オンライン学習

幼児教室・子供教室

東大生の効率的な勉強法は小学生にも役立つ!トウコベの運営、入会金、料金、教材費、評判は

東大生の効率的な勉強法はどのような方法なのでしょうか?その方法は小学生にも役立つのでしょうか?!東大生のオンライン個別指導「トウコベ」の運営会社、入会金、料金、教材費、口コミや評判などについてご紹介したいと思います。

東大生の効率的な勉強法は小学生にも役立つ!

東大生の効率的な勉強法と、それが小学生にも役立つかどうかご説明します。

東大赤門
東大赤門前

東大生の効率的な勉強法

東大生が入学するまでに実施してきた効率的な勉強法を調べて、10項目にまとめてみましたのでご紹介します。

学習計画を立てている

学習計画を立てることがいちばん重要なポイントだと思います。試験までの全体計画を立てて、それを月間計画、週間計画に落とし込みます。毎日の勉強を始める前も、「今日やること」を決めてから勉強を始めます。

ただし、計画はあくまでも目安ですから、すべて計画通りに進まなくても落ち込む必要はありません。あらかじめ予備の日を設定するなど、日程に余裕を持たせておくことが大切です。

勉強に役立つ情報収集をしている

勉強に役立つ情報収集をします。特に、志望校の傾向などの情報収集は重要です。もちろん、それ以外にも、合格者はどんな参考書を使っていたのかとか、どんな塾で学んでいたのかとか、新しい学習ツールはあるか、などあらゆる角度から情報を集めます。

情報収集は、学習計画を立てるためにも役立ちます。「情報を制する者が勝負を制する」という言葉がありますが、情報収集はとても重要です。

ノートの使い方を工夫している

東大生には、最も身近な勉強ツールであるノートの使い方を工夫している人が多いです。例えば、ノートの左側に授業で習ったことなどを書いて、ノートの右側に重要だと感じたことをメモするなどの使い方をしている人が多いです。

また、自分が間違えた問題がすぐにわかるように付箋などで印をつけておいたり、科目別に分けずに覚えたい事項をすべて1つのノートに書き込んでいくという人もいます。大事なことは、各々がノートの使い方を自分なりに工夫しているという点です。

自分に適した参考書を厳選している

全体計画を立ててみると分かるのですが、試験までの時間はかなり限られていることに改めて気づきます。それゆえ、あれもこれもと多くの参考書を勉強しようとしても中途半端に終わってしまうと思います。

限られた時間の中で、どの参考書で勉強するかは、とても重要です。先輩たちがどんな参考書で勉強したのか情報収集をしておき、その中から自分が勉強しやすいと思う参考書を選びます。そして、選んだ参考書を徹底的にやり抜くようにします。

時間を効率的に使っている

時間の使い方はとても重要です。1日は誰にとっても24時間であり、時間だけはすべての人に完全に平等です。その中で、どのように学習時間を使うかによって、学習の成果が大きく左右されます。

簡単に言えば、まとまった時間を使って本格的に学習するときの内容と、わずかなスキマ時間を使って学習するときの内容を整理しておくことが大切です。スキマ時間をいかに活かせるかで、学習時間や学習内容に大きな差が生じます。

勉強に対する集中力がある

東大生は勉強に集中するために様々な工夫をしています。例えば、復習などやりやすい勉強から始めて、集中力が高まってきたなと思ったら難しい勉強に切り替えるという人もいます。

同じように、好きな勉強と嫌いな勉強を交互に行って、集中力が途切れないようにするという人もいます。また、どうしても集中力が途切れたときは、気分転換に散歩をする、休憩して音楽を聴く、思い切って仮眠を取るなどという人も多いです。

モチベーション維持のコツを知っている

試験を目指した勉強は長丁場ですから、全期間にわたってモチベーションを維持することが大切です。モチベーション維持の基本は、最初にご紹介した計画を立てることです。特に、ブレイクダウンした週間計画はとても重要です。

「今週はこれだけやる」というノルマがモチベーション維持につながります。ただし、過度なノルマは逆効果になるので、自分のキャパシティを考慮した計画にします。また、計画以外には、志望校を訪れるとか、合格者の手記を読むなど、それぞれが工夫しているようです。

暗記の仕方を工夫している

受験勉強では、良い悪いは別にして、暗記することが重要な要素となっています。それゆえ、東大生は暗記するために、色々な方法を工夫しています。例えば、英単語なら語源を理解するとか、歴史ならストーリから覚えるなどです。

スキマ時間を使って、単語を何度も書いて覚えるとか、単語帳を肌身離さずに持って、いつでもどこでも時間があれば、常に読み返すなどという人もいます。暗記に特効薬はなく、何度も繰り返して、脳に重要な事項だと認識させる以外に方法はないようです。

役立つ学習ツールを入手している

学習効率を高めるためには、小さなことではありますが、役立つ学習ツールを入手することも大切です。例えば、先にご紹介した単語帳を肌身離さず持っている人は、風呂に入っているときも覚えたいので、単語帳にビニールのブックカバーを付けていました。

これも学習ツールの1つです。また、毎日の勉強管理に1週間ごとに時間割になっている手帳を使って管理している人もいます。付箋、マーカー、筆記用具、消しゴムなど1つずつに使いやすいものと使いにくいものがあります。学習ツールの選びかたも重要です。

良い意味でライバルと競い合う

学校のクラスの中でも、必ずライバルとなるクラスメイトがいると思います。また、進学塾や予備校などでは、試験の都度に上位者の名前を公表しているところも多いです。これらの中からライバルを設定するのがよいと思います。

ライバルを設定するに当たっては、自分よりも少し上位に位置する相手を選ぶことがポイントです。人間は良い意味でのライバルがいることで、モチベーションがアップする生き物です。成功した人には良きライバルがいることが多いです。

東大生の勉強法は小学生にも役立つ

ここまで東大生の効率的な勉強法について10項目をご紹介してきましたが、よく読んでいただけるとお分かりの通り、奇をてらったものはなく、すべて基本的なものばかりです。当たり前のことを当たり前にやることが大切なことがわかります。

そして、だからこそ、ここでご紹介した勉強法は、小学生にも役立つと思います。例えば、中学受験に合格した子供は、東大受験と同じように、受験までに学習すべき項目をすべて書き出して、試験日までの全体計画を立てて、それをブレイクダウンしています。

小学生に特有なことは、ただ1つ「親が全面的に協力して一緒にやり遂げる」ということだけです。子供が誕生してから、東大に合格するまでを見ると、最初は親の関与度が非常に大きくて、それが小学生まで続き、中学生、高校生となるにつれて徐々に低まってくるのです。

それゆえ、小学生までは親が全面的に関与して、効率的な勉強法を推し進めなければなりません。大体、子供が自ら目標を持って勉強をし始めるのは、中学生になってからです。でも、そこまで待っていると、競争には勝てないからです。

基本的な勉強法は小学生も東大生も変わりはないのですが、小学生が東大生の効率的な勉強法を取り入れるために、親が小学生にやってあげるべき5つの事項をご説明します。

親子の信頼関係を築く

小学生が親と二人三脚で進むためには、親子の信頼関係がなければなりません。そのためには、親子のコミュニケーションをしっかりと取ることです。具体的には、できる限り親子の会話を充実させるようにします。

誕生直後から、親は子供にできる限り話かけるようにします。そして、子供が話せるようになったら、子供の話を聞いてあげます。幼稚園、小学生と、子供が成長しても親子の会話を充実させる習慣を続けていくようにします。

勉強は楽しいものという気持ちを持たせる

親が子供に対してやるべきことは、まず勉強は楽しいものという気持ちを持たせることです。幼少の頃から、できるだけ図鑑などを与えて、知らないことを調べて知ることは楽しい、勉強は知らないことを学ぶことなので楽しいという意識を持たせるように育てます。

毎日、机に向かって勉強する習慣をつける

勉強に対する集中力を身に付けさせるためには、毎日、一定の時間、机に向かって勉強する習慣をつけさせることが大切です。長時間の必要はありません。最初は15分でも30分でもよいので、習慣化させることがポイントです。

できるだけ多くの本を読ませる

幼少の頃から親は子供にできる限り多くの本を読んであげましょう。そして、小学生になったら自分で積極的に本を読む子に育てます。東大生のほとんどは本が大好きです。幼少の頃から本が身近にあったからです。本を読むこと、すなわち読解力が勉強につながります。

モチベーションアップに賞品をあげる

小学生のモチベーションアップに最も効果があるのは、ゲームや玩具などの入手です。計画した勉強のノルマを達成したり、成績がアップしたら、賞品をあげましょう。これについては賛否があるかと思いますが、人間は大人でもごほうびがモチベーションになることはご理解いただけると思います。

トウコベの運営、入会金、料金、教材費、評判は

今回の記事では、 東大生のオンライン個別指導「トウコベ」 をご紹介したいと思います。

トウコベの運営は

トウコベは、東大生によるオンライン個別指導のサービスを提供しています。東大生が一対一でお子様に合わせた勉強法を、勉強計画などの実行方法も含めて提案します。 また提案だけでなく、一緒に実行を行っていきます。 授業だけでなく、家庭学習に関してもサポートします。

トウコベの運営会社は、株式会社MANABIです。本社は東京都台東区上野にあります。設立は2021年6月です。事業内容は、オンラインによる個別での学習指導業務、オンラインによる学習相談業務です。

トウコベの特徴は

トウコベの特徴についてご説明します。

全ての講師が現役の東大生もしくは東京大学大学院

トウコベは「出来ない」所から東大合格を勝ち取った東大生が講師を務めております。 そういった東大生に共通する「戦略」と「実行」の勉強法をもとに成績を上げていきます。小学生のお子様が、東大生の勉強法を直接教えてもらえます。

完全オンライン型で個別指導の学習です

完全オンライン型なので、ご自宅はもちろん場所にとらわれずに受講していただけます。国内の全国はもちろん、海外在住の人でも、東大生のリアルタイム相互型授業が受けられます。

オンライン型は、運営としても固定費等がかなり少ないので、他の家庭教師や個別指導に比較して、かなり安い価格で東大生の授業をリアルタイムで受けて頂くことが可能です。

圧倒的な実績が出ています

完全個別指導なので、「出来ない」「わからない」から「出来る」「わかる」の経験を通じた勉強法で、勉強計画なども含め一緒に勉強していきます。 家庭学習の勉強に関してもサポートさせていただきます。

そのために、これまでの受講生の実績を見ると、合格率88%、次の定期テストで22.5点上昇などの圧倒的実績が出ています。次は、あなたのお子様の番です。

トウコベの入会金、料金、教材費は

トウコベの入会金は19,800円、授業料は月額9,900円~となっています。教材費、サービス料、交通費、解約費など、入会金と授業料以外の費用は一切かかりません。

実際に小学生で学んでいるお子様の月額料金は、2万円~3万円程度となっている場合が多いようです。東大生の家庭教師の値段としては、かなりリーズナブルだと思います。

トウコベの評判は

まず、小学生の受講者からトウコベに寄せられた口コミをご紹介します。

口コミ
トウコベに入る前は塾の算数で躓き、塾の授業でも分からない所が残り、それが授業ごとに溜まっていっていました。そのせいで勉強もつまらなく、塾の順位が落ちていって悪循環にはまっていました。

トウコベで毎週分からないところを潰し、毎週の授業を完璧に理解できるようになったおかげで勉強が楽しくなりました!!最後は入試本番の点数も上がって志望校に合格できました!

(引用: トウコベ公式サイト

次に、ネット上などに掲載されているほぼすべての口コミや評判に目を通して、同様の内容を集約して箇条書きにまとめたものをご紹介します。

良い口コミや評判は、下記の通りです。

  • 最初に面談した人も、実際に指導してくれた人も良い人だった
  • 生徒に親身になって寄り添ってくれる
  • 東大生なので受験や勉強の進め方に詳しい
  • 勉強の仕方、成績を伸ばす方法、テストのコツなどすべて教えてもらった
  • オンラインなので板書を毎回PDFで送ってくれる
  • 毎回授業の振り返りが送られてくるので子供とコミュニュケーションを取れる
  • LINEでいろいろと相談できるのは心強い
  • 授業日程の自由度の高さなど、利便性が高いため、忙しくても続けられる
  • 先生が東大生なので子供が目を輝かせて勉強するようになった
  • 東大生のほうがプロ講師より質が高いと断言できる

否定的な口コミは1つも見つかりませんでした。「先生が親身に相談に乗ってくれる」など、『親身』と記載された口コミがとても多いのが特徴的でした。

まとめ

今回は、東大生の効率的な勉強法に焦点を当てて、ご説明しました。僕の周りにも東大卒は多いのですが、いろいろ調べてみると、やはり東大生の勉強法には共通点があるようでした。

もちろん、本質的な部分では共通していますが、各々が自分流に工夫を凝らして勉強法を開発していることがよくわかりました。そして、本質的な部分は決して特別なことではなく、基本的なことばかりでした。

また、東大生の勉強法は、幼少の頃から蓄積して身に付けたものであり、小学生までは親が全面的に協力していたことが明らかになりました。例えば、東大生は物心がついた頃から親によく本を読んでもらっており、読書が大好きな人が多いです。

また、小学生から塾に通っていたり、家庭教師から学んでいた人が大半なのですが、それも親が塾選びや家庭教師選びをして、学ばせてくれたのです。やはり小学生までの勉強には、親の全面的なバックアップが大切ですね。

今回の記事では、 全ての講師が現役の東大生もしくは東京大学大学院というオンライン個別指導「トウコベ」 をご紹介しました。現役の東大生から勉強方法を教えてもらうという貴重な体験を、ぜひあなたのお子様にもさせてあげてください。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、トウコベ公式サイト をクリックしてご覧ください。

-幼児教室・子供教室