embot

幼児教材・子供教材 プログラミング教育

ドコモ教育用ロボットembotとは?embottersで組み立て方、アプリがわかる!コンテスト、口コミ

ドコモ教育用ロボットembotとは、どんな学習教材なのでしょうか?embottersを見れば、ロボットの組み立て方、アプリを使った動かし方がわかります。コンテストも実施しています。この記事では、 embot について口コミも含めてご紹介します。

ドコモ教育用ロボットembotとは?

当サイトは「幼児教育で子供の知能を高める」というタイトルで情報発信をしています。これまで、プログラミングと英語の早期教育の重要性を何度も繰り返し強調してきました。今回は、 ドコモの作った教育用ロボットembotのご紹介をしたいと思います。

embot とは何か?

embotは、ドコモが作った、遊びながらプログラミングを覚えられる、子供の知育のためのロボットおもちゃです。 ドコモは、プログラミング教育は、プログラミングを目的にしてはいけないと考えています。

プログラミングをすることにより、どんなものが作れるのか?どんな世界が作れるのかを学んでもらいたい。だから、子供のみんなが楽しくプログラミングを始められるように、アイデアがすぐに形になるものを目指して、embotを作ったとのことです。

embotを「ロボットおもちゃ」と位置付けている点に、ドコモの embotに対する考え方が凝縮されているように思います。

embot の特徴

embotの特徴についてご説明します。

ダンボールなので、簡単にロボット工作が可能です

ロボットはダンボールで作ります。ダンボールだから、簡単・安全です。お子様でも、ハサミやノリを使って、楽しみながら組み立てられます。コストも低く抑えられています。

オリジナルデザインでロボットが作れます

まず、ダンボールと電子工作キットで基本デザインのロボットを作ります。出来上がった後は、自分のひらめき次第で、つくれる作品は無限大です。素材がダンボールだから、自由に改造して、自分だけのオリジナルデザインでロボットが作れます。

専用アプリでロボットを動かせます

スマートフォンやタブレットに専用アプリをダウンロードします。そのアプリを使って、直感的なプログラミングで、ロボットを動かすことができます。これにより、実践的なプログラミングが身につきます。

チュートリアルやドリルが用意されています

embotでは、さまざまなチュートリアルやドリルが用意されています。そのため、ロボットを作成した後も、飽きずにプログラミングを続けることができます。

embottersで組み立て方、アプリがわかる!

embottersとは、embotユーザー向けのWebサイトのことです。embotterは、embotユーザーという意味です。 embotterは、 embotユーザー がいかに簡単にロボットを作れるか?いかに楽しく遊べるか?など、情報を発信しています。

embottersで発信されている情報は、そのほとんどが動画で紹介されているので、とても分かりやすい点が特徴となっています。

embotの組み立て方がわかる

「最初にやってみよう」という動画を見ると、ダンボールロボットの組み立て方、 embotアプリでロボットを動かすための準備、プログラミングの基本などが紹介されています。

embotを購入して、「これから初めてembotを作る人」や「 embotを作り始めたけれど上手くできなかった人」も、この動画を見れば、必ず上手に作れるようになります。

embotの改造の仕方がわかる

基本ロボットを作ったら、次は自分だけのオリジナルロボットに改造します。 embottersには、そのために役立つ情報が満載です。 embotは、全国の数多くの小学校の授業に導入されています。

embottersには、それらの授業の様子が掲載されています。その中には、多くの小学生が自分の好きなように改造したロボットの事例がたくさん出てきます。これらを見ると、改造のヒントが得られるはずです。

また、美術大学などの大学生が作ったロボットの事例を見ることもできます。小学生とは違った、上級レベルの作品を目にすることで、さらに刺激を受けることは間違いありません。改造へのモチベーションが、もっと高まるはずです。

embotのアプリを使った動かし方がわかる

embottersには、ロボットとセンサーを連動させた事例もたくさん紹介されています。そして、専用アプリを使ってロボットを動かす方法についても解説されています。

同じ動きを繰り返させたり、条件を決めて動かしたり、ブザーを使って音を鳴らさせたり、ロボットの様々な動かし方の事例があります。これらを参考にして、自分の好きなようにロボットを動かす方法を工夫してください。

embotのコンテスト、口コミ

embotのコンテスト 、 embotの口コミについてご紹介します。

embotのコンテスト

embotに関して、もう1つお伝えしておきたいことがあります。それは、毎年、開催されている「embot Idea Contest」です。 小学生に『プログラミングのスキルを用い、アイデアを形にする”デジタルなモノづくり”に挑戦してもらいたい』という想いで開催されています。

コンテストに 挑戦し発表することで自信をつけて、次の学びへとステップを進めることができます。 「embot Idea Contest」 は、そんな体験を提供する場として位置づけられています。

これまでに、2019年、2020年と2回開催されています。執筆時点では、2021年の3回目の開催の挑戦者を募集しているところです。 「embot Idea Contest」 の概要を理解していただくために、下記に募集要項を簡単にご紹介しておきます。なお応募期間は2021年7月1日~8月31日です。

  • イベント名:embot アイデアコンテスト2021
  • 募集内容:タカラトミーから発売している「embot(エムボット)」に入っているコア、パーツ(サーボ2個、LEDライト赤1・緑1、スピーカー)を使って自由に制作・プログラミングした作品
    ※クマ型に限りません、好きな造形を制作してください
    ※他コンテストへの重複応募可能
  • 応募資格:小学1~6年生
  • エントリー費:無料(応募時および選考段階でかかる費用はすべて自己負担)
  • 応募形式:まずは作品と作品を動かすプログラムを制作し、作品のプレゼン動画(5分以内)を撮影しましょう。プレゼン動画を撮影できたら、embotアプリからプログラム(必須)と動画ファイル(必須)、作品紹介資料(任意)を送信し必要事項を送信すれば応募完了です。
  • 審査基準:3つのポイントを評価し、総合点で評価を決定する。3つのポイント=「アイデア力」「工作力」「表現力」

(引用: embot アイデアコンテスト公式サイト)

embotの口コミ

まず、実際に購入した方から embot に寄せられた声からご紹介します。

口コミ
二人で楽しそうにロボットの組立てとプログラミングを行っていました。ロボットが考えた通りに動いたときは「やった!!」と大喜びでした。embotでプログラミングの楽しさを感じたようです。
口コミ
可愛く色を塗ることに集中していました!プログラムを一緒に作り、動かして可愛がっていました。
口コミ
創意工夫した改造ロボットを作り、それをプログラミングで自由に動かす体験に息子が夢中になりました!

次に、SNSに投稿された口コミや評判をご紹介します。

最後に、ネット上などに掲載されたほぼすべての口コミや評判に目を通した上で、同様の内容を集約して箇条書きにまとめたものをご紹介します。

良い口コミや評判は下記の通りでした。

  • プログラミング教材は高いのに、embotは5千円くらいと安いので助かる
  • 多くのチュートリアルがあり、プログラミングの基礎が学べる
  • embotを使いだしてから何事も自分で考えてから行動するようになった
  • ハードもソフトも自分で組み上げることができる点が優れている

否定的な口コミや評判は下記の通りでした。

  • 応用の課題がもう少しあるとよい
  • 最初の教材としてはよいが、小学校高学年にはものたりない

口コミや評判を見ると、「とにかく安いが、プログラミングの基礎は十分学べる」という声が圧倒的に多かったです。同時に、「基礎は学べるが応用課題は少なく、小学校高学年には物足りない」という声もありました。

まとめ

今回の記事では、ドコモが作ったembotという 遊びながらプログラミングを覚えられる、子供の知育のためのロボットおもちゃをご紹介しました。 embottersというユーザー向けのWebサイトがあるので、組み立て方や動かし方が誰でもわかるようになっています。

また、1年に1回、 「embot Idea Contest」 というコンテストも開催されています。作品を発表することができるので、ロボットを作って改造したり、プログラミングで自由に動かしたりする、モチベーションが高まると思います。

口コミや評判を見ると、「 embotはとにかく安い」というのが最大の特徴となっていることがわかります。ダンボール素材にこだわった成果が表れています。「安いけれどプログラミングの基礎は学べる」と内容の評価も高いです。

ただし、「応用課題が少ない」「小学高学年には物足りない」という声もあり、入門キットとしてはよいが、ステップアップするには物足りないという人が多い印象です。

embotの対象年齢は6歳以上で、小学校低学年から大人まで楽しめますと公表されていますが、実際には小学校低学年に対して、プログラミングの導入教育に活用するのに、最も適している教材だと思います。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、いま話題のプログラミング教育に最適!【embot】プログラミングおもちゃ をクリックしてご覧ください。

-幼児教材・子供教材, プログラミング教育