本を読む女の子

幼児教室・子供教室

頭がよくなる?小学生の速読トレーニングの方法とコツは?ソクノー速読の料金、効果、口コミ

頭がよくなる効果があると言われる、小学生でもできる速読トレーニングの方法とコツをお教えします。また、40年以上の研究実績を持つオンラインサービス「ソクノー速読」について料金、効果、口コミを含めてご紹介します。

頭がよくなる?小学生の速読トレーニングの方法とコツは?

頭がよくなるとは何を意味するのか?小学生の速読トレーニングは役立つのか?トレーニングの方法とコツなどについてご説明します。

速読

頭がよくなるとは何を意味するのか?

皆さんは「頭がよい」というと、どのようなイメージを思い浮かべますか?「計算が速い」「難しいことを知っている」「記憶力がよい」「決断が速い」など、様々なイメージがあると思います。

これらのイメージの共通点をまとめると、「膨大な記憶の中から必要な情報をすばやく取り出して即座に判断ができる」ことを「頭がよい」と言っているように思います。

MC-JAPAN
脳科学的に言うと、脳には数千億個のニューロンという神経細胞があります。ニューロンは複雑に枝分かれした突起を複数持っており、その1つ1つが別のニューロンと接続して回路を形成しています。

その接続部分はシナプスと呼ばれます。1つのニューロンは数千個のシナプスを持っています。ニューロンは電気的な信号を送るのですが、それをシナプスで化学物質に置き換えて情報を伝達しています。これを「シナプス伝達」と言います。

脳科学の最新研究では、2018年にドイツの研究者らにより、「IQが高い人ほど脳の体積が大きいにもかかわらず、脳の配線がシンプルになっている可能性が高い」という発表がなされています。

これを見ると、頭が良い人ほど脳にムダな接続が少なくて、シンプルな回路ですばやく効率的に脳を働かせているということがわかります。

速読は頭がよくなるのに役立つ?

速読は頭がよくなるのに役立つと思います。その理由について考えてみます。

多くの知識を頭に入れることができる

速読をすることにより、同じ時間で、普通の人よりも多くの本などを読むことができます。多くの本を読むことにより、知識量が豊富になります。インプットする情報量が増えることが、頭をよくすることにつながります。

繰り返しで記憶力が高まる

速読は色々な種類の本を多く読めるだけではありません。重要な本は、速読によって、繰り返し何度も読むことができます。重要な本を繰り返し読むことで、記憶力が高まります。記憶力が高まることは、頭をよくすることにつながります。

脳の処理速度が速くなる

速読は単に文字を速く読むことだけではありません。読んだ文字から内容を判断して理解する技術です。つまり、理解力の速度が高まるということです。速読により、脳の処理速度が速くなるので、頭をよくすることにつながります。

小学生の速読トレーニングの方法とコツは?

小学生でもできる速読のトレーニングの方法とコツについてご説明します。

読視野を広げる

速読では、読視野を広げる訓練をします。具体的に言うと、1度に「3~4文字」見ていた状態から「5~6文字」「7~8文字」と、徐々に増やしていきます。1度に見れる文字の数が増えれば、それだけ速く読めることにつながります。

視点停留時間を短くする

文字を見るとき、視点を停止させて見るわけですが、その時間を視点停留時間といいます。視点停留時間 を短くすることで、文字を読む速度を速めることができます。平均的に1秒間に4回程度、視点を停止していたのを、1秒間に5回、6回と、徐々に増やしていきます。

眼の筋肉を鍛えて処理速度を速める

速読の基本として、眼の筋肉を鍛えるという方法があります。これは、動体視力を高めることで、文字を読む速度を速めるという考え方です。動体視力を鍛える方法にはいくつかありますが、ここでは、イチロー選手のエピソードをお伝えしておきます。

「イチロー選手は小さい頃、クルマに乗ると対向車のナンバープレートの数字を見て、その瞬間に足し算していました。そして、バッティングセンターではハイスピードボールを打つ練習を重ねて動体視力を鍛えていた」とのことです。

このように、動きの速いものを素早く見て、それに対して反応する訓練、すなわち処理速度を速める訓練をすることで、理解力を落とさずに速く読むことができるようになります。

速読のトレーニングのコツ

速読トレーニングのコツは、まず「とにかくたくさんの本を読む」ことです。活字に慣れることが大切です。次に、「視線を動かす速度や眼の動かし方を意識する」ことです。眼の動かし方を意識しなければ、速度を速めることはできません。

そして、「やさしい内容の本から始める」ことです。ゆっくり読んでも内容がよく理解できないような本を速読で読もうとしても、理解度を速めることはできないからです。

ソクノー速読の料金、効果、口コミ

今回の記事では、オンラインで速読が学べる「ソクノー速読」というサービスをご紹介したいと思います。

ソクノー速読とは

ソクノー速読は、理解力を落とさずに速く読めるようになる速読法を教えています。1日7分間のトレーニングと効果が見える測定で目と耳と頭を鍛え、着実に情報処理能力を底上げしていくことができます。

過去40年以上の研究実績を元に開発した最新の速読システムで、現在の情報処理能力が個人別に最適化されより効果的にトレーニングを実践できます。小学生からご利用いただけます。

効果測定の結果はマイページから確認でき、トレーニング内容は年齢や能力によって変化する機能が組み込まれています。

ソクノー速読の特徴

ソクノー速読の特徴は下記の通りです。

  • 実績のある速読トレーニングをオンラインで無料体験できます
  • パソコン、タブレット、スマホから気軽に体験できます
  • 客観的に効果を測定することができます
  • トレーニングの組み合わせは10万通り以上あります
  • 速脳ゲーム、タイピング、計算測定などがあります

ソクノー速読の料金

無料体験で効果を実感したら、有料版に進むことができます。料金は、月会費4,980円(税別)です。1日当たり、わずか166円(税別)です。有料版にアップグレードした人の60%以上が、分速5,000文字以上を達成しています。これは日本人の平均読書速度の約10倍の速さに相当します。

ソクノー速度の効果

ソクノー速読は、日本で45年もの実績がある速読業界のパイオニア川村式速読のメソッドをベースにした信頼のトレーニング手法です。これまでに国内50万人、海外300万人という受講生を対象に教材や指導法に磨きをかけてきた実績があります。

  • 無料体験の94%以上が「楽しい」と回答しています
  • 無料体験の89%以上が「効果を実感した」と回答しています
  • 有料版の60%以上が「分速5,000文字以上」を達成しています

ソクノー速度は、「ただ速く読むのではなく、頭の処理能力を高める」ので、小学生の頭をよくすることに役立ちます。

ソクノー速度の口コミ

まず、有料版を利用した人からソクノー速度に寄せられた声の一部を抜粋してご紹介します。

口コミ
たくさんの本を読めば、その分ものの見方がひろがります。これを後押ししてくれるのが「速読」、充実した人生になるための支えが「速読」です!ソクノー速度のいいところは、いつでも「気軽に」「手軽に」できる。毎日7分、負担も少ない。毎日できることが定着に繋がります。

以前、通信教育の「速読」を受けたことがあります。1日に1-1.5時間かかるプログラムで本当にクタクタになる経験をし、結果つづきませんでした。継続できるプログラム設計ができている「SOKUNOU」は本当に凄いです!

口コミ
速読は、短い時間で大量の情報を得る手段として欠かせないもの。仕事の生産性は高まります。大げさに聞こえるかも知れませんが、人生得します!!

ソクノー速度のいいところは、毎日7分だから継続できる!リーズナブルな価格設定だから継続できる!目の体操がある!脳トレのプログラムもある!効果が実感できる!

次に、SNSに投稿された口コミや評判をご紹介します。

まとめ

今回の記事では、頭がよくなるとはどういう意味なのかを説明しました。頭がよいとは 「膨大な記憶の中から必要な情報をすばやく取り出して即座に判断ができる」ことです。頭をよくするためには、記憶力、理解力、判断力を高めることが必要です。

このような観点から見て、速読は頭をよくするのに役立つことがわかります。それゆえ、 小学生でもできる速読トレーニングの方法とコツについてご説明しました。

ただし、小学生が自分一人で速読を学ぶことは難しいです。そのために、今回の記事では、「ソクノー速度」というオンラインで速読を学べるサービスについてもご紹介しました。

パソコン、タブレット、スマホなどで無料体験できますので、まず速読とはどんなものか、無料で試してみることをおすすめします。

ポイント

サイト情報をご紹介します。詳細は、オンライン速読・速聴プログラム をクリックしてご覧ください。

-幼児教室・子供教室