プログラミング学習

幼児教室・子供教室 プログラミング教育

スクラッチでジュニアプログラミング検定に挑戦!個別指導塾の子供プログラミング教室 Games

ジュニアプログラミング検定の合格率はどれくらいでしょうか?独学では難しいのでは?こう思っているパパやママに、個別指導塾の子供プログラミング教室Gamesをご紹介します。スクラッチ学習でジュニアプログラミング検定合格を目指します。

スクラッチでジュニアプログラミング検定に挑戦!

子供がプログラミングを学習するときに、目標となるのがジュニアプログラミング検定です。スクラッチを学習して合格を目指しましょう。

小学生プログラミング学習

スクラッチ(Scratch)とは

スクラッチ(Scratch)は、米国の超一流大学である、MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボで開発されたビジュアルプログラミング言語です。プログラミング言語には、テキストプログラミング言語(テキスト言語)と、ビジュアルプログラミング言語(ビジュアル言語)があります。

テキストプログラミング言語には、JavaScript、PHP、Java、Pythonなどさまざまな種類の言語があり、それぞれの言語に得意な分野があります。同じ論理を記述する場合でも、プログラミング言語によって文法が異なり、それぞれが別の記述ルールを持っています。

テキストプログラミング言語でプログラミングをするためには、各言語ごとの文法を覚えて、その規定にしたがって、パソコンにテキストで打ち込む必要があります。

一般にプログラミング言語というと、テキストプログラミング言語のことを指すので、単にプログラミング言語と呼び、実際には、わざわざテキストプログラミング言語と呼ぶことは、ほとんどありません。

それに対して、ビジュアルプログラミング言語は、ほぼテキストを打ち込むことなく、プログラムに必要な要素を目で見てすぐわかるようにパーツ化し、ドラッグ&ドロップのマウス操作だけでプログラミングできるようにしたものです。

ビジュアルプログラミング言語の開発により、キーボードでテキストを打ち込むのが難しい子供でも、簡単にプログラミングを組むことができるようになったのです。

スクラッチ(Scratch)は、ビジュアルプログラミング言語で最もメジャーな言語です。ブロックタイプと呼ばれ、指示の書かれた小さなブロックをマウス操作でつなぎ合わせていくことにより、プログラミングができるように構成されています。

ブロックを並べる順序や論理構造の作り方は、一般的なテキスト言語の考え方に似て作られていますので、子供がプログラミングの基礎を学習するのに最適な言語です。

ジュニアプログラミング検定に挑戦

ジュニアプログラミング検定は、プログラミングを学ぶ子ども達を対象とした資格試験です。Scratchを使用したプログラミングスキルを測定し、その能力を証明・認定します。試験を主催・認定するのは、株式会社サーティファイが中心となって組織しているサーティファイ情報処理認定委員会です。

サーティファイ情報処理認定委員会は、「ジュニア・プログラミング検定」及び、「情報処理技術者能力認定試験」「C言語プログラミング能力認定試験」「AI検定®」「Java™プログラミング能力認定試験」「実践Java™技術者試験」「実践プログラミング技術者試験」の7分野26種の資格検定試験を行っている権威ある組織です。

ジュニアプログラミング検定は、「Entry(4級」「Bronze(3級)」「Silver(2級)」「Gold(1級)」の4段階があります。試験時間は、「Entry(4級」が30分、「Bronze(3級)」と「Silver(2級)」が40分、「Gold(1級)」が50分です。

合格基準は各級とも共通していて、「得点率60%以上」「問題文であたえられた条件を満たしたプログラムが組まれていること」「自由なアイデアが盛り込まれていること」の3つが満たされている必要があります。

合格率は、正式には公表されてませんが、各級とも、概ね80%程度は合格するようです。落とすための試験ではないので、合格基準を満たせばOKだからだと思います。試験対策をしっかり行ってから受験する子供が多いことも、合格率が高い理由です。

ジュニアプログラミング検定に挑戦する意義は、次世代に不可欠なプログラミングの知識とスキルを同世代の子供と比較して、どのようなポジションにいるのか確認できること。そして、4段階あるのでステップ・バイ・ステップの目標設定ができることなどです。

個別指導塾の子供プログラミング教室 Games

合格率は一見高いようですが、事前学習が完全にできている子供が受験するからなので、ご両親が特にプログラミングに強くない場合は、子供プログラミング教室に通わせて学習させたほうがよいと思います。今回の記事では、個別指導塾の子供プログラミング教室 Games をご紹介したいと思います。

個別指導塾の子供プログラミング教室 Gamesとは

個別指導塾の子供プログラミング教室 Gamesは、個別指導塾ラシクが実施しているプログラミング講座です。正式名称は、子供プログラミング道場 Gamesと言います。

運営会社の株式会社イングは、学研ホールディングスのグループ会社であり、大阪を中心に奈良、和歌山エリアで展開する総合学習塾を運営しています。

個別指導塾ラシクは、イングの中で小中学生対象の個別学習塾の分野を担っています。子供プログラミング教室 Gamesにも、その個別指導のノウハウが生かされています。

個別指導塾の子供プログラミング教室 Gamesの特徴

個別指導塾の子供プログラミング教室 Gamesの特徴についてご説明します。

ジュニアプログラミング検定に完全準拠

個別指導塾の子供プログラミング教室 Gamesは、ジュニアプログラミング検定に完全準拠したカリキュラムで学ぶことができます。それゆえ、子供向けプログラミング言語で最もメジャーなスクラッチ(Scratch)をマスターすることができます。

個別指導でわかりやすい授業

個別指導塾の子供プログラミング教室 Gamesは、最大でも1:2までの個別指導でお教えします。それゆえ、一人ひとりに合わせた丁寧でわかりやすい授業となっています。もし、わからない点があってもすぐに質問することができます。

通塾でもオンラインでも学べる

個別指導塾の子供プログラミング教室 Gamesは、通塾でもオンラインでも学べるように構成されています。近くに校舎がある場合には、通塾で学ぶこともできますし、校舎がない場合でもオンラインなら全国どこにお住まいでも学ぶことができます。

個別指導塾の子供プログラミング教室 Gamesの料金

料金は、対象となる小学2年生から中学2年生まで一律で、月額8,800円(税込)です。初回教材費2,750円(税込)が別途に必要です。授業は60分×4回となっています。

授業回数を増やしたい場合にのみ、60分×1回、1,100円が追加となります。これ以外には、一切、料金はかかりません。実にシンプルでリーズナブルな料金体系となっています。

まとめ

当サイトでは、お子様の将来の幸せのためには、英語とプログラミングの学習は必須であり、絶対に習わせてくださいと、繰り返し強調しています。今回は、その中のプログラミングに関する記事でした。

ジュニアプログラミング検定は、特に小学生のお子様がプログラミング学習をするときの、目標の1つとなります。試験内容も、最もメジャーなスクラッチ(Scratch)で行われるので、できれば受けておいたほうがよいと思います。

そうは言っても、自分自身がプログラミングの心得がないというパパやママには、子供プログラミングスクールに通わせて学習させることをおすすめします。

今回の記事でご紹介した個別指導塾の子供プログラミング教室 Gamesは、ジュニアプログラミング検定に完全準拠しており、オンラインでも学べて、料金もリーズナブルなので、スクール選びの有力な選択肢の1つとなると思います。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、個別指導塾ラシク プログラミング道場Games をクリックしてご覧ください。

-幼児教室・子供教室, プログラミング教育