幼児教室・子供教室

中学受験はいつから?中学受験専門の個別指導塾ドクター!東京、神奈川、千葉、埼玉限定です

子供の将来を真剣に考えるなら、中学受験が必須です。この記事では、中学受験はいつから取り組めばよいのか?中学受験専門の個別指導塾ドクターとは?などを、東京、神奈千葉、埼玉にお住まいのご両親に向けて解説します。

中学受験はいつから?

小学1年生

当サイトでは繰り返し強調しているのですが、子供の教育は誕生直後から始めるべきです。誕生直後は英語のCDを聞かせ、幼児の頃には、知育玩具で学ばせたり、幼児教材で学ばせたりします。

幼児教育については、当サイトの数多くの記事でご説明しているので、ぜひ下記の記事などをご覧になってください。

幼児教材
【最新情報】幼児教材のおすすめ10社を徹底比較!0歳から年長までの通信教材を選ぶポイント

通信教材を幼児のために定期購読することはとても重要です。でも、数多くの教材があり、それぞれ特色があります。「幼児教材の主要10社を比較して、自分の子供に最も適した教材を選びたい。」この記事は、このよう ...

続きを見る

そして、子供の将来を真剣に考えて、東大などの超難関大学にお子様を通わせたいのならば、中学受験をすることが必須です。それでは、いったい中学受験の準備はいつ頃から始めればよいのでしょうか。

一般には、中学受験は小学3年生の2月頃から準備を開始して、小学校4年生から中学受験専門塾に通わせればよいと言われています。確かに、このタイミングで中学受験をスタートさせる子供が多いと思います。

しかし、東大などの超難関大学に進学するためには中学受験が不可欠であることは、子供が生まれたときから既にわかっているのです。それならば、中学受験の準備は、早ければ早いほどよいはずです。

中学受験の心構えは、誕生直後から持ち始めます。そして、中学受験の具体的な準備は、小学校入学と同時に始めることが望ましいです。実際に中学受験専門塾の多くは、小学1年生からの入塾を受け入れています。

小学1年生から中学受験専門塾に通った子供のほうが、開成中学などの超難関中学に合格する可能性が高いというデータもあります。

中学受験専門塾では、小学校低学年に対しては、小学校高学年の勉強を先取り学習させるのではなく、しっかりと基礎固めをするという教育方針を取っているところが多いです。

だから、小学校低学年であまり難しい学習内容だったら、うちの子はついていけないのではないかというご心配は不要です。安心して通わせてあげてください。

中学受験専門の個別指導塾ドクター

それでもご心配なら、中学受験専門の個別指導塾ドクターを検討してみてはいかがでしょうか。この塾は、株式会社受験ドクターが運営しており、元SAPIX/日能研/四谷大塚出身の中学受験専門のプロ講師がお子様に合わせたオーダーメイドカリキュラムで、個別指導を行うことを特徴としています。

中学受験専門の個別指導塾ドクターの特徴

中学受験専門の個別指導塾ドクターの特徴を、もう少し詳しくご説明します。

由緒正しいプロ講師陣が揃っています

個別指導塾ドクターでは、「由緒正しいプロ講師」の基準を守るために、採用入口は狭く、中に入っては数値(体験成功率・維持率・合格率)で評価、1年を通した数字の基準に沿って指導コースを決めています。

人気のない講師は自然淘汰される仕組みですから、講師の入れ替わりもあり、常に「由緒正しいプロ講師」の絶対数には限りがあります。だからこそ活躍している講師陣はいずれも、業界最高水準を自信をもって謳える高い指導力・教務力・人間力が揃っています。

「クラウンドクター」「スーパードクター」「ドクター」コースの講師当塾が「由緒正しいプロ講師」として認めた講師陣を3つのコースに分けてご紹介しています。

いずれのコースの講師も、「SAPIX、日能研、四谷大塚、早稲田アカデミー、市進」など大手有名塾での上位クラス担当講師経験をもち、さらにそれに加え、1人1人の子供に合わせて熱心に指導できる本物の講師のみを採用しております。

中学受験に特化した中学受験専門塾です

中学受験の入試問題は、ご存知の方も多いと思いますが、小学校での「教科書」には載っていない、はるかに難しい問題が出題されることが当たり前になっています。

例えば、中学受験で良く聞かれる「消去算」や「ニュートン算」などは、中学2年生で履修する「連立方程式」の応用ですし、高校数学の数列で学習する「フィボナッチ数列」なども当たり前のように出題されます。そのため、小学校の「教科書」だけを学習していても中学入試には受からないのです。

そこで、学習塾の登場ということになるのですが、残念ながら、ほとんどの学習塾、特に「個別指導塾」では、高校受験や大学受験がメインで、おまけとして、数学を教えられる先生が、中学受験の算数も指導するという場合が多いのです。

そのため、このような特殊な中学受験の指導をするためには、中学受験のことだけを専門に研究し、指導する中学受験専門塾が最適なのです。

オーダーメイドの個別指導塾です

高校受験や大学受験の場合は、子供自身が、自分から進んで通うべき塾などを決めるように、ある程度「勉強の意義」とか「自分から進んで学習する意欲」があります。しかし小学生の場合は、そもそも「勉強の意義」や、「勉強への興味そのもの」が乏しい場合がほとんどです。

集団講義の場合、1人の先生が20~30人の生徒に指導する場合が多いでしょう。この場合、先生は自分の授業を進めることに手一杯で、1人1人の進み具合や弱点などは知る由もありません。そのため「自分の強みはどこで、弱点はどこか」、また「何をやればいいのか」を全て子供自身が自分で考えて行動をとらなければなりません。

ただ、受験すること自体が初めてなのですから「何をやればいいのか」などということが分かるはずがありません。そこで、どのようにすると効果が出るかを知っているプロの講師は、1人1人にアドバイスする必要があるのです。そのためにも「個別指導」の授業形態が最適なのです。

東京、神奈川、千葉、埼玉限定です

中学受験専門の個別指導塾ドクターは、東京、神奈川、千葉、埼玉にお住まいの方に限定したサービスとなっています。したがって、それ以外のエリアにお住まいの方は塾に通うことはできません。執筆時点における教室一覧は、下記の通りです。

代々木校、自由が丘校、吉祥寺校、東京校、成城学園校、白金高輪校、横浜校、たまプラーザ校、南浦和校、三軒茶屋・池尻大橋校

まとめ

個別指導塾ドクターは、 元SAPIX/日能研/四谷大塚出身の中学受験専門のプロ講師がお子様に合わせたオーダーメイドカリキュラムで、個別指導。大手塾のように塾スケジュールにお子様のスケジュールを合わさせるような指導は行いません。

お子様の状況を親御さんと共有、きめ細かくケアでき、余計なストレスのない受験対策をすることができます。 受験で出題される問題は学校の授業だけでは合格できません。指導には経験やノウハウが必要です。

お子様の弱点は個別指導で克服得意分野は少人数クラスで補強といったメリハリのあるカリキュラムで学習している子供もいます。SAPIX、日能研、四谷大塚などの集団授業に通いながら、それと平行して個別指導塾ドクターで個別指導を受けるというやり方をしているお子様もいます。

いずれにしても、個別指導塾ドクターは個別指導という特徴を持っているため、お子様の状況や親御様の方針に沿って、学習方法の選択肢を広げてくれるのに、とても役立つ塾であるということができます。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、【中学受験専門】個別指導塾ドクター をクリックしてご覧ください。

-幼児教室・子供教室

© 2020 幼児教育で子供の知能を高める