マタニティ

幼児・子供関連情報 生活情報

マタニティウェアと授乳服の選び方!パジャマからフォーマルまで揃うおしゃれな店を紹介

初めての妊娠だと、マタニティウェアも授乳服も初めてとなります。どんな服を選べばよいか迷いますよね。この記事では、マタニティウェアと授乳服の選び方と、ブラ、パジャマからトップス、パンツ、フォーマルまで揃うおしゃれな店をご紹介します。

マタニティウェアと授乳服の選び方!

マタニティウェアや授乳服の役割と、選び方についてご説明したいと思います。

妊婦さん

マタニティウェアの役割

妊娠するとお腹が大きく膨らむからマタニティウェアを着なければならない。そう考えている妊婦さんが多いと思います。でも、本当はそれだけではありません。マタニティウェアは妊婦さんの身体を保護する大切な役割があるのです。

妊娠時に起こりやすいトラブルを防いでくれる

妊娠時には、頭痛やめまい、不眠、倦怠感、足の浮腫、静脈瘤などが起こりやすくなります。その理由は、ホルモンバランスの変化、血行不良、冷えなどが生じやすいからです。このような状態のときに、身体を締め付ける服を着ていると症状を悪化させる恐れがあります。

マタニティウェアは、身体を締め付けないようにゆったりとしたデザインで作られています。さらに、大事なお腹とお尻はしっかり覆ってくれるので、下腹部の冷えを防ぐことができます。ひとことで言えば、妊婦さんの身体を保護する役割があります。

妊娠初期のつわりを軽減してくれる

妊娠初期はつわりに悩まされる妊婦さんが多いです。個人差が大きいのですが、妊娠中期になってもつわりが収まらない妊婦さんもいます。

まだお腹が目立たない時期のような感じがしますが、実は微妙に体型は変化していて、着用している服や下着が胸部や腹部を圧迫している場合があります

妊娠初期の頃からマタニティ用の緩めの下着や服を着用することで、つわりを軽減してくれる可能性が高いです。マタニティには、つわりを軽減する役割もあるのです。

母乳の量や質を良くしてくれる

妊娠が進むと乳腺が発達してきます。そのときに、胸を締め付けすぎると、乳腺の発達に影響を及ぼすことがあります。乳腺が発達することで、母乳が出やすくなるので、乳腺の発達を妨げることは避けなければなりません。

マタニティブラを着用すれば、胸が締め付けられることもなく、乳腺が順調に発達するので、母乳の量や質をよくしれくれる役割を果たします。マタニティウェアは母体だけでなく、生まれてくる赤ちゃんのためにも着用する必要があります。

穏やかな気持ちで過ごせるようにしてくれる

妊娠中はつわりを始めとして、身体が変化していくために、様々なストレスを生じやすくなります。お腹の膨らみが増すにつれて、思うような動きが取れなくなり、だんだんストレスが溜まってきます。

こんなとき、身体を締め付けるような服を着ていたら、さらにストレスを感じてしまいます。マタニティウェアは、ゆったりしているので、穏やかな気持ちで過ごすことができ、妊娠中のストレスを軽減する役割を果たします。

周囲の人の心配りを受けやすくしてくれる

少子化が続いていることもあり、世の中全体が妊婦さんに対して優しくなっています。できるだけ早くからマタニティウェアを着用することで、周囲の人に妊婦であることをアピールして、心配りを受けやすくするというメリットがあります。

同時に、自分自身も早目にマタニティウェアを着用することで、自分は妊婦なのだという自覚が生まれます。これは結構、大事です。最近は、おしゃれで可愛いマタニティウェアも多いので、身体を大切にしながらも、妊娠期間を楽しむくらいの気持ちを持つことが大切です。

マタニティウェアはいつ頃から着ればよいの?

マタニティウェアはいつ頃から

体型など個人差はありますが、一般に、妊娠5か月くらいになると、服の上からでもお腹の膨らみが目立つようになります。したがって、この頃からマタニティウェアを着始める妊婦さんが多いようです。

妊娠7か月くらになると、妊娠前の服はほぼ入らなくなるので、この頃には完全にマタニティウェアに移行することになります。ただし、これは服の話で、マタニティ下着は妊娠初期からつけ始める妊婦さんも多いです。

マタニティウェアの選び方

ここまでご覧になっていただいて、マタニティウェアの重要性はご理解いただいたと思います。それでは、具体的にどのように選べばよいかをご説明します。

サイズ調整できて長く着られるものを選ぶ

妊娠初期と妊娠後期とでは、体型が大きく変化します。そして、その間の変化は急激です。したがって、初めの頃に購入したマタニティウェアが体型の変化によって着られなくなってしまうということはよくあることです。

ただでさえ妊娠中の限られた期間しか着用できないマタニティウェアなので、できる限りその間は全期間に着用したいものです。そのためには、アジャスターが付いていてサイズ調整ができるものや、ワンピーススタイルで体型の変化に対応できるウェアを選ぶことが大切です。

出産後もしばらく着られるものを選ぶ

妊娠中の全期間に着用できるものとご説明しましたが、さらに言うと、出産後もしばらく着られるものを選ぶとなおよいです。その理由は、出産したからといってすぐに体型が出産前と同じには戻らないからです。

元の体型に戻すのは努力次第ですが、いずれにしてもしばらくの間、着用する服が必要です。マタニティウェアがその間に着られると、最も効率がよいです。その意味でも、サイズ変化に対応できる服を選ぶようにします。

さらに、その間は授乳期となりますので、授乳口付きの服を選んでおくと、なお便利に使うことができます

コットンなど肌に優しい素材を選ぶ

妊娠中はホルモンバランスが変化しますので、普段は敏感肌でない人でも、肌が敏感になりやすくなります。そのため、化学繊維の下着を着るだけで、肌にかゆみを感じることも珍しくありません。

マタニティウェアはあまり気にしなくても大丈夫ですが、マタニティ下着は、直接、肌に触れるものなので、コットンなど肌に優しい素材を選ぶことをおすすめします。

授乳服の役割

マタニティウェアの次は、授乳服の役割についてご説明します

授乳が楽にできること

当たり前のことですが、授乳服の役割は、その名前の通り、授乳が楽にできることがいちばんです。どんな授乳服が楽なのかという点に関しては、後述する授乳服の選び方のところでご説明します。

産後の体型をカバーしてくれる

先ほどもご説明しましたが、産後しばらくの間は体型が元に戻らないのが普通です。したがって、授乳服を着る期間は、お腹やお尻回りがぼてっとした時期です。授乳服はゆとりサイズで体型をカバーする役割があります。

授乳服の選び方

それでは授乳服はどのようにして選べばよいのでしょうか

授乳が楽にできる服を選ぶ

授乳服には、前身頃を衿ぐりから脇へ引っ張って、中の当て布を胸元の中心に寄せて授乳するもの。クロスした胸元部分を脇にずらして授乳するもの、などがあります。これらにはボタンもチャックも付いていません。その分、簡単に授乳姿勢に入れます

また、授乳時、服がひっぱられてもボタンが外れないよう、一番上は普通のボタンですが、簡単に授乳できるように3~4番目くらいまではスナップボタンとなっているものもあります。これはボタンで開閉するタイプです

それ以外に、授乳口をチャックで開閉するタイプのものもあります。しっかり閉じられて安心できる分だけ、授乳姿勢に入るのに手間がかかります。各タイプにも色々なデザインのものがあって、意外に種類は多いのです。

布を寄せるだけですぐに授乳姿勢に入れるものを選ぶのか?チャックでしっかり閉じられて安心なものを選ぶのか?その中間のボタンで開閉するもの選ぶのか?

どれが良い悪いということではなく、個人の好みの問題です。用途を踏まえて自分の好みに合ったものを選ぶようにしましょう

授乳口が目立たないものを選ぶ

授乳服であるのに、授乳口が目立たないものというのは、一見矛盾しているようですが、授乳服も服である以上、できるだけおしゃれに見せたいというのは、女性の願いですよね。最近の授乳服はデザインが良いので、ほとんど目立たない作りのものも多いです。

先ほどご説明した、授乳口のタイプによっても、デザインが左右されるので、授乳はしやすいけれど、授乳口は目立たないという相反する要素をうまく解決しているデザインの服を選ぶのが理想です。

動きやすい素材とデザインのものを選ぶ

授乳服は授乳口のデザインだけに目がいきがちですが、実際には授乳するときはもちろん、赤ちゃんを抱いたり、寝かして動かしたりと、様々な動きをする必要があります。あまりタイトなデザインだと動きにくくなります。

また、あまり装飾がほどこされている服だと、どこかにひっかかったりして危険が生じます。そのため、デザインはできるだけシンプルでありながら、素材に伸縮性があって、動きやすい服を選ぶことが大切です。機能性を重視して選びましょう。

洗濯しやすいものを選ぶ

フォーマルな服は、その都度クリーニングに出すのもやむをえませんが、普段着として着用する授乳服は、できるだけガシガシ洗えて、乾きやすい素材の服を選ぶようにします。なぜならば、授乳期はとにかく服が汚れるからです。

赤ちゃんに授乳するときに汚れる、赤ちゃんが吐き戻して汚れる、おむつを替えるときに汚れる、など汚れる原因をあげていくときりがないくらいです。汚れたら、洗濯機ですぐに洗って、すぐに乾かせて、すぐに着られる。そんな服を選んでください。

パジャマからフォーマルまで揃うおしゃれな店を紹介

この記事では、マタニティウエアや授乳服なら、パジャマからフォーマルまで何でも揃うお店をご紹介したいと思います。その店の名前は、Milk tea(ミルクティー)といいいます。

Milk tea(ミルクティー)はどんなお店?

Milk tea(ミルクティー)はマタニティから授乳期まで、 どんな時も「今が一番楽しい!」を実感できるような、 おしゃれでかわいく着やすいマタニティ服、授乳服を たくさん取り揃えている、マタニティウェアと授乳服の専門店です。

Milk tea(ミルクティー)の授乳服は妊娠初期から産後まで、 ずっと長く着れるお洒落なデザインばかり。 「常におしゃれでかわいく着こなしは簡単に、 毎日着る服だから価格はリーズナブルに」 をモットーに、 沢山のミルティママ達から支持を受け、ママ雑誌にも多く掲載されています。

Milk tea(ミルクティー)の商品紹介

Milk tea(ミルクティー)でどんな商品を販売しているのか、イメージを描いてもらうために、執筆時点で販売されている商品を何点かご紹介しておきます。

<マタニティ・産後兼用>マシュマロタッチ・フリル&メロウママパジャマ(スリットタイプの授乳口)

マショマロみたいにふんわり柔らかな接結生地を使ったとてもロマンチィックで愛らしい産前産後兼用パジャマ。天使の様な肩フリルやパイピングのカラー使い、くるみボタン等デザインにこだわりました。ボタンなどなく簡単に出せる授乳口で赤ちゃんにも優しいです。

<マタニティ・授乳インナー>産前産後ノンワイヤーカップ付きおやすみブラ(大きいサイズLL/3L)

就寝時や日中のリラックスタイムにおすすめ!やわらか・らくちん! 寝ている間もバストラインをキープしてくれるおやすみブラ片手でカップがすぐに開くから 授乳がラクチン!カップ裏サイドにパワーネットが内蔵されているので バストの横流れを防止!

アンダーにも幅広のパワーネットを内蔵しているので 下垂防止にも!寝ている時もキレイなバストラインをキープします。ノンワイヤーで背中にフックがないので 寝返りしてもゴロつかず、やさしい着け心地。明るいカラーバリエーションに、胸元のりぼんやレースで 着けているだけで癒される、かわいいデザインです。

<授乳服・マタニティ>シルヴィア・リブフレアーワンピース

ボタンタイプの授乳口 着丈が選べる! 授乳服 マタニティ 妊婦 妊婦服 妊娠 出産 ワンピース 大きいサイズ レディース ワンマイル リラックスです。

楽ちんでとっても柔らかい着心地のリブ生地を贅沢に使ったフレアーマキシワンピース。落ち感がきれいでフレアーの広がりがリッチ感溢れます。デイリー、ワンマイル、ルームなど、場所を選ばないデザインで毎日着たくなりそう!

<授乳服・マタニティ>クレア・シアースリーブドレス

ジッパータイプの授乳口 お宮参り・お呼ばれ・冠婚葬祭・フォーマルに最適です。シアーな透け感のシフォンを袖にあしらった、シンプルながらも洗練された大人の授乳ワンピース。すとんと落ちるAラインと透ける袖で着やせ効果&体型カバー効果の高いデザインです。悪目立ちせずだけど華やかさのある一枚。

まとめ

マタニティウェアは、ただ単にお腹が大きくなったから仕方なく着るものではありません。母体と赤ちゃんを守る大事な役割を持っています。

授乳服は、授乳が楽にできることがいちばんですが、その方式にはいくつかのタイプがあります。パジャマでは片手で簡単に授乳口が開くもの、フォーマルではチャックでしっかりガードできるものを選ぶなど、用途に応じて使い分けてください

そして、出産後はすぐに元の体型に戻るわけではないので、しばらくはゆったり体型が続きます。したがって、できるだけ長い期間を着用できるように、マタニティウェアと授乳服が兼用になっている服を選ぶと費用が抑えられて効率がよいです。

マタニティウェアと授乳服を選ぶポイントをご説明しましたが、それを踏まえて、この記事では、Milk tea(ミルクティー)という専門店をご紹介しています。

Milk tea(ミルクティー)の服は、妊娠初期から産後まで、ずっと長く着れるお洒落なデザインばかり。「常におしゃれでかわいく着こなしは簡単に、 毎日着る服だから価格はリーズナブルに」 をモットーに、 沢山のママ達から支持を受けています。

ママ雑誌にも多く掲載されていますのでご覧になったことがあるかもしれませんね。この記事でご紹介した服は、ほんの一例ですので、もしご関心がありましたら、Milk tea(ミルクティー)のWebサイトをご覧いたければと思います

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、授乳服とマタニティ服のMilk tea(ミルクティー) をクリックしてご覧ください。

-幼児・子供関連情報, 生活情報