水泳教室

幼児教室・子供教室

幼児、小学生など子供向けスポーツ教室!ティップネス・キッズ、東京、名古屋、大阪など

幼児、小学生などを子供向けスポーツ教室に通わせたほうが良い理由。そして、スイミングスクール、体育・体操、ダンスなどの種目があるティップネス・キッズをご紹介します。東京、名古屋、大阪などに店舗を展開しています。

幼児、小学生など子供向けスポーツ教室!

ゴールデンエイジとは何のこと?幼児、小学生などを子供向けスポーツ教室に通わせたほうがよい理由は何でしょうか。

体操をする子供

ゴールデンエイジとは

子供の成長に関して調べていると、ゴールデンエイジという言葉が出てきます。どのような意味なのでしょうか?ゴールデンエイジとは、ひとことで言えば、子供の身体能力、運動能力が著しく発達する時期のことです。

このゴールデンエイジの期間に、子供に様々な運動をさせることによって、脳にある神経が刺激されて、脳の発達や身体の発達を促すのです。ゴールデンエイジは、子供の一生の中で、唯一の限られた貴重な期間なのです。

個人差はありますが、一般に、下記の期間がゴールデンエイジに該当します。

  • プレゴールデンエイジ:4歳~8歳頃
  • ゴールデンエイジ:9歳~12歳頃

プレゴールデンエイジも含めて、4~5歳頃から12歳頃までをゴールデンエイジと総称する人もいます

幼児、小学生などを子供向けスポーツ教室に通わせたほうが良い理由

幼児、小学生などを子供向けスポーツ教室に通わせたほうが良い理由について解説します。

身体と脳の適正な成長を促す

幼児、小学生は、先にご説明したプレゴールデンエイジ、ゴールデンエイジに該当するので、この時期にスポーツ教室に通わせることで、脳の神経に刺激を与えて、身体と脳の適正な成長を促すことに役立ちます。

MC-JAPAN
ハーバード大学医学部のジョン・J・レイティ博士は、「運動が、脳の神経細胞であるニューロンを増やす、神経結合を増やして認知能力を高める、感情や思考などを司る神経伝達物質を分泌するといった効果をもたらす」と語っています。

この研究結果に基づいて、アメリカのカリフォルニア州で行われた調査でも、体力テストの成績と学業成績には相関関係が見られるという結果が得られたとのことです。脳科学の観点から見ても、ゴールデンエイジに運動をさせることは非常に重要です。

スポーツの習慣が身に付く

スポーツは、ゴールデンエイジの期間を過ぎても、身体の健康を保つために必要です。現代は、高齢化社会と言われていますが、高齢者になっても寝たきりにならないためには、日常生活に適度なスポーツを取り入れることが大切です。

幼児、小学生の頃にスポーツ教室に通って、準備運動からクールダウンまで、正しいスポーツの方法を習っておくと、一生の財産になります。幼少時に体幹を鍛えておくことで、野球やサッカーなど、どんなスポーツにも対応できるようになります。

スポーツの習慣が身に付くことで、バランス感覚も養われ、ケガをしにくい丈夫な身体になることができます。そして、その習慣を長く、できれば一生涯続けられる土台を築くことができます。

努力の大切さと達成感を学べる

スポーツは結果が目に見える形で生じます。例えば、飛び箱を飛ぶというスポーツでは、何段まで飛べたかが明確になります。敵と味方に分かれて、勝敗を競うスポーツも多いです。

自分だけできなかったり、勝負に負けたりしたときは、悔しさを感じます。良い意味でライバルと競うことで、努力の大切さを学びます。そして、努力の結果、できるようになったり、勝負に勝ったりしたときには達成感を味わいます。

MC-JAPAN
僕は、教育においては、良い意味で『競わせる』ということが、ものすごく大切だと考えています。競うからこそ、自分の強みや弱みが明確になって、努力するモチベーションを生み出すからです。

そのモチベーションこそが、人間を進化させるのです。その意味で、スポーツの『競う』という要素は、とても重要だと思います。

礼儀や協調性が身に付く

スポーツの『競争』は、一定のルールのもとに行われます。これもとても大事な点です。公正なルールのもとで競うからこそ、努力する意義が生まれるのです。勝敗を競うスポーツでも、相手を敬う気持ちを忘れてはいけません。

スポーツ教室に通わせることで、礼儀や協調性を身に付けることができます。個人スポーツでも、順番を守ったり、礼儀正しく振舞ったりすることを教えられます。集団スポーツでは、さらに協調性の重要性を強く教えられます。

体育の成績が向上する

幼児や小学生だと、スポーツが得意な子供は、周囲から評価されます。逆にスポーツが苦手な子供は、自信を失いがちな傾向があります。本来の教育は、スポーツが苦手な子には手を差し伸べて、苦手な部分を克服させて自信をつけさせるように指導すべきです。

しかし、学校ではクラスの人数も多いことから、スポーツが苦手な子に対して一人ずつきめ細かく指導する体制にはなっていません。スポーツ教室に通うことで、正しいやり方を身に付け、苦手な部分を克服して得意に変える効果が期待できます。

スポーツが得意になると、周囲の評価も高まり、体育の成績も向上するという良い結果が得られます。

ティップネス・キッズ、東京、名古屋、大阪など

今回の記事では、幼児、小学生など子供向けスポーツ教室のティップネス・キッズをご紹介したいと思います。

ティップネス・キッズとは

ティップネス・キッズは、総合フィットネスクラブ、ティップネスの「キッズ・スクール」です。0歳~15歳までを対象にした運動スクールとなります。身体育成と児童心理の両理論と経験に即した科学的なプログラムで、フィットネスとアビリティを実現しています。

ティップネス・キッズを運営しているのは、株式会社ティップネスという会社です。本社は東京都港区三田にあります。創立は1986年10月です。老舗のスポーツ教室になります。主な株主は、日本テレビホールディングス株式会社です。

「健康で快適な生活文化の提案と提供」を企業理念に掲げて、全国に169店舗(総合型59店舗、24時間ジム110店舗)、受託施設(指定管理含む)14施設を運営しています。(※ティップネス・キッズを実施している店舗については後述します。)

ティップネス・キッズのプログラム

ティップネス・キッズには、下記のようなプログラムがあります。

・スイミング ・体育、体操 ・ダンス ・武道 ・球技 ・知育

教室によって、実施しているプログラムの種類や内容が異なります。詳細は、ティップネス・キッズ をクリックしてご確認ください。

ティップネス・キッズの「約束」

ティップネス・キッズでは、スポーツ教育において、下記の約束を掲げています。

能力の力

  1. 仲間と協力するチカラ
  2. 自分自身で決定するチカラ
  3. 仲間から学びとるチカラ
  4. 目標に向けてがんばることのできるチカラ
  5. 自分自身をコントロールするチカラ

意志のチカラ

  1. 正しいことを実行するココロ
  2. やらなければならないことを認識し、やりとげるココロ
  3. 仲間を思いやるココロ
  4. ありがとうと思えるココロ
  5. 仲間を敬うココロ

行動の習慣

  1. 規則正しい毎日を過ごす
  2. ルールを守る
  3. あいさつをする
  4. 話を聴く
  5. 自分から学ぶ

ティップネス・キッズの「3つの安心」と「3つの安全」

ティップネス・キッズはお客さまからの信頼を第一に考え、お子さまを安心して預けていただけるサービスと、徹底した安全管理のもと、スクールの運営に取り組んでいます。

3つの安心

  1. 年齢に合わせた最適なカリキュラム
  2. 資質とスキルを兼ね備えたスタッフ
  3. 子どもが親しみやすい良質なサービス

3つの安全

  1. 万全のコロナ対策
  2. 安全で使い勝手のよい環境、
  3. 細部まで行き届いた安全基準"

ティップネス・キッズは東京、名古屋、大阪などに展開

ティップネス・キッズの店舗は、執筆時点で、東京(23区内)、東京(その他)、神奈川、千葉、埼玉、群馬、東海(浜松、藤枝)、中京(名古屋、江南)、関西(大阪、兵庫)に、23店舗展開しています。

店舗の詳細をお知りになりたい方は、ティップネス・キッズ をクリックしてご確認ください。

まとめ

幼児、小学生はスポーツをするのに極めて重要な時期です。4歳頃から8歳頃までのプレゴールデンエイジ、9歳頃から12歳頃までのゴールデンエイジは、子供の身体能力、運動能力が著しく発達する時期です。

幼児、小学生を子供向けスポーツ教室に通わせる最大の理由は、この時期にスポーツをさせることで、脳の神経に刺激を与えて、身体と脳の適正な成長を促すことに役立つからです。

今回の記事では、「5つの約束」「3つの安全、安心」など、教育面や安全面も重視した、子供向けのスポーツ教室、ティップス・キッズをご紹介しました。各教室では、体験・見学を実施していますので、少しでも関心のある方は、参加してみることをおすすめします。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、ティップネス・キッズ をクリックしてご覧ください。

-幼児教室・子供教室