ピアノを弾くママ

幼児・子供関連情報 幼児教材・子供教材

ママも大人ピアノを独学で学ぼう!ピアノ教室で学ぶ子供のお手本になってやる気を高めよう

自分はピアノを習った経験がないし、弾くことができない。でも、子供には幼児の頃からピアノを習わせたい。ピアノの先生まかせで大丈夫かな?できれば親として子供にアドバイスするなどサポートしたい。こんなママは、ぜひこの記事をご覧ください。

ママも大人ピアノを独学で学ぼう!

大人ピアノ

最近、「大人ピアノ」という言葉が話題を集めています。これは、大人になってから初めてピアノを習い始める人や、子供の頃にピアノを習っていたが、小学生くらいのときに止めてしまったので、再開したいという人のことを意味しています。

なぜ大人ピアノを始める人が増えているのか?

小さい頃にピアノを習いたかったけれど、親が習わせてくれなかった。友達がピアノを弾いているのがうらやましかった。小学校の高学年になったとき、勉強に専念するために止めてしまった。こんな方も多いようです。

中には、これまでピアノにはまったく興味がなかったけれど、自分が大好きな曲をユーチューブなどで見て、「自分もピアノを弾いてみたい!」と思って、突然、大人ピアノを始めたという人もいます。

さらに、「大人ピアノ」が増えている背景には、大人がピアノを弾くことで、単なる楽器を楽しめるだけでなく、脳や心に良い影響を与えるからです。特にピアノは、左右の手をバラバラに動かすこと、指先を複雑に動かすことから、効果が大きいと考えられています。

ピアノはとても楽しい楽器ですし、さらに脳の活性化にも役立つというのですから、大人ピアノを始める人が増えているのも当然のことです。

ママが大人ピアノを始めるメリット

60代や70代から初めてピアノを始める人もたくさんいますが、僕は子育て中のママにこそ大人ピアノを始めて欲しいと思っています。特にこれから子供にピアノを習わせたいと思っているママや、お子様がピアノを習い始めたというママは、絶対に大人ピアノを始めて欲しいです。

ママの姿を見て子供もやる気になる

子供は親の後ろ姿を見て育ちます。ママもピアノを頑張っている姿を見て、子供は自分も頑張らなければいけないとやる気になります。ママがピアノのことを何も知らないよりも、自分も体験しているほうが、はるかに的確なアドバイスができます。

ママ自身のストレス解消になる

子育てはとてもストレスがたまります。子供は可愛いときはとても可愛いのですが、自分勝手したり、言うことを素直に聞かないときなどは、憎らしい(?)と思ってしまうことさえあります。

まあ、親の言うことを聞かないのが当たり前なのですが。それでも、ストレスはたまります。楽器を弾くことは、ストレス解消に最も効果的な方法です。なぜなら、とても楽しい時間ですし、楽器に集中できるから他のことを忘れられるのです。

脳の活性化に役立つ

子育て中のママは、まだ脳が衰えるような年齢ではありませんが、それでも脳の活性化をしておくことに越したことはありません。脳の劣化は45歳くらいから始まるといわれていますが、それ以前の脳の鍛え方でずいぶん個人差が生じるようです。

ピアノは、左右の指を自分の思い通りにバラバラに動かすために、脳の活性化に役立つことが、脳科学で立証されています。20代後半から30代の頃に、脳を鍛えておくことは、とても重要なのです。

とにかく楽しい

いろいろ理屈を並べましたが、ピアノを弾くことは、とにかく楽しいです。自分の好きな曲を自分で弾けたときの快感は言葉にならないくらいです。そして、子供と一緒にピアノを弾けるようになったら、もっと素晴らしいです。

大人ピアノは独学で学ぶことができる

今さら自分が先生に習うのは恥ずかしいので気後れすると考えるママや、子供の習い事だけでも家計が圧迫しているのに、自分まで習う余裕はないと考えるママもいるでしょう。

安心してください。大人ピアノは、独学で学ぶことができます。実際に、独学で大人ピアノをマスターしたという人がたくさんいます。

「そんなこと言われても、何をどうしてよいかわからない?!」という声が聞こえてきそうです。そんなママにピッタリの教材があるので、ご紹介します。それは、「30日でマスターするピアノ教本&DVD」です。

「30日でマスターするピアノ教本&DVD」の特徴

現役ピアノ講師が企画・執筆・制作に携わった初心者のためのピアノ教材です。 初心者でも楽しくドレミから学べる内容になっています。 これまで楽譜も読めず、楽器を触ったことの無い方でも簡単に 理解できるような内容になっています。

この教材は、3弾セットになっています。第1弾の『30日で有名な曲を2曲弾けるようになる』という コンセプトは大変ご好評を頂いたので、続編もセットにて ご用意いたしました。90日で名曲を6曲弾けるようになります。

DVD内では曲に関しても細かくレッスンをしているので、 先生の解説に従って練習すれば弾けるようになります。

指導してくれる先生のプロフィール

先生は、ピアニストの海野真理さんです。武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業です。ご自身でもピアノ教室を開いており、多くの生徒さんから信頼をされています。

現在では空き待ち状態で、『行列のできるピアノ教室』として大人気です。生徒さんの中には、音大合格者も数多くいます。

海野先生のテレビ番組が、山形、岩手で放送中です。ピアノで名曲を弾いて脳トレをしようという楽しい番組で大変ご好評をいただいております。「海野先生の5分で脳トレ♪今日からあなたもピアニスト」というタイトルです。

「30日でマスターするピアノ教本&DVD」の詳しい内容は、30日でマスターするピアノ教本 をクリックして公式サイトをご覧ください。レッスン動画も掲載されています。

ピアノ教室で学ぶ子供のお手本になってやる気を高めよう

先にも少しご説明したのですが、子供は常に親の後ろ姿を見ています。例えば、親が歩行者信号が赤でも渡っている姿をみていると、子供もそれが正しいやり方だと思って、赤信号でも渡るのが当たり前と思ってしまいます。

子供が何でも自己判断できる年齢になれば、自分で良いこと、悪いことの区別がつくようになりますが、幼い頃は親のまねをして育つのです。だから、親の責任は極めて重要です。

「三つ子の魂百まで」という格言がありますが、幼い頃に身についた考え方は、大人になっても影響を受け続けます。勉強も習い事も、子供には一生懸命にやるように厳しく言って、自分はテレビやユーチューブなどを見て笑いころげているようでは、子供もやる気を失せてしまうでしょう。

大事なことは、子供に勉強や習い事をさせるときは、親も同じように一生懸命に頑張っている姿を見せることです。その意味で、ママも一生懸命にピアノを練習する姿を見せれば、自ずと子供も熱心に練習するようになります。

ママが上手に弾く姿を見せることは重要ではありません。たとえ下手でも一生懸命に練習する姿を見せることが重要なのです。

まとめ

子供にピアノを習わせたいと願っているママは多いと思います。もう既に習わせている方もたくさんいらっしゃるでしょう。ピアノはとても楽しい楽器なので、ぜひお子様と一緒にママもピアノを始めてください。

親子ピアノ教室などもありますが、返って非効率なので、ママは独学でマスターするのが良いと思います。その時に、強い味方になってくれるのが、「30日でマスターするピアノ教本&DVD」です。

演奏のやり方を詳しく解説したDVDですから、ママだけでなく親子で一緒に見ても役立つ内容となっています。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、30日でマスターするピアノ教本 をクリックしてご覧ください。

-幼児・子供関連情報, 幼児教材・子供教材

© 2020 幼児教育で子供の知能を高める