際に使った人の口コミや評判などをご紹介します。

NTTグループ子供GPS見守りで子供の安全を守る!

GPSで子供の行動範囲を把握して、子供の安全を守る専用端末やスマホアプリが話題となっています。NTTグループからも子供GPS見守りサービスが提供されていることをご存知だったでしょうか?

NTTグループについては、ご説明するまでもないと思いますが、念のためどんな会社なのか概要をご紹介しておきたいと思います。

NTTグループの生い立ち

NTTの前身は日本電信電話公社(電電公社)であり、1952年に公法上の特殊法人として郵政省の外郭団体として設立されました。1985年に日本電信電話株式会社法により民営化されて、日本電信電話株式会社となりました。

NTTとは、日本電信電話株式会社の英語表記である「Nippon Telegraph and Telephone Public Corporation」の略です。民営化される前は、電電公社と呼ばれていましたが、民営化以降は、NTTと呼ばれるようになりました。

1987年には株式が上場されています。その後、各事業部門を分社化して、NTTグループを形成するようになりました。

NTTグループの規模

2019年3月期のNTTグループの総資産は23兆141億円、売上高(営業収益)は約11.89兆円です。売上高は東証上場企業のうち、第5位の金額です。(2020年8月10日時点)連結営業利益は1兆5,622億円です。

NTTグループは、全世界で900社以上、31万9,050人の社員を抱え、世界中にICTサービスを提供するグローバル企業です。

持ち株会社の核となる日本電信電話株式会社の総資産は6兆8,341億円、営業収益は6,497億円、営業利益は5,103億円です。日本電信電話株式会社は、NTTグループ全体の経営戦略の策定および基盤的研究開発の推進を担っています。

主なグループ会社

主なグループ会社は、下記の通りです。

  • 地域通信事業……NTT東日本、NTT西日本 etc.
  • 長距離・国際通信事業……NTTコミュニケーションズ、Dimension Deta Holdings pic etc.
  • 移動通信事業……NTTドコモ etc.
  • データ通信事業……NTTデータ etc.
  • その他事業……不動産事業(NTT都市開発)・システム開発事業(NTTコムウェア)・金融事業(NTTファイナンス) etc.

NTTグループ子供GPS見守りサービス

NTTグループの子供GPS見守りサービスは、NTTレゾナント株式会社が担っています。2003年に設立されました。株主は、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 541,490株(66.6%)、株式会社NTTドコモ 270,746株(33.3%)となっています。

NTTレゾナントは、日本初のロボット型日本語Webページ全文検索エンジンとして1997年に登場した、NTTグループのインターネットポータルサイト「goo」を中心に関連サービスを展開しています。

その事業の一環として、子供GPS見守りサービス「goo of things いまここ」を提供しています。

NTTグループという巨大企業を背景に持つため、数多い子供GPS見守りサービスの中でも、「goo of things いまここ」は、子供の安全を守るための抜群に信頼性が高いサービスとして認知されているのです。

goo of things いまここの評判は?

goo of things いまここの特徴や評判についてご説明します。

goo of things いまここの特徴

goo of things いまここの特徴は、下記の通りです。

緊急時のお知らせ機能があります

子どもがGPS端末の中心ボタンを長押しすると保護者側に通知します。 子どもの緊急時にいち早く気づき、駆け付けることができます。

危険エリア侵入時のには通知があります

交通事故や犯罪等、多発している危険エリアを設定することができ、 設定した危険エリアに子どもが侵入すると保護者に通知されます。

子供が頻繁に行く場所をスポット設定できます

子どもが頻繁に行く場所(学校・習い事の教室・ 児童館・図書館・友人の家など)をスポット設定し、 設定したスポット箇所に子どもが訪れたり、 出たりすると保護者にお知らせします。

防災情報を閲覧可能です

地図画面で防災情報(避難場所・大規模病院・警察署・ 消防署・学校・自治体施設)を確認することができます。災害発生を想定して、子どもの行動範囲内にどういった 防災施設があるか把握できるため、 防災情報についてのコミュニケーションにも役立てることができます。

goo of things いまここの料金

goo of things いまここの料金は、初期費用(GPS端末購入費):9,680円(税込)、月額費用:638円(税込)です。なお、月額費用は初月は無料になります。

goo of things いまここの口コミや評判

SNS上に投稿された口コミや評判をご紹介しておきます。

小学校でも児童の見守りツールとして本格的に導入されているのですね。4年間使って、買い換えた方もいます。やはり、学校に着きましたなどの通知が来ると安心で、手放せなくなるのですね。

まとめ

「goo of things いまここ」は、GPS端末を所有することで居場所を把握することができるサービスです。 学校や公園など、子どもが頻繁に訪れる場所を 設定することができるため、登下校時の子どもの行動把握に繋がります。

GPS端末は防水性のため、 ランドセルや習い事のバッグの外側に付けることも可能です。もちろん、ランドセルや習い事のバッグの中に入れておくことも可能ですし、さらにランドセルやバッグの中の小物入れの中に入れることも可能です。様々な所持方法があります。

子供GPS見守りサービスはいくつかの会社で実施していますが、「goo of things いまここ」はNTTグループのNTTレゾナント株式会社が提供しているサービスなので、抜群の信頼性と安心感があります。

小学生なので、まだスマホは持たせたくないけれど、GPSでお子様を安心に守りたいと考えているパパやママは、「goo of things いまここ」を導入することをおすすめします。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、子どもの見守りサービス【 goo of things いまここ 】 をクリックしてご覧ください。

-幼児・子供関連情報, 生活情報