オンライン英語学習

幼児教室・子供教室 英語教育

反転学習オンライン英語で子供に効果!小学生英語教室ニューワールドイングリッシュの口コミ

反転学習とは?反転授業とは?反転学習を取り入れたオンライン英語は子供に効果があるって本当でしょうか?この記事では、小学生英語教室ニューワールドイングリッシュ(NeWorld)について、口コミを含めてご紹介します。

反転学習オンライン英語で子供に効果!

反転学習とは?反転授業と同じ?反転学習をオンライン英語学習に取り入れると子供に効果がある理由などについてご説明します。

反転学習

反転授業とは

反転学習を理解するためには、反転授業からご説明したほうがわかりやすいので、この順番でご説明させていただきたいと思います。反転授業は、英語で「the flipped classroom」とか「the inverted classroom」言います。

「flipped」は「ひっくり返った」という意味の形容詞であり、「inverted」は「反転した」という意味の形容詞です。そして、「classroom」は「教室、授業」という意味の名詞です。

反転授業という用語と概念が広まったのは、ジョナサン・バーグマン, アーロン・サムズが執筆した「反転授業(Flip your classroom)」という本が話題を集めたからです。

ジョナサン・バーグマン(Jonathan Bergmann)は、中学校と高校の科学の教師であり、30年以上、教育に携わっています。アーロン・サムズも同じく、科学の教師であり、2人は共同で反転授業の実践とその効果の検証に取り組んだのです。

反転授業とは、説明型の講義など基本学習を宿題として事前に学習してきて、学校の授業では、個別指導やプロジェクト学習などで知識の定着や応用力の育成を行うという授業方法のことです。つまり、従来の教え方を反転したスタイルとなります。

反転授業は2,000年頃からアメリカで注目されて、導入した学校も数多くあります。日本でも、2012年頃に導入されて、文部科学省でも学校教育に取り入れるように推奨しています。

反転学習とは

反転学習は、ジョナサン・バーグマンとアーロン・サムズが反転授業の次に出版した著書の名前です。英語のタイトルは「flipped learning」です。

反転授業と何が違うのかというと、反転授業で行っていた個別指導もできるだけ事前学習に移して、授業ではグループで問題解決に当たったり、プロジェクト研究により、創造的かつ主体的に学びの内容に取り組んでいく教育に重点を移そうという点です。

例えて言えば、反転授業とは個別指導塾のようなイメージであり、反転学習とは共同研究のようなイメージです。ジョナサン・バーグマンとアーロン・サムズは両者の違いを明確に説明しており、学術的には厳密に区別しようとしているようです。

しかし、実際の教育現場では、この両方の概念が厳密に区別されておらず、両者はほぼ同義語として使われています。この記事のタイトル及びここから先のご説明では、反転授業も反転学習も同義語として扱い、反転学習という用語に統一してご説明していきたいと思います。

反転学習が効果がある理由

ジョナサン・バーグマンとアーロン・サムズが取り組んだ反転学習では、確実に効果があったと述べられています。そして、反転学習が非常に注目を集めており、大きな効果をあげている背景には、オンライン学習のシステムが整ったことがあります。

反転学習の効果が上がるは、主に下記の理由からだと考えられます。

  • 事前学習は自分のペースで学習できるので時間を効率的に使える
  • オンライン教材は繰り返し視聴できるので、理解するまで学習できる
  • 優秀な生徒は集団授業でムダな講義を聴く時間が省略できる

もちろん、オンライン教材では理解できなかった生徒には、先生からの個別フォローが必要なことは言うまでもありません。

反転学習はオンライン英語で子供に最適な学習方法

反転学習は、オンライン英語で子供が学習するのに、最適な学習法だと思います。その主な理由は、下記の通りです。

  • 英語はいちばん繰り返しが必要な科目だから
  • 基本知識は、自分で動画を見て学べるから
  • 先生とはスピーキングに重点を置く必要があるから

英会話が上達するためには、アウトプットすなわちスピーキングの時間を増やすことが必要です。しかし、事前学習が整っていないまま授業に臨むと、いちばん重要な話す時間が十分に確保できないでまま終わってしまうことが多いのです。

事前学習をしっかりやって、基本知識を身に付けてから授業に臨めば、先生と円滑に会話を進めることができます。その意味で、子供の英語学習に、オンライン学習で、なおかつ反転学習を取り入れるやり方は、理にかなった学習方法だと思います。

小学生英語教室ニューワールドイングリッシュの口コミ

今回の記事では、小学生をを対象としたコースが豊富で、反転学習を取り入れているオンライン英会話スクール、ニューワールドイングリッシュ(NeWorld)をご紹介したいと思います。

ニューワールドイングリッシュの概要

ニューワールドイングリッシュ(NeWorld)は、宮城県仙台市に本社がある株式会社Rad Edが運営しています。設立は2019年3月です。代表者は、クロネル・ローラ・マリーさんというニューヨーク出身のアメリカ人です。

代表自身がベテランのネイティブ講師で、教材の監修や講師のトレーニングに直接関わっています。4つの英語教室の運営、オンラインスクール、カリキュラム作成、英語教材の作成、学習参考書の出版、講師の育成などの仕事をしています。

Laura Cronellさん

ニューワールドイングリッシュの特徴

ニューワールドイングリッシュ(NeWorld)の特徴についてご説明します。

アメリカ人が代表の英会話スクールです

いまご説明した通り、ニューワールドイングリッシュ(NeWorld)は、アメリカ人が代表を務める英会話スクールです。そして、その代表が運営のほぼすべてに直接関わっているので、ネイティブの正確な英語が学べます。

反転学習(Flipped Learning)を導入しています

ニューワールドイングリッシュ(NeWorld)は、反転学習を導入したカリキュラムで学べます。この点が、このスクールをご紹介した最大の理由です。具体的には、英語習得には必須の予習復習が、動画を活用する事で少ない負担でできます。

動画で学習ポイントを事前に学ぶため、実際のレッスンではアウトプット(話すこと)に集中できます。だから、英会話が短期間でどんどん上達します。

小学生対応のコースが豊富に揃っています

ニューワールドイングリッシュ(NeWorld)は、幼児(4歳)から大人までを対象としているのですが、特に小学生対応のコースが豊富に揃っている点が特徴となっています。アルファベットの学習から、英語を通して科学について学ぶレベルまで、コースを用意しています。

動画を活用したコースはこれからもどんどん追加されます。お子様を対象としたコースは、下記の通りです。

  • 親子で学ぶ英会話コース【全22回】:4~7歳のお子様と保護者
  • 基本単語200コース:4歳~小学生
  • Phonics(フォニックス)コース【12回】:4歳~小学生まで
  • Let’s Go 1コース【22回】:小学校低学年から中学年まで
  • Let’s Go 1 ワークブックコース【22回】:小学校低学年から中学年まで
  • 初級Flipped Learningコース:小学校低学年から中学年まで
  • お子様向け Conversation Topic コース:Let’s Go 1コースレベルのお子様か
  • 基礎文法 コース 【22回】:小学校低学年から高学年まで
  • Story Time コース【21回】:小学校低学年から中学年
  • リーディング & 文法 コース【20回】:小学校中学年から高学年(英語を学習して2〜3年目の小学生)
  • CLILコース:小学校高学年から中学生
  • 中学生コース:中学生以上
  • Woman in history:中学生以上

各コースの詳しい内容については、【NeWorld English】 をクリックしてご確認ください。

ニューワールドイングリッシュの口コミ

ネット上などに掲載されているほぼすべての口コミや評判に目を通して、同様の内容のものを集約して箇条書きにまとめたものをご紹介します。

良い口コミや評判は、下記の通りです。

  • 予習動画を見て準備できるので、レッスンに不安を感じない
  • 動画時間は長すぎず短すぎず、イラストを駆使していて分かりやすい
  • 1レッスンの時間が20分と短いのでスキマ時間でも学べる
  • 先生は予習前提なので英語のトータルの勉強時間が増えた
  • 先生が柔軟で自分の苦手なところを重点学習することができる
  • クラスノートを先生が記入してくれるので楽しみ
  • 子供が科学に関する内容を英語で学ぶレッスンを喜んでいた
  • 料金の安いオンライン英会話だと思う
  • GoogleハングアウトはSkypeより使いやすいと感じた

否定的な口コミや評判は、下記の通りです。

  • 授業の時間が短すぎるので、もう10分長くして欲しい
  • 予約システムが他のスクールに比べて使いにくく感じる
  • Skypeに慣れているので、Googleハングアウトは使いにくかった
  • 時間当たりの費用は高いのではないかと思う

全体には、良い口コミや評判が多かった印象です。面白いのは、否定的な口コミや評判の内容が、ほぼすべて、逆に良いと評価する意見があったことです。例えば、同じ20分という授業時間でも、適切と感じる人も、短すぎると感じる人もいるんですね。

やっぱり、実際に自分で試してみなければ、本当に自分にあっているかどうかわからないということが、はっきりしました。

まとめ

ニューワールドイングリッシュ(NeWorld)は、いま新たな学習方法として注目を集めている反転学習(Flipped Learning)をいち早く導入している点が最大の特徴です。さすがに代表がアメリカ人なので、取り組みが速いですね。

また、もうひとつの特徴は、小学生に対応したプログラムが豊富な点です。まったく初めて習う子供から、ある程度の英語力を身に付けている子供まで、レベルに合わせたカリキュラムで指導してくれます。

先ほども述べたのですが、何事も実際に自分で試してみなければ、本当に自分にあっているかどうかは分かりません。ニューワールドイングリッシュ(NeWorld)は、無料体験を実施しているので、幼児や小学生のお子様がいるご家庭は、まずは試してみるのがよいと思います。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、【NeWorld English】 をクリックしてご覧ください。

-幼児教室・子供教室, 英語教育