子供の写真撮影

幼児・子供関連情報 生活情報

子供の写真を形に残す7つのメリット!あなたはアルバム派、それともフォトブック派?

子供の写真を撮影したら、できる限り紙ベースで形に残しておきましょう。それにはメリットがいっぱいあります。紙ベースで残すには、アルバムで残す方法とフォトブックで残す方法があります。あなたはどちらを選びますか?

子供の写真を形に残す7つのメリット!

子供の写真はできるだけ多く撮影して、想い出をたくさん記録に残しましょう。子育ての最中は忙しくて毎日を過ごすだけで精一杯だと思いますが、いざ子供が成長して振り返ると、かけがえのない時間はあっという間に過ぎ去ってしまったと実感するからです。

そして、撮影した子供の写真は、できる限りフォトブックやアルバムなどで形に残しておきましょう。最近は、ほとんどデジタルで撮影していると思いますが、写真は紙ベースで形に残すことで、メリットがいっぱい得られます。

親子の絆が強まる

子供の写真を時系列に並べることで、成長記録を確認することができます。子供自身がまだ記憶にない赤ちゃんの頃から、両親に可愛がって育てられたこともよくわかり、親子の絆が強まります。

想い出がすぐに蘇る

子供の写真をテーマごとにまとめることで、誕生日パーティーや入学式など、楽しかった想い出がすぐに蘇ります。写真を見ることで、時間が巻き戻ったように、その時の気持ちに戻れます。また、写真に写っている友達などを見て、改めて楽しかった時間を想い出します。

子供の感性を育むことができる

写真は画像ですから、一瞬を切り取ったものです。季節の花が映っていたり、動物園の象が映っていたり、いろいろな物が映っています。それらを見ることで、子供の感性を育むことができます。時には、子供自身が写した写真があると、子供ならではの感性を感じることができます。

祖父母などに喜んでもらえる

子供の写真を紙ベースで残すと、祖父母が遊びにきたときに、すぐに見せることができます。孫の可愛い姿を見せると、とても喜んでもらえます。遠くに住んでいる場合は、フォトブックやアルバムを送ることで、デジタルが苦手な祖父母でもすぐに見てもらうことが可能です。

飾るといつでも見れる

フォトブックやアルバムの中で、特に気に入った写真は大きくプリントしましょう。おしゃれな額やフォトスタンドに入れて飾ると、日常生活の中でいつでもお気に入りの写真を見ることができます。欧米人は家中に写真を飾っている家庭が多いです。

媒体が変わっても安全に残せる

写真を紙ベースで残すことは、アナログ的な方法だからこそ、半永久に残すことができます。デジタルは便利ですが、頻繁にメディアやフォーマットが変わって、すぐに使えなくなります。紙は千年以上ほぼ不変で、半永久に残すことが可能なのです。

写真を客観的に見れて撮影が上手くなる

フォトブックやアルバムで残すことで、写真をより客観的に見ることができます。それにより、自分の撮影方法の下手さや、アングルの間違いなどに気づかされることがよくあります。客観的に見ることで写真撮影を改善することができ、段々上手になっていきます。

あなたはアルバム派、それともフォトブック派?

アルバム

先ほどから写真を紙ベースで残す方法として、フォトブックやアルバムで残すとご説明しています。アルバムは昔ながらの方法で、写真を1枚ずつプリントアウトして、アルバムの台紙に貼っていくやり方です。

遊園地の入場券や想い出をメモ書きにしたものなどを、写真と一緒に貼れるというメリットがあります。家族全員でアルバムを作ることが楽しいので、アルバムで残したいというパパとママも多いでしょう。

それに対して、フォトブックは写真をプリントアウトしなくてもスマホなどから直接、注文して作成してもらうことができます。「フォトブックって何?」という人もいるかと思います。

フォトブックとは、ひとことで言えば、オリジナルの写真集です。文字通り、写真の本です。アルバムとフォトブックの各々のメリットを整理しておきます。

アルバムのメリット

アルバムを作成することのメリットは、下記の通りです。

手作りの楽しさがある

アルバムは1枚ずつ台紙に写真を貼っていくので、まさしく手作りの1品ものです。家族みなで話合いながら、どこにどの写真を貼ろうか話し合ったり、想い出をメモ書きにして挟んだり、可愛いシールを貼ったり、手作りならではの楽しさがあります。

入場券やパンフレットも貼れる

遊園地や観光地の入場券やパンフレット、街歩きしたとこの地図、さらには入学式の式次第など、写真以外の想い出の品も、一緒に貼ることができます。これはアルバムの大きなメリットです。

写真を貼り替えることができる

手作りのアルバムだからこそ、後から簡単に写真を貼り替えたり、追加したりすることができます。例えば、後から出てきた写真や、友達にもらった写真に貼り替えたり、追加したりすることも簡単にできてしまいます。

フォトブックのメリット

フォトブックを作成することのメリットは、下記の通りです。

表紙や体裁が美しい

フォトブックにも色々な種類がありますが、本格的なものは、市販の写真集のように表紙や体裁が立派で美しく作ることができます。また、きちんと製本されていますから、丈夫で長持ちすることもメリットです。

手間をかけずに作成できる

アルバムが自分で1枚ずつ貼っていくのに対して、フォトブックはパソコンやスマホで写真とレイアウトなどを選んで発注するだけで、制作会社に作成してもらうことができます。ほとんど手間がかかりません

同じものを複数作成できる

アルバムは手作りですのでオンリーワンですが、フォトブックは製本なので、何冊でも注文した数だけ作成することが可能です。それゆえ、祖父母や親戚などに子供の成長記録をプレゼントすることができます。

まとめ

子供の写真をたくさんとって、紙ベースで形に残しておきましょう。紙ベースで残すことによって、たくさんのメリットが得られます。紙ベースに残す方法には、アルバムで残す方法と、フォトブックで残す方法があります。

それぞれにメリットがありますが、最近では手間をかけずに美しく作成でき、さらに同じものを複数作成できるフォトブックが人気を集めています。フォトブックには簡易的なものから本格的なものまでありますが、できれば本格的なフォトブックで残したほうがよいでしょう。

どこに頼んだらよいかわからないという人は、本格的なフォトブックを作成してくれる「パーフェクトフォト」に依頼するとよいでしょう。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、 パーフェクトフォトの公式サイト をクリックしてご覧ください。

-幼児・子供関連情報, 生活情報