ナップナップ抱っこ紐

幼児・子供関連情報

コスパのよい抱っこ紐を探しているママにおすすめ!なぜ価格が安いのか?3つの秘密を大公開

少しでも価格の安い抱っこ紐を探している。でもベビー用品だから安かろう悪かろうでは困る。品質は良いのに価格は安い、コスパのよい抱っこ紐があったらいいのだけれど。そして、価格が安い理由も詳しく知りたい。この記事は、こんなパパとママにご覧いただきたいと思います。

コスパ最高!「ナップナップの抱っこ紐」をおすすめします

コスパで選ぶなら、「ナップナップの抱っこ紐」がおすすめです。なぜなら、機能的でありながら、お値段が他の抱っこひも商品の約半額だからです。

驚きの価格からご紹介します

上記の写真の【ママリ口コミ大賞受賞】napnapベビーキャリー「Compact」は、¥7,980(税抜)【送料無料】です。本格的腰ベルトタイプの抱っこひもなのに、畳むとB5サイズ450gとポーチのように軽量コンパクトになります。

バッグに入り持ち運びやすいので、歩き始めの赤ちゃん、ベビーカー、車、旅行でのおでかけのお供に、セカンド抱っこひもに最適です。また、首のすわった4か月から使えます。新生児パッド(別売)併用すれば、新生児からも使えるので、ファースト抱っこひもとしてももちろんオススメです。

ナップナップには、この商品以外にも、数多くの抱っこ紐が取り揃えられています。

「ナップナップの抱っこ紐」価格の安さ3つの秘密

ナップナップの抱っこ紐は、なぜ高品質なのに価格が安いのでしょうか? その秘密を解き明かします。

内製化により高品質を実現

ナップナップの抱っこひもは企画や開発、箱のデザイン、説明書、ホームページに至るまで全て社内のスタッフが作っています。そのためほかの制作会社さんにお願いするコストをカットができるほか、非常に反応が早く小回りがききます。

公式販売サイトを自社で運営していることによりお客様の声が直接届くのでより良い商品の開発や改良に非常に役立っています。また社内のスタッフが工場出荷時の全数検品とは別に入荷する度に抜き取り再検品を実施。お客様に安心安全な商品が届くよう心がけています。

常に改良と確認を繰り返しながらより良い商品を作っていることが商品の高い品質に繋がっています。

広告よりも口コミを重視

ナップナップの抱っこひもは実はほとんど広告にお金を使っていません。インターネットやSNS、お母さん同士の口コミなどで広がって知っていただくようになりました。そのため広告費を商品代金に上乗せする必要が無く、よりリーズナブルな金額で購入していただけます。

これからも使用された方がオススメしたくなる抱っこひもが作れるよう、新しい抱っこひもの開発の際はもちろん、既存の商品も定期的に一般のご家庭や保育園などでモニターをしていただきながら、実際の声を大切に商品開発に生かしていきます。

最新の工場設備で無駄をカット

ナップナップの抱っこひも工場は天井に張り巡らされたレールを使って商品のパーツを移動させて製品にしていくため人の移動が非常に少なく済み人件費を削減しています。

またパーツごとで検品をすることで製品になった後の不良率を大きく減らし、効率的に製品を仕上げることが可能です。設備や技術力も製品のコストを下げる重要な役割を担っています。

「ナップナップの抱っこ紐」をおすすめする5つの理由

「ナップナップの抱っこ紐」のメリットは、価格が安いだけではありません。おすすめする5つの理由をご説明します。

日本向けに設計されており小柄なママでも使いやすい

日本の抱っこひもメーカーであるnapnap(ナップナップ)の抱っこひも開発はパパ&ママの声から始まります。子育ての現場から届くご意見やご要望を製品に生かしたい。その強い想いが私たちを動かしています。

それゆえ、日本人の体型に合った製品を開発していますので、小柄なママでも使いやすいように設計されています。

背中が全面メッシュになるのでジメジメした日本の気候に最適

ファスナーを開けると[背中全面メッシュ切替]が人気のnapnapBASIC。より高い通気性を求めポケットを外すと全面メッシュ素材になる /メッシュドライ/ も開発。一年中汗かきの赤ちゃんのため、こもりやすい熱をメッシュで逃がしましょう。

お洗濯をしても乾きやすいため、暑い夏はもちろん冬にもぴったり!毎日使う物だから乾きやすいのは嬉しいです。また、埃がつきにくく、劣化しにくいのもメッシュ素材のうれしいポイントです。

赤ちゃんの重さを肩と腰に分散するからとっても楽です

自分のお世話をしてくれるパパ&ママが笑顔でいられれば、赤ちゃんも笑顔でいることができます。napnapの抱っこひもは赤ちゃんの重さを肩と腰に分散するからとってもラクです。

腰ベルト有りは腰痛持ちの人には辛いのでは?と思われるかもしれませんが、実は肩だけで支えていても体の前面にかかる荷重を支えようと腰に負担をかけています。つまり、肩ベルトのみ=腰に優しいというわけではありません。

抱っこひもがしっかりフィットすることで赤ちゃんの重心をより近く高い位置で抱っこでき、肩と腰に負担を分散することでパパ・ママの体にもやさしくお使いいただけます。赤ちゃんだけではなく、パパ&ママにも優しい抱っこ時間を。napnapはそんな風に考えています。

背あてに大き目のポケットが付いているので手ぶらで外出ができる

赤ちゃんとのお出かけは、細々とした荷物がどうしても増えてしまうものです。バッグも便利なものが増えてはいますが、近場へのお出かけほど荷物は軽くしたい。

そんな時に役立つよう、napnapの抱っこひもには大きなマチ付きポケットがついています。このポケットにオムツやタオルを詰めてしまえば、後は手ぶらでおでかけできるのです。

おんぶ補助ホルダーが付いているので、簡単におんぶができる

赤ちゃんの顔が見えないおんぶは、パパ&ママにとって最初は不安なものかもしれません。赤ちゃんの命を守るため、毎日初めてのことに一生懸命取り組むパパとママに少しでも安心してほしいという思いから全ての抱っこひもに「おんぶ補助ホルダー」を取り付けました。

おんぶ補助ホルダーでしっかり支えることで、生後4か月で首が座った後から1人で簡単におんぶができます。パパ&ママと背中を通してスキンシップできるだけではなく、赤ちゃんの体づくりと視野を広げるのに役立つおんぶへの第一歩を、napnapの抱っこひもと一緒に踏み出しましょう。

まとめ

初めての赤ちゃん、初めての抱っこ紐だと、どれを購入してよいか分からないと思います。これから、赤ちゃんが成長するにつれ、習い事や学習教材など、たくさんの出費がかかります。

1つ1つのベビー用品をよく吟味して、できる限りコストパフォーマンスのよい製品を取り揃えることが大切です。ムダな出費を抑えて、少しずつでも資金を蓄えておきましょう。そんな観点から、ナップナップの抱っこ紐をおすすめしています。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、 抱っこ紐の通販『napnap公式オンラインショップ』をクリックしてご覧ください。

-幼児・子供関連情報

© 2020 幼児教育で子供の知能を高める