家庭教師

幼児・子供関連情報

勉強嫌いな子の原因と対策!勉強嫌いに特化した家庭教師がんば!関東、甲信越、東北限定です

うちの子は勉強嫌いで困ると悩んでいるパパとママ。その原因と対策についてご説明します。さらに、関東、甲信越、東北限定ですが、勉強嫌いな子の対策に特化した家庭教師の会社がありますので、その会社もご紹介します。

勉強嫌いな子の原因と対策

勉強嫌いな子

ゲームは好きだけれど、勉強は嫌いという子が多いと思います。なぜ勉強嫌いになるのか。その原因と対策をご説明します。

勉強嫌いな子になる10の原因

勉強の内容がわからない

勉強嫌いな子になってしまう最大の原因は、勉強の内容がわからないからです。中にはまったくわからないという子もいます。わからないことを続けさせられるから、ますます嫌いになるのです。

勉強嫌いの子供の中でも、特に算数が苦手で嫌いという子が多いです。その理由は、算数は抽象的な概念を扱うことと、知識を積み上げて難易度があがっていくために、最初につまづくと、それが後々まで尾を引くからです。

勉強しても成果がでない

勉強嫌いな子になる2番目の原因が、勉強しても成果が出ないからです。特に、長時間の勉強をして、頑張ったという意識があるのに成績がそれに伴って上がらないとがっかりして、やる気がなくなってしまいます。

その結果、勉強嫌いになるのです。勉強に限らないのですが、どんなに努力しても成果があがらないと、モチベーションが持続しないことは仕方がないことです。この理由で勉強嫌いになる子も多いです。

勉強をする意味がわからない

勉強をする意味がわからないから勉強が嫌いだという子もいると思います。多くの場合、それは言い訳に使われています。本当は、勉強の内容がよく分からないとか、勉強を一生懸命やったのに成果があがらないから、この言葉が出てくるのです。

口では勉強をする意味がわからないと言いながらも、本当は勉強は必要だし、勉強しなければいけないと思っているのです。それでも勉強できない自分がいるので、そのギャップに苦しんで、勉強嫌いが進行していくのです。

勉強がつまらない

勉強がつまらないというのも、勉強嫌いの原因となります。これには2通りの要因が考えられます。1つは、先にあげた勉強内容がわからないから、つまらないという場合です。そして、もう1つは、勉強内容が簡単すぎてつまらないという場合です。

後者は、幼児の頃から勉強を続けてきたために、学校の勉強が簡単すぎるように見えて、勉強をする興味を失っていくケースです。このように、勉強が詰まらないという原因には、両極端の場合があるのです。

勉強のやり方がわからない

勉強のやり方がわからないという原因は、勉強の内容がわからないと、勉強をしても成果があがらないという2大原因とつながっています。心の奥底には、何とか勉強の内容をわかるようになりたい、成績をあげたいという思いはあるのです。

でも、実際にいざ勉強をしようと思っても、何から手をつけてよいかわからなくて、結局、勉強に関することは何もしたくなくなり、勉強そのものが嫌いになるという結果になってしまうのです。

親や先生から勉強を強制される

勉強は、本来、自主的にやるものです。自分が疑問に思ったことや関心のあることを学び調べるから面白くなるのです。それなのに、親や先生が口さえ開けば「勉強しなさい」と言うので、嫌気がさして勉強が嫌いになるのです。

勉強に限らず、どんなことでも常に強制されてやらされると、やる気はどんどん失われていくものです。勉強しないから強制する、強制されるから勉強が嫌いになる。このような負の連鎖に陥っているケースも多いのです。

ほかの子供と比べられて怒られる

勉強イコール怒られるという図式を持っている子供も多いです。自分では頑張っているつもりでも、成績に反映されないと、結果だけ見て怒られるからです。周りから見ると、それほど勉強していないのにいつも成績が良い子がいます。

このような子と頑張っているつもりの自分を比べられて、自分だけが怒られることに理不尽を感じます。このような状況が続くと、どんどん勉強嫌いな子になっていくのです。

学校や先生が嫌い

学校は優等生にとっては過ごしやすい場所ですが、あまり勉強ができない子にとっては、決して楽しい場所ではありません。先生や周囲の子どもたちからスポットライトを当てられるのは、いつも優等生の子供です。

そこに多少のいじめなどが加わると、学校が嫌い、先生が嫌いとなってきます。その環境の中で行う勉強は、もっと嫌いとなります。学校にも行きたくないのに、勉強を好きになれというのは無理な話です。

勉強以外にやりたいことがある

勉強ができないわけでもないし、それほど嫌いというわけでもないのですが、ゲームやサッカー、野球など、勉強以外にやりたいことがあると、そちらを優先したいという気持ちが強くなります。

このような状況のときに、勉強をやりなさいと言われると、勉強がゲームやサッカーなどの障害に感じてきます。好きな事を妨げている勉強がだんだん嫌いになってくるのです。

習い事が多くて疲れている

勉強がそれほど嫌なわけではないけれど、他の習い事もたくさん抱えていて、疲れているために勉強に取り組む意欲がわかないというケースがあります。それでも、勉強はノルマになっているので、やりなさいと言われます。

勉強をやらなければという思いが強いほど、それができない自分が辛くなります。さらに追い打ちをかけるように、勉強をやるように言われるのです。こんな状況が続くと、徐々に勉強が嫌いになっていきます。

勉強嫌いになるのを防ぐ対策

勉強が嫌いな子になる原因を突き詰めて考えていくと、解決策は下記の3つに集約できることがわかります。

勉強のやり方を改善して内容を理解できるようにする

勉強嫌いになる最大の原因は、「勉強の内容がわからない」と「勉強しても成果が出ない」の2つです。これを防ぐためには、勉強のやり方を改善して、勉強の内容がわかるようにして、それが成果に結びつくようにしてあげることです。

そのためには、子供が勉強のどこがわからないのか、つまずいた箇所を突き止めなければなりません。いったん、わかるところまで戻って、そこから一緒にやり直すことがポイントとなります。まさに、急がば回れです。

親は勉強の過程をほめて結果だけで怒らないようにする

親は子供をよく観察してあげることが大切です。子供に限らず、モチベーションを高めるためには、物事の過程を見てあげて、過程を頑張っていればほめてあげることです。結果だけを見て怒ったり、ほめたりしてもだめなのです。

人生は努力しても報われないことはたくさんあります。それでも、さらに頑張り続けていれば、報われる可能性が高くなることも事実です。子供の頃から、それを教えるのです。頑張り続けることが価値があるということを教育してください。

時間管理により計画的に勉強をできるようにする

親は子供と一緒に、納得できるルール作りをする必要があります。例えば、ゲームをする時間と勉強する時間を明確に分けること。習い事が多すぎる場合は、優先順位をつけて整理することもやらなければなりません。

また、ルール作りをする上で、注意すべき点は、親は子供に後ろ姿を見せて教育するということです。自らは深夜まで大声で笑いながらテレビを見たり、ユーチューブを見たりしていながら、子供にだけ時間管理を求めては、逆効果になります。

勉強嫌いに特化した家庭教師がんば

子供が勉強嫌いになるのを防ぐためには、プロの力を借りる方法もあります。特に、最大の原因である「勉強の内容がわからない」と「勉強しても成果が出ない」の2点に関しては、勉強を教えるプロに協力を求めるのが良いと思います。

今回は、そのためのプロとして、勉強嫌いに特化した「家庭教師がんば」をご紹介したいと思います。

家庭教師がんばの特徴

なぜ「家庭教師がんば」をご紹介するのか、その3つの理由についてご説明します。

1日15分で「楽しく」「わかりやすく」自分にぴったりのやり方を教えます

「家庭教師がんば」は、勉強嫌いに特化していますので、たくさんの勉強嫌いな子を改善してきました。その実績を踏まえて、「勉強嫌いな子」に「本当に成果の出る勉強法」を教えることができます。とにかく簡単にできるやり方です。できるだけ短時間で効率よく(1日15分)学ぶことがポイントです。

どんなに小さな「つまずき」や「苦手」も残しません

「家庭教師がんば」には、約11万6千人ほどの家庭教師の登録者がいます。だから、お子様と相性ピッタリの家庭教師をご紹介することができます。「わからないと気楽に言える」、「わかるまで何度も聞ける」をモットーに、どんな小さな「つまずき」や「苦手」も残しません。

必要な時に、十分な情報やサポートをします

「家庭教師がんば」は、塾と家庭教師の良いとこ取りをしています。勉強はもちろん、気持ち面の両面からも自信をもってサポートできます。さらに、過去問分析レポートや受験ガイド、小論文対策、ニュースレター等、お悩みサポートや成績UPサポートで支援します。

ご要望に応じたプランを用意しています

「家庭教師がんば」では、ご要望に応じた様々なプランを用意しています。下記に一例をご紹介します。

  • テスト対策用に3時間集中講座
  • 苦手克服!たっぷり12時間特訓コース
  • 母子家庭応援プラン
  • 兄弟・姉妹・お友達2人同時指導で指導料約半額

お得で安心な料金です

「家庭教師がんば」では、先生の大学名や生徒の学年が上がると指導料が高くなることはありません。どの先生を選んでも、小学生は1コマ(30分)、1,000円(税込)です。これ以外に一切、費用はかかりません。

基本的にご家庭の近くか、先生の定期の範囲内でご紹介させて頂きますので、その場合、交通費はかかりません。ただ、お子様との相性などを考えた場合、定期範囲外の家庭教師をご紹介させていただく場合もあります。その時には実費(片道250円程度です)のご負担をお願いしています。

5教科補習、苦手克服、受験指導など、どんな場合でも料金は同じです。指導回数や時間を自由に選べます。遅い時間や土日もOKです。定期テストの前など、指導回数や時間を増やすこともできます。また、お子様とピッタリの先生が見つかるまで何度も無料で交代できます。

指導料のお支払は、家庭教師に直接手渡しになります(月末の指導日にその月にかかった料金をお渡しください)。振込みに行くなどの面倒はありません。

関東、甲信越、東北限定です

「家庭教師がんば」には、1つだけ残念なことがあります。それは、執筆時点では、関東、甲信越、東北限定のサービスとなることです。他のエリアでも受けられるようになる可能性もありますので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、家庭教師のがんば、無料体験レッスン をクリックしてご覧ください。

-幼児・子供関連情報

© 2020 幼児教育で子供の知能を高める