子供脱毛

幼児・子供関連情報

子供脱毛は本当に必要?やるなら安心なサロンで!

あなたは子供の脱毛を考えたことがありますか?「え?まったく考えたことはない。子供に脱毛なんて必要?」と驚かれた方もいるでしょう。その一方で「子供の脱毛を検討しているけれど、本当に大丈夫なのか心配?」という方もいるでしょう。この記事は、子供脱毛の注意点、そしてやるなら、どんなサロンがおすすめなのかについてご紹介したいと思います。

子供脱毛は本当に必要なのか?その理由を探る

子供脱毛1

子供の脱毛を実施した親子は、口を閉ざして、そのことを他人に話さない傾向があります。だから、周りで誰もやっていないから、知らなかったというご両親が多いのです。

しかし、実際には、子供脱毛(キッズ脱毛)のニーズは強く、実施する子供も着実に増えてきています。その理由は、脱毛の理由が大人とは違って、美しくなりたいというよりは、恥ずかしいからという理由が多いからです。

そして、もう一つ。脱毛の技術が進化しており、子供でも安心して脱毛ができる脱毛サロンの店数が増えているからです。

子供の頃は、周囲の子と少しでも違う点があると、からかわれたり、いじめられたりすることが多いのです。特に、肌の色が黒いとか、毛深いなど、容姿に関することについては、容赦なく攻撃されます。

そんなことをさせないために教育があるというのは正論です。しかし、残念ながら子供同士はそんなことお構いなしです。ある意味、子供のほうが大人より残酷な一面があります。

たとえ軽い気持ちでからかったとしても、言われたほうは、心に傷を負い、すべてに自信を失って孤立してしまうというケースはよく見られます。

幼い頃に、心のダメージを受けると、そこから立ち直るのには、多大な時間と労力がかかります。可能であれば、マイナス要素は取り除いてあげたい。これが子供の脱毛を決意するご両親の気持ちであり、脱毛をする理由です。

子供脱毛はどんな子がやっているのか?

バレー教室

それでは、実際にどんな子が脱毛をやっているのでしょうか。調べてみると、いろいろなきっかけがあって、子供脱毛の実施に踏み切ったということがわかりました。代表的な例についてご説明します。

生まれつき毛深い子

人間には個人差があります。成長が早い子と遅い子、背が高い子と低い子、いろいろです。本来は個々に違って当たり前であり、何の問題もありません。でも、大人になったら忘れてしまうくらいのことでも、小さい子供は違います。

ほんの少し毛深いだけでも、ワキ毛が少しだけ早く生えてきただけでも、自分の身体が周りの子供と違うと感じるだけで、ものすごく不安になります。ストレスに押しつぶされそうになるのです。

子供本人も、ご両親も、子供脱毛を実施した理由の筆頭にあげられるのは、生まれつき毛深い子です。周りから、少しでも指摘されたら、強い動機になります。

習い事で肌を露出する機会が多い子

習い事がきっかけで、子供脱毛を実施したという親子も多いです。例えば水泳。プールに入って泳ぐときは、水着になりますので、肌を露出せざるをえません。そうすると、嫌でも他人と自分を比べることになりなります。

子供本人だけでなく、付き添って見学しているご両親も、他の子供に比べると自分の子供のほうが、毛が濃いのではないかと気になります。子供が恥ずかしがって、プールに行きたくないなどと言い始めたら、強い動機になります。

また、バレエやダンスなど、発表会がある習い事でも、衣装を着たときに、少しでも美しく見せたいという親心が働きます。周囲に子供脱毛した子がいたら、実際にはそれほど毛深いわけではなくても、ツルツルにしてあげたい、美しくしてあげたいという動機が作用します。

脱毛に理解を示す親がいる子

今はママになってもファッションに気を配る人が増えています。親子でお揃いの服を着るケースも多いです。お揃いのノースリーブを着せたときなど、子供の毛が気になってきます。

このようなママに育てられた子供は、子供本人もファッションに強い関心を持つ傾向があります。小さい頃からSNSでモデルの子供の服をチェックしていますから、自分と比較して、モデルの子のほうがツルツルで美しいなどと、気になっているのです。

ファッショナブルなママは自分もエステサロンで脱毛しているので、親子の感性が一致して、子供の脱毛をするのに抵抗が少ないのです。このように、子供脱毛に理解を示す親がいると、スムーズに進みます。

以上のように、子供脱毛をするには、理由があります。特に、お子様が真剣に悩んでいるのならば、脱毛をさせてあげたほうが良いと思います。「確かに、自分もそう思う。でも、本当に安全で大丈夫なの?」

このような疑問が残ったままというご両親もいらっしゃることでしょう。この疑問には、これからお答えしたいと思います。

子供脱毛は安心なサロンを選んで実施して下さい

子供脱毛に関しておすすめのサロンがあるので、ご紹介したいと思います。サロンの名称は、「Dione(ディオーネ)」と言います。子供脱毛体験をやっていますが、「中学3年生までの女の子」と「小学校3年生までの男の子」が対象です。なぜおすすめしたいのか、その理由を5つに絞ってご説明します。

全国120店舗の実績がある

「Dione(ディオーネ)」は、全国に120店舗を展開するエステサロンです。数がすべてではありませんが、子供脱毛の実績が多く信頼できます。創業当時から、大人の脱毛とキッズ脱毛を2本柱として実施してきた歴史があります。

それゆえ、業界関係者の中でも、キッズ脱毛なら「Dione(ディオーネ)」と言われるほど定評があるエステサロンです。

ほぼ痛みを感じない

「Dione(ディオーネ)」の最大の特徴は、痛くない脱毛、肌ダメージゼロで脱毛できる低温処理の「ハイパースキン脱毛」です。詳しい脱毛方法は、ディオーネ の公式サイトをご覧いただきたいと思います。

「ハイパースキン脱毛」の機器は、もともと自分の娘さんのために開発したことが発端とのことです。お子様の脱毛の最大の壁は「痛み」にあるとのことですので、ほぼ痛みを感じないというのは、大きなメリットです。

「Dione(ディオーネ)」のキャッチフレーズは、「3歳からの脱毛体験」ですから、「痛みのなさ」と「肌を傷めない」という点については、本当に自信があるのです。

安心のドクターサポートがある

「Dione(ディオーネ)」は、脱毛エステサロンとして、ドクターサポート保険と提携し、安全で安心な環境を整えて、お客様へサービスを提供しています。

保護者の体験もできる

保護者が体験できるシステムとなっています。最初に保護者が体験してみて、それから子供脱毛についてのカウンセリングを受けます。親としての疑問点をすべて解消した上で、お子様の脱毛を実施します。

予約が取れるペースが速い

脱毛エステでは、2~3カ月ごとの予約が一般的ですが、「ハイパースキン脱毛」では、肌の負担が少ないので、通常1カ月、最短で2週間でお手入れできます。他社の2倍のペースで進められるので、ムダ毛の悩み解消のスピードが速いことも特徴です。

子供脱毛をするときの注意点

脱毛まとめ

最後に、子供脱毛をするときの注意点についてご説明しておきたいと思います。子供脱毛は大人の脱毛とは異なる点もあるので、その点を十分に検討した上で、行うようにしてください。

金銭的な負担がある

子供脱毛だからといって、必ずしも料金が安いわけではありません。安心できる脱毛サロンで行えば、ある程度の金銭的な負担は覚悟する必要があります。子供脱毛では親も同伴することが義務付けられていますので、親体験割引や家族割引などの特典を活用してください。

また、小さい頃に脱毛をしても、再びムダ毛が生えてくる可能性もあります。成長の過程でホルモンバランスが変化するので、新しい毛根が生まれる可能性は否定できないからです。

どのような脱毛でも、必ずしも一度で終わるわけではないので、その点も含めて考えておくことが必要です。

脱毛の部位を慎重に選ぶ必要がある

子供脱毛は、幼児では腕と膝を含む膝下が多いです。もう少し大きくなると、腕、足、ワキの脱毛が多いです。年齢に応じて、最も気になるこの部分のみで留めるのか、もっと他の部位まで広げるのか、お子様ともよく話し合って決めることが必要です。

どうせやるなら全身脱毛してしまうというのもありですが、部位によっては脱毛に慎重になる必要があります。腕、足、ワキなどは大人になっても、多分、脱毛してあっても問題になりません。

しかし、中学生くらいでデリケートゾーンの毛をすべて除去してしまうと、成人した頃に世の中の風潮が変わり、後悔するかもしれまん。

スキンケアを念入りにする必要がある

子供脱毛では、できる限り肌のダメージが少ない方法を選ぶことが大切です。しかし、意外に忘れがちなのが、脱毛する前の肌のお手入れです。肌の状況を整えてからお手入れをしてもらうほうがスムーズにできることは確かです。

特に、お子様の場合は、大人に比べて日焼けに無防備なことが多く、真っ黒に日焼けしてしまうことがあります。紫外線を浴びると肌が痛むので、このような状態にならないように、ご両親が注意してあげてください。

また、脱毛の終了後もスキンケアをきちんとしたほうが良いです。脱毛に成功しても、元の肌の状態によっては、多少のダメージを受けていることもあります。

さらに、脱毛後に、肌の状態を美しく保たなければ意味がありません。肌をよい状態に保つのは、脱毛だけではないことを念頭に置いておくことが大切です。

まとめ

子供の脱毛は、お子様が少しでも悩んでいたら、実施したほうがよいと思います。なぜならば、幼い頃の心の傷は、大人が考える以上に影響が大きく、いつまでもダメージを引きずる可能性があるからです。お子様の悩みをよく聞いてあげて、親子で話し合って決めて下さい。

子供脱毛に関しては、大人の脱毛以上に慎重に、脱毛サロンを選んであげてください。疑問点はすべて聞いてみて、納得してから実施することが大切です。

ポイント

この記事でご紹介したサロンのサイト情報をご紹介しておきます。詳細は、【キッズ脱毛ディオーネ】 をクリックしてご覧ください。

-幼児・子供関連情報

© 2020 幼児教育で子供の知能を高める