スポーツ遺伝子検査

幼児・子供関連情報

子供に向いているスポーツ種目を選ぶ!遺伝子スポーツ検査エクササイズジュニアがおすすめ

イチローが野球を始めたのも、福原愛が卓球を始めたのも3歳です。一流選手になるには、早期育成が不可欠です。最近では、遺伝子スポーツ検査で子供に向いているスポーツ種目がわかるようになりました。早期育成の重要性とスポーツ検査についてご説明します。

子供に向いているスポーツ種目を選ぶ!

スポーツ種目

このサイトでは、幼児教育について情報発信しています。0歳から英語を聞かせ始めて、幼児になったら本格的に早期教育を行うことを推奨しています。そして、そのための教育方法などについて情報発信しています。

基本的には、超難関の中高一貫校から超難関大学に入り、海外留学を経て、好きな仕事で成功することをイメージして記事を書いています。知能を高める、成績をあげる方法がメインとなります。

MC-JAPAN
僕の周りにはこのような人が多いのですが、好きな仕事で成功を収めた人は、幼少の頃から進学塾に通うなど、親がきちんとコースに乗せて育ててくれたという人が大半です。子供の選択肢を増やし、好きな仕事で成功を収めるには、そのための方法があるということです。

しかし、人には個性があり、人間の能力も多岐にわたっています。例えば、スポーツ、音楽、絵画などです。子供が将来、幸せになるためには、必ずしも勉強を究めるだけでなく、他の分野で好きなことを仕事にして成功するという道もあると思います。

一流のスポーツ選手も早期教育を受けている

勉強に関して早期教育を否定する人がいますが、絶対に間違いだと思います。赤ちゃんにも能力があり、脳は早期に成長しますから、能力を開花させるためには、一刻でも早くから教育を行うことが重要なのです。

さて、今回の記事では、勉強ではなく、スポーツについて考えてみたいと思います。勉強よりもスポーツのほうが好きで向いているという子供もたくさんいるからです。幸せになるには、好きなことで成功することがいちばんです。

一流のスポーツ選手が何歳からその種目を始めたのか調べてみました。例えば、野球のイチロー選手が初めてバットとボールを持ったのは、3歳の頃です。そして、本格的に野球を始めたのは、小学校年3年生で、この時に地元のスポーツ少年団に入ったとのことです。それからは、毎日、親子で練習に励み続けてきたのです。

ゴルフの石川遼は、6歳の頃に、父親に連れられてゴルフ練習場に行ったのをきっかけに、ゴルフにのめりこんだと語っています。それからは、毎日、ゴルフの練習を続けてきたのです。知らない大人に混じって、頻繁にコースを回ったとも語っています。

卓球の福原愛が卓球を始めたのは、3歳のときです。当時、10歳年上の兄が卓球を始めたので、家族全員が兄に付きっきりで練習場にいることが多くなったそうです。自分も両親に構ってもらおうと思って、卓球の練習を始めたと語っています。

ここにあげた3人は特に有名ですが、それ以外の多くの一流選手も、大半の選手が子供の頃から練習に励んで、一流選手へとたどり着いているのです。

勉強の早期教育が極めて重要であるのと同じく、スポーツ分野でも一流になるためには、早期教育が不可欠であることがわかります。

子供に向いている種目を早く見極める

これまでの一流選手の中には、好きな種目を偶然に選んで早期教育を受けてきた人が多いと思います。人間の能力は無限なので、努力と研鑽を積めば、どんな成功でも成し遂げられると信じたい気持ちがあります。

しかし、順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科 スポーツ健康医科学研究所 先任准教授の福典之先生によると、「運動能力の66%は遺伝要因で決まる」という衝撃的な研究結果があるとのことです。

短距離種目を例にあげて、「遺伝子がXX型の人はどんなにトレーニングを積んでも100m走で10秒4~5という記録が限界」というデータがあると述べています。「この遺伝子の選手は、どんなに頑張ってもオリンピックの標準記録に達しない」ということになるとも述べています。

詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧になってください。

DNA
人間の知能はどこまで遺伝で決まるのか?!

人間の知能は生まれつき決まっているのか、それとも努力で高まるのか?知りたいと思っている人が多いことでしょう。最近、科学的にかなり解明されてきました。この記事を読んでいただくと、答えがはっきりわかります ...

続きを見る

遺伝子研究にはまだ未知なこともあるので、研究が進めばさらに新たな事実が現れるかもしれませんが、少なくとも現段階の研究で、人間の能力に関して遺伝要因が大きな影響力を持っていることは確かなようです。

現代の科学では、遺伝子を検査することが可能です。せっかく遺伝子検査ができるようになったので、子供の遺伝子を検査して、遺伝要因から見て得意な種目を選んで、スポーツの早期教育をやらせることにより、成功する確率を高めるべきであると考えます。

遺伝子スポーツ検査エクササイズジュニアがおすすめ

遺伝子検査を行っている会社はいくつかありますが、今回はその中で、子供の運動能力に関する遺伝子検査を行っているエクササイズジュニア(DNA EXERCISE Jr.)をご紹介したいと思います。

エクササイズジュニアの特徴

エクササイズジュニアは、お子様の筋肉のタイプ(速筋タイプや遅筋タイプ)など、運動に関する遺伝子を検査し、向いている運動種目、効果的なトレーニングをご提案するというサービスです。

3種類の遺伝子を検査します

エクササイズジュニアでは、ACTN3遺伝子(筋線維バランス判定)、ACE遺伝子(血管収縮能判定)、PRARGC1A遺伝子(エネルギー産生力判定)の3種類の遺伝子を検査します。

生まれ持った筋タイプを調べることは、自分にあった運動種目やトレーニング方法を見つけるために活かすことができます。また、血管収縮能やエネルギー産生力に関する遺伝子も調べることで、効果的なトレーニングや怪我などのリスクを減らすことができます。

自社での解析をします

検査はグループ会社である(イービーエス)で行っているので、試料や情報の取扱いに関しては安心です。情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格である「ISO27001」を取得。登録衛生検査所の登録。

CPIGI認定の取得(2016年6月1日、経産省と連携し制定されたCPIGI自主基準を遵守した、健全・適正なサービスであると認定されました。)

検査結果に基づき具体的なアドバイスをします

エクササイズジュニアでは、「検査結果」だけでなく、遺伝子タイプに合った「種目例やトレーニング方法」「トレーニングを支える食事・栄養」などについて、具体的なアドバイスを行っています。

エクササイズジュニアをお勧すすめしたい方

エクササイズジュニアの遺伝子スポーツ検査をおすすめしたい方は、下記のような方です。

  • お子様を一流のスポーツ選手に育てたい
  • お子様の得意なスポーツを見つけたい
  • スポーツを上達させるためにどんな練習が合っているか知りたい
  • 何かスポーツをさせたいけど、何が良いか分からない

まとめ

勉強で超難関大学を目指すためには幼児からの早期教育が必要です。それと全く同じく、スポーツで一流選手を目指すためにも早期教育が必要です。現在は遺伝子検査ができる時代なので、遺伝子検査により最適な種目を選んだり、練習方法を選んだりすることが可能です。

遺伝子検査というと難しく感じますが、実際にはごく簡単です。遺伝子検査キットに付属の綿棒をつかって、口の中の粘膜を採取して郵送するだけ。面倒なことや痛い思いをすることは一切ありません。

検査結果がでたら、ご自宅のパソコンやスマートフォンで検査結果や、アドバイス等をいつでもご確認することができます。これだけの検査を、わずか7,000円(税抜)で行うことができます。ちなみに送料は無料です。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、遺伝子スポーツ検査のエクササイズジュニアをクリックしてご覧ください。

-幼児・子供関連情報

© 2020 幼児教育で子供の知能を高める