子供バレエ教室

幼児教室・子供教室

子供バレエ教室レッスン衣装は?イーバレリーナ通販でレオタード、バレエシューズが買える

子供をバレエ教室に通わせたいパパとママ。レッスン衣装や用品は何が必要なんでしょうか?発表会やコンクールのときは?安心して下さい。イーバレリーナ通販で、レオタード、バレエシューズなど必要なものが揃います。

子供バレエ教室レッスン衣装は?

子供をバレエ教室に通わせたいけれど、色々な準備が必要なのではないかと心配しているパパとママ。レッスン衣装など必要なものをご説明します。

バレエレッスン

レッスン衣装で絶対に必要なものは3つだけ

クラシックバレエにあまり馴染みがないパパやママは、子供がバレエ教室に通うとなると、何か大事が始まるような気がして身構えてしまいます。しかし、バレエ教室に通ってレッスンを受けるために絶対に必要なものは下記の3つだけです。

  • レオタード
  • タイツ
  • バレシューズ

それ以外には、髪をまとめるためのシニンセット(コーム・ジェル・スプレー・ピンなど)があるとよいです。

レッスン衣装の選び方

バレエ教室に通うときのレッスン衣装の選び方についてご説明します。

バレエ教室のルールに従う

バレエレッスンの衣装は、バレエ教室ごとにルールが異なります。したがって、体験レッスンを経て、習うことが決まったら、先生からその教室のルールを細かく聞いて、そのルールに従うようにします。

レオタードの選び方

レオタードに関しては、まったく自由な教室、色だけ自由で形が決まっている教室、色も形も決まっている教室などに分かれます。色に関してはイメージがわくと思いますが、形についてもう少し詳しくご説明します。

レオタードの形は、大きく分けて「スカート付き」と「スカートなし」の2種類に分かれます。練習中に体のラインがよく見えないという理由から、教室によっては、スカート付きを禁止している場合があります。

また、スカート付きでもよいが、シンプルなデザインのみ可能という教室もあります。スカートの有無については、教室の指示に従うようにします。

スカート以外の要素では、肩部分のデザインによって幾つかの型があります。具体的には、キャミソール(肩ひも)、半袖、タンクタイプ、長袖タイプのものがあります。これについても、教室の指示に従うようにします。

自分で自由に選べるのであれば、できる限り子供の好きな形のものを選んであげればよいと思います。人気があるのは、腕を動かしやすいことや、体のラインが見えやすいなどの理由によりキャミソール型のレオタードです。

自分で選ぶ際に注意すべき点は、2点あります。1つは脱ぎ着がしやすくてトイレに行きやすいものを選びます。もう1つは、キャミソール型の場合、肩ひもがずり落ちにくいものを選びます。

タイツの選び方

タイツに関しては、メーカーと色番を指定している教室もありますが、比較的、自由に選べることも多いです。タイツ選びでいちばん重要な点は、サイズです。子供はどんどん成長していくので、常に身体に最適なサイズのタイツを着用するようにします。

また、伸縮性が高いと動きやすいので、できるだけ伸縮性のあるものを選びます。タイツにも種類があります。最もよく使われるのが、つま先まで隠れる「フウタータイツ」です。足の裏部分に穴が開いている「コンバーチブルタイツ(通称:穴あきタイツ)」もあります。

それ以外には、足首までの「トレンカタイツ」、腰から足首まである「フットレスタイツ」、足首から下だけの「バレエソックス」があります。

通常は、「フウタータイツ」を使うことが多いです。トウシューズを履いた際、足先のケアをしやすいように、練習では「フットレスタイツ」をはく場合もあります。

念のために、申し上げておきますが、防寒用のタイツや、お遊戯会用の白タイツなどは厚くてバレエには適しませんから、必ずバレエ用のタイツをはかせるようにして下さい。

バレエシューズの選び方

バレエシューズに関しては、比較的、自由に選べることが多いです。ただし、ソール部分はフルソール とスプリットソールの2種類があり、初心者は足裏の感覚をつかむためにフルソールで始めるとよいなど機能的な要素がありますので、この点に関しては先生の指示にしたがってください。

ちなみに、フルソールとは靴底の革が一枚でつながっているものであり、スプリットソールとは靴底の革が前と後ろ2枚に分かれているものです。

バレエシューズを選ぶときもいちばん重要な点はサイズです。通常の靴よりも0.5cmくらい大きめのものを選ぶようにします。これがジャストサイズです。子供は成長するからといって、間違ってもこれより大きいシューズを選んではいけません。

バレエシューズの素材には、布製、革製、つま先部分のみ革製のものがあります。布製は足指で床を感じやすく、革製は耐久性に優れています。初心者は布製を選ぶことが多いです。すこし上達すると、つま先部分のみ革製のシューズも使われます。

バレエシューズのゴムはクロスになったものと、上履きのような一本ゴムのものとありますが、小さいお子様には一本ゴムがはきやすいのでおすすめです。

発表会やコンクールの衣装はどうする

発表会衣装

発表会やコンクールの衣装は、バレエ教室の先生が指定した衣装を用意します。レンタルを利用する場合多いです。舞台用のショーツやタイツも新しいものを用意する必要があります。

例えば、バレーシューズは普段の練習ではキャンバス地のものを使用していても、発表会にはサテン地のものを用意するなど、すべて普段よりも少しグレードを高めた新しいものを用意します。

発表会には、衣装以外にもメイクが必要となります。メイク道具もレンタルすることができます。必要に応じて、プロのメイクさんにお願いすることも多いです。少し豪華なシニョンセットも忘れずに用意しておきます。

イーバレリーナ通販でレオタード、バレエシューズが買える

レオタード、タイツ、バレエシューズなどをどこで購入したらよいのだろか?と思っているママのために、イーバレリーナという通販サイトをご紹介しておきます。

イーバレリーナとは

イーバレリーナは、バレエの先生もおすすめする、質が高くて可愛いバレエ用品をお手頃価格で販売している通販サイトです。バレエ業界でいちばん安心して注文できるネットショップを目指しているとのことです。

イーバレリーナの特徴

イーバレリーナの特徴について、公式サイトから引用してご説明します。

ファッション性だけでなく、踊りやすいバレエ用品

イーバレリーナは、いつもバレエ教室の意見を聞きながら、「レオタードはラインが見えるもの、タイツは伸縮性のあるもの」など、現場のニーズに合った「踊りやすいバレエ用品」を仕入れる努力を積み重ねてきました。

さらに数々の大舞台で活躍しているモデルの方も、当店の商品を愛用しており、その意見も取り入れています。

全国のバレエ教室のユニフォームに指定

現在、全国50箇所以上のバレエ教室からご注文を頂いています。特に、当店のレオタードは、バレエ教室の指定ユニフォームとしても、よく使われています。お陰様で、バレエをやっている方の中で、イーバレリーナは、有名なんです。

安くて信頼できる海外の仕入先を開拓

お客様に長くバレエを続けていただきたいので、できるだけ負担にならない価格で、商品を提供したいと考えています。そのために、日々、海外を飛び回り、安くて質の良い仕入先を開拓しています。

バレエ経験スタッフによる検品と使用保証サービス

もちろん、安くても質はしっかり維持するため、検品も徹底して行なっています。その徹底ぶりに、仕入れ先から驚かれてしまうことも。さらに万が一のトラブルに備え、7日間〜30日間の使用保証も用意していますので、安心してご利用頂けます。

(引用:バレエショップの【eBallerina(イーバレリーナ)】

イーバレリーナのサービス内容

イーバレリーナのサービス内容についてご説明します。

バレーシューズ

バレエ経験のある専門スタッフが電話対応を行っています

初めてバレエを習う方は分からないことや不安な点が色々ありますが、イーバレリーナでは、バレエ経験のある専門スタッフが電話対応を行なっているので、安心して相談して頂けます。

サイズ交換を完全無料で行っています

購入した商品のサイズや色が合わなかった場合、初回のみ往復送料無料で、交換を行なっています。交換商品は先送りしているので、お客様から大変ご好評を頂いています。

全商品7日間使用保証を行っています

全商品ご使用後7日間以内に不具合が生じた際には、無償で交換いたします。タイツとショーツは30日間の使用保証を行なっています。

まとめ

お子様が生まれたらクラシックバレエを習わせたいと、ずっと思っていたパパやママも多いかと思います。また、お子様自身がクラシックバレエに憧れて、習いたいという場合もあるかと思います。

習い事の中で人気のあるバレエ教室ですが、何となくハードルが高いように感じているのではないでしょうか?その大きな要素が、レッスン衣装や発表会用の衣装などがわからないという不安です。

この記事では、お子様を初めてバレエ教室に通わせるパパとママのために、絶対に必要なものである、レオタード、タイツ、バレーシューズの選び方をご説明しました。

でも、実際にはどこで購入すればよいの?という方のために、イーバレリーナというバレエ用品の通販サイトもご紹介させていただきました。いろいろ役立つ情報も掲載されているサイトなので、ぜひ一度、ご覧になってみることをおすすめします。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、バレエショップの【eBallerina(イーバレリーナ)】をクリックしてご覧ください。

-幼児教室・子供教室