野菜

幼児・子供関連情報

子供野菜嫌いの理由は何か?解決策は?野菜22種配合「ALOBABY for kidsこども青汁」のおすすめ

子供が野菜嫌いで食べてくれないと悩んでいるママは多いと思います。でも、子供が野菜嫌いの理由はなぜなのでしょうか?解決策はあるのでしょうか?この記事では子供の野菜嫌いを解決する最良の方法をご説明します。

子供野菜嫌いの理由は何か?解決策は?

野菜嫌い

子供になぜ野菜が必要なのでしょうか?子供が野菜嫌いの理由は何なのでしょうか?効果的な解決策はあるのでしょうか?そもそも論から考えてみます。

子供になぜ野菜が必要なのか?

子供に何とか野菜を食べさせたいと思っているママは多いのですが、そもそも、なぜ子供に野菜を食べさせなければならないのでしょうか。ここからご説明していきます。

ひとことで言えば、子供の成長のためには、「栄養バランス」が必要だからです。でも、これだけでは分かりにくいので、もう少し詳しくご説明しましょう。

「ドべネックの桶」理論

まずドイツの科学者リービッヒが唱えた植物の生育に関する理論をご紹介します。「ドべネックの桶」という有名な理論です。まず、植物の成長を水を満たした木桶に例えます。

桶は均等の長さの板をたてにして組み合わせて作られています。もし、1枚でも短い板があれば、その高さまでしか水は入らず、そこを越えると水は流れ出てしまいます。

栄養素は板と同じだと考えます。つまり、成長するには多くの栄養素を取らなければならないのですが、1つでも不足すると、他の栄養素をいくら取っても、不足した栄養素のところまでしか成長しないという理論です。

5大栄養素

「炭水化物」「たんぱく質」「ビタミン」「ミネラル」「脂質」を5大栄養素といいます。厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準(2020年版)」によると、3歳から5歳の1日の摂取推奨量は下記のようになっています。数値では分かりにくいと思いますが、この年齢の子供にとっては、かなり大変な量です。

炭水化物
たんぱく質 30g/日
ビタミンA 400μgRAE/日
ビタミンC 60mg/日
ミネラル(カルシウム) 600mg/日
脂質
■ たんぱく質

脳や体の材料となる「たんぱく質」は、約20種類のアミノ酸で構成されています。体内で作ることができない必須アミノ酸と、体内で作られる非必須アミノ酸に分けられます。必須アミノ酸は、毎日の食事で取らなければなりません。

タンパク質が不足すると、体力、免疫力、思考力が低下して体全体の機能に影響を及ぼします。脳の一部はたんぱく質からできていて、常に新陳代謝で細胞が生まれ変わっています。

たんぱく質は脳内で情報を伝える神経伝達物質の材料にもなるため、アミノ酸をバランスよく取ることが脳の発達に必要なのです。

■ ビタミン

ビタミンは体内で作ることもできますが、必要な量に満たないために、主に食事から取る必要があります。ビタミンは、炭水化物、たんぱく質、脂質が体内でスムーズに代謝吸収されるために必要な栄養素であり、体全体の調子を整えます。

ビタミンは、脳内で神経伝達物資の合成や神経細胞の生成にも関わっています。特に、ビタミンA・C・Eは、脳細胞にも含まれており、脳を活性化するDHAなどの脂質の参加を防ぐ働きもします。

■ ミネラル

鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、ヨウ素などのミネラルは、体内では作ることができないので、食事から取る必要があります。ミネラルは体をつくる材料であると共に、体の役割を整える役割があります。

特に、カルシウムは、子供が発育する過程で、骨や歯を作る重要な役割を担っています。カルシウムは、授乳中は母乳やミルクから十分に取れているのですが、1歳を過ぎて幼児期以降になると不足する傾向があるので、注意することが大切です。

また、鉄分は体中に酸素を運ぶ赤血球の主成分であり、血液中のヘモグロビンを作る働きがあります。鉄分が不足すると、脳への酸素や栄養補給にも影響を及ぼします。脳神経の発達の遅れは、知能だけでなく運動機能にも悪影響を与えます。

ポイント

野菜は、ビタミンやミネラルを採取する重要な栄養源です。したがって、野菜不足になると、ビタミンやミネラルが不足するばかりでなく、「ドべネックの桶」理論により、他の栄養素を十分に取っても、子供の成長に影響が出てしまいます。

子供が野菜嫌いの理由と解決策

子供が野菜嫌いな理由と、その解決策についてご説明します。

子供が野菜嫌いの理由

子供が野菜嫌いの理由は、実はとてもシンプルです。野菜の苦み、えぐみ、酸味が苦手だからです。子供の味覚は大人よりもかなり敏感なのです。人間が味を感じるのは、味蕾(ミライ)があるからです。味蕾は、舌や軟口蓋にある食べ物の味を感じる小さな器官です。

味蕾は大人では10,000個くらいあります。生まれたときも10,000個ぐらいなのですが、成長するにつれて10歳頃には17,000から18,000個くらに増えていきます。そして、また段々減っていって、20歳になると10,000個に減少します。

子供が野菜嫌いな理由は、この味蕾が増えて、味覚が敏感になるからです。野菜の苦み、えぐみ、酸味は、大人にとっては嫌いと思うほどの味ではないのですが、子供にとっては、強烈に感じて嫌いと思うくらいの味なのです。

野菜嫌いの解決策

子供の野菜嫌いに対する解決策を考えてみましょう。1つは、野菜そのものを変えてみることです。どういうことでしょうか。じつは、最近の市販されている野菜は、農薬や肥料が大量に使われているため、野菜本来の味が失われ、苦味、えぐみ、酸味が強まっているのです。

したがって、オーガニック野菜に変えてみると、それでもだめという子供もいますが、野菜本来の味がするので、子供が食べるようになったという話もよく聞きます。

もう1つは、調理法を変えることです。野菜を細かく刻んで目立たないようにして、ハンバーグやカレーなど、子供の好きな料理に混ぜる方法です。敏感に嗅ぎ分ける子供もいますが、あまり気にならなくなって食べる子供もいます。

野菜22種配合「ALOBABY for kidsこども青汁」のおすすめ

オーガニック野菜を取り寄せることも、細かく刻んで好きな料理に混ぜる方法も、とても手数がかかる割に、それでも食べないという場合もあります。そこで、ご提案したのが、手間がかからずとても簡単で、確実に野菜を取れる方法です。

それが、先輩ママから選ばれたNo.1ブランドのALOBABY(アロベビー)から2020年10月に新発売の「ALOBABY for kids こども青汁」です。

信頼できるブランドの製品

アロベビーは、ベビースキンケアにおいて楽天・AmazonNo.1、ペアレンティングアワード、マザーズセレクション大賞も受賞しているNO1ブランドです。だから、この製品はとても信頼ができます。

商品開発のこだわり

国産野菜22種(100%国産・農薬不使用の大麦若葉含む)配合 。子どもの成長応援成分(カルシウム/鉄、DHA/EPA、乳酸菌/ビフィズス菌)トータル配合 。信頼の国産であり、無添加クオリティ(人工保存料・合成着色料・化学調味料不使用)です。

子供がおいしく飲める青汁

青汁には、依然として「苦い・まずい」イメージが根強いです。 子どもが飲めるおいしさかどうか、味への懸念が強いママもいるかもしれません。そんなママの心配を払拭するために、子どもが進んで飲んでくれるおいしさを調査で追求しました。その結果、高評価の甘みのあるおいしいりんご味になっています。

まとめ

子どもの野菜嫌いに悩んでいるママが多く、子どもに野菜を食べさせなければという意識が高いものの、実際には、 3~5歳の子供の1日の野菜摂取平均量は、摂取目安量の40%も不足していることが分かっています。

いろいろ工夫してみても、野菜嫌いがなおらない、と時間が過ぎていっては、成長に必要な栄養素が不足して、後から取り返しがつかなくなります。

野菜嫌いの改善策はいくつかありますが、なかなか決め手にはなりません。最も簡単で確実に野菜の栄養素を摂取できる、「ALOBABY for kids こども青汁」を飲ませてみることをおすすめします。

幼児教育によって子供の知能を高めることは、とても重要ですが、その前提として、脳と体を健やかに成長させることは、もっと重要です。健全な脳と体がなければ、学習しても十分な効果が発揮できないからです。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、【ALOBABY for kids こども青汁】 をクリックしてご覧下さい。

-幼児・子供関連情報