DNA

脳の構造

人間の知能はどこまで遺伝で決まるのか?!

人間の知能は生まれつき決まっているのか、それとも努力で高まるのか?知りたいと思っている人が多いことでしょう。最近、科学的にかなり解明されてきました。この記事を読んでいただくと、答えがはっきりわかります。

スポーツにおける運動能力と遺伝の関係

スポーツDNA

人間の能力は遺伝によって決まるのではないか?漠然とそう思っている人は多いのではないでしょうか。例えば、サッカー選手に関しても、同じ少年サッカークラブに通い、同じ指導を受けていても、能力の差が生じることは明らかです。

練習量の差?それもあるかもしれません。しかし、練習量の差だけでは説明できない、「個人の能力の格差」が厳然と存在していることは、非常によく見られる現象です。

医学とスポーツの研究で有名な、順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科 スポーツ健康医科学研究所 先任准教授の福典之先生は、運動能力と遺伝の関係について、下記のように述べられております。

ポイント

運動能力と遺伝の関係については、1970年代から欧州でおこなわれている「双子研究」が知られており、最近も「運動能力の66%は遺伝要因で決まる」という研究成果が報告されました。(引用:「アスリート必見!運動能力と遺伝はどこまで関連するのか?」

上記のサイトには、専門用語が数多く使われて説明されており、素人の方にはやや難解な文章が綴られていますが、その中でも、特に興味深い点を取り上げてご紹介します。

ポイント

「αアクチニン3遺伝子」にはRR型、RX型、XX型の3種類があります。RR型とRX型を持つ人は瞬発系の能力に優れ、速い短距離選手になれる可能性が高い一方、XX型の人はどんなにトレーニングを積んでも100m走で10秒4~5という記録が限界というデータがあります。2016年リオデジャネイロ・オリンピックの男子参加標準記録は10秒16。つまり、RR型やRX型が必ずしも標準記録を切れるわけではありませんが、少なくともXX型の選手は100m走でオリンピックに出場がかなわないことがわかります。(引用:同上)

遺伝子から能力の限界が分かるということが、ここまではっきりと語られている点に、衝撃を覚えます。

もう1つ興味深いと思った点は下記の記述です。

ポイント

ちなみに本人が希望するのであれば、遺伝子型を知り、自分に合った競技種目を選んでいくことも可能な時代です。遺伝子型がわかれば、それに合うトレーニング方法を勧めることもできるからです。(・・・中略・・・)今、私が高校時代の自分にアドバイスすることができたら、「長距離を選ぶな。400mか800mに転向しろ」と迷わず言うでしょう。中距離種目なら、もっといい成績を残せた可能性があるからです。トップアスリートを目指す若者に、私のような競技のミスマッチを経験してほしくない。(引用:同上)

遺伝子検査をすれば、自分に適した競技種目を選べるし、それに合うトレーニング方法もわかるという点は、とても重要な点です。

学習における知能と遺伝の関係

知能DNA

スポーツにおいては、才能は遺伝で決まるという事実が、比較的、容易に受け入れられているのですが、こと学習における知能に生まれながらの格差があるという事実は、これまであまり受け入れられてきませんでした。

学校でも努力して勉強すれば、誰でも同じように頭が良くなるという前提のもとに、先生にそう言い聞かされて教育が行われてきました。誰も、頭の良さ、つまり知能は、遺伝で決まってしまうとは教えてくれず、このことはタブー視されてきたのです。

エジソンが語った「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」という言葉も、世間では、「99%の努力のほうが大切である」と曲解されて伝わってきました。本当は、逆の意味だったのです。下記の文章をご覧になって下さい。

ポイント

一般にエジソンは「ひらめきが1%しかなくとも99%努力すれば天才になれる」と言ったと思われているが、彼の真意は「1%のひらめきがなければ99%の努力は徒労だ」ということだったという(引用:浜田和幸『快人エジソン-鬼才は21世紀に甦る』(日経ビジネス人文庫))

エジソンは、本当は「才能こそが重要であり、才能かなければ努力は無意味だ」と語ったのであり、僕もこれこそが真理だと思います。才能がない分野で努力を重ねても無駄に終わってしまうのです。

ただし、才能があっても、努力をして開花させなければ、成功しないこともまた真実です。つまり、子供の才能を発見して、才能のある分野で、その才能を育てるのが親の役割だということです。教育や学習も大切なのです。

最近では、知能と遺伝の関係についても、正論を言う人が増えてきています。その代表格である、應義塾大学教授 行動遺伝学 教育心理学専攻の安藤 寿康先生は、著書の中で、次のように語っています。

ポイント

青年期のIQの個人差は、遺伝54%、共有環境19%、非共有環境27%によってつくられているということがわかります。(引用:「日本人の9割が知らない遺伝の真実」SB新書)


詳細は上記の画像をクリックしてアマゾンでご覧ください

ここで、共有環境とは、「家族のメンバーを似させようとする環境」、非共有環境とは、「家族のメンバーを異ならせようとする環境」のことを意味します。詳しくは、上記の本をご覧ください。

いずれにしても、知能についても、54%が遺伝で決まるという事実が明確に語られています。ちなみに、知能と遺伝の研究も、スポーツの研究と同じく、一卵性双生児の研究から判明した結果となっています。

「子ども能力遺伝子検査」で生まれながらの才能を知ろう

子ども能力遺伝子検査

「子ども遺伝子検査」は自宅で簡単に実施できます。

ここまでご覧になったご両親は、ご自分のお子様の「遺伝子検査」に興味があるのではないでしょうか。実は、最近の科学の発達により、お子様の「遺伝子検査」が、自宅に居ながら簡単にできるようになったのです。遺伝子検査は、次の3ステップで実施できます。

  • 第1ステップ「検査キットが届く」お申込み後、ご自宅に検体検査キットが届きます。
  • 第2ステップ「検体採取」専用の綿棒で口腔内細胞を採取。痛みがなく簡単です。
  • 第3ステップ「返送する」ご返送いただきます。指定の配送業者が集荷に伺います。

ご返送いただいたら、30~60日後に解析結果がお手元に届きます。

子ども能力遺伝子検査で何がわかるのか

子ども能力遺伝子検査では、お子さまが生まれながらにしてどんな能力を持っているかを遺伝子から解析します。Genom(ゲノム)とは、ある生物種が持っている遺伝子情報全体のことで、検査することによって「親でも気付かない」「まだ発見されていない」お子様の能力や可能性を知ることができます。

最新の研究成果を応用し、人間の設計図となっている遺伝子のうち、集中力や記憶力など各役割に関係する遺伝子を調べて、3つの分野から、お子様の能力の一部を解き明かします。

1.学習能力 BDNF  記憶力
CHRM2    判断能力/理解力/分析力/推理力/読解力/計算力
SNAP25 知性/認知能力/図形認識力/想像力
2.身体能力 ACE    耐久力
ACTN3  速度/瞬発力(反射力)/持久力
mtDNA 持久力/エネルギー生産効率
3.感性 COMT   記憶力/注意力/忘却力/ストレス耐性力/勇気
CHRNA4  リスク管理
5-HTT   ストレス耐性

GIQ子ども能力遺伝子検査をおすすめします

遺伝子検査を実施している機関は多数ありますが、下記の3つの理由から、「GIQ子ども能力遺伝子検査」をおすすめします。

国内の検査機関が担当するので安心

多くの遺伝子検査は中国などの海外で行われていて、究極の個人情報である遺伝子情報を製薬会社に売られるケースが想定されるなどの不安があるのが現状です。

GIQでは、日本国内の遺伝子検査機関が担当。遺伝子情報を検査以外に使用することはありません。 検査完了後、適切に処理致しますので安心です。

※検査機関:DNA FACTOR(ディーエヌエーファクター)〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-2-2-406

わかりやすい解析結果と医師コメント

GIQでは難しい専門用語を出来るだけ避けた、わかりやすい鑑定結果をフルカラーの冊子で届けます。さらにお子さまの遺伝子解析結果に基づいて、国内検査だからこそできる、ドクターコメントを作成します。

検査遺伝子に関連する内容をドクターからのアドバイスとしてお付けし、お子様の発育や教育のサポートに活用いただけます。各項目の能力アップ方法、簡単な遊び方、対応方法など充実した内容となっております。ご家庭での教育や発育促進などの子育てに活用できます。

プロによる学力向上アドバイス

GIQでは、検査の結果をもとにどのようにして子どもと接していくのかが、とても重要だと考えています。当検査では遺伝子検査の結果のみをお渡しするわけではありません。

1980年創業以来、小・中学生対象の個別指導学習塾を運営する(株)ショウインに所属する遺伝子教育アドバイザー(遺伝子検査機関公認)が検査結果をもとに学力向上アドバイスを作成。お子様の性質や特性に合った学習アプローチがわかります。

※さらにフルバージョン鑑定では能力を伸ばしやすいと考えられるスポーツ(種目)や芸術・芸能面のコメントも付いています。

子供の生まれつきの才能を知って、教育により子供の能力を最大限に引き出してあげるのは、親の責任です。

「子ども能力遺伝子検査」について詳しく知りたい方は、自宅で出来て安心/国内だから安全【GIQ子ども能力遺伝子検査】 をクリックしてGIQ公式サイトをご覧ください。

-脳の構造

© 2020 幼児教育で子供の知能を高める