ダンス1

幼児教室・子供教室

キッズダンススクールの効果と選び方

いろいろな習い事がある中で、キッズダンススクールが人気を集めています。この記事は、幼児にダンスを習わせることは、どんな効果があるのか解説します。さらにキッズダンススクールの選び方もお教えします。

幼児にダンスを習わせる効果

キッズダンス

2008年に文部科学省が中学校学習指導要領改訂を発表したのに伴い、学校教育にダンスが必修化されました。それに伴い、小中高一貫教育の目的で、2011年から小学校、2012年から中学校、2013年には高校においてダンスの授業が始まりました。

これをきっかけに、教育としてのダンスが注目されるようになり、子供の習い事の新たな選択肢に「キッズダンススクール」が加わるようになりました。

この記事は、キッズダンススクールは本当に幼児教育に役立つのか、他の習い事に優先して通わせてよいのかと迷っていらっしゃるご両親にぜひご覧になっていただきたいと思います。

表現力と協調性の両方が身に付く

ダンスで得られる効果で最も重要なものは、「表現力」です。身体全体を使って自己表現をする能力が養われることは、幼児教育にとて素晴らしいことです。自己をアピールする力は、大人になってから最も役立つ能力です。

人前に出て何かをするというとき、最初は恥ずかしくて気後れする子が多いと思います。ダンスはこのような気持ちを払拭し、自己表現をすることを求められます。幼少の頃に、人前でパフォーマンスできたという自信は生涯の財産になります。

表現力とは自己主張ですから、個人で踊るときはどれほど主張しても構いません。ところが、ダンスでは、ペアとかグループで踊る場合があります。特に、ダンススクールでは、グループで踊るケースが多いのです。

ペアやグループで踊るときは、一方で自己主張しながらも、他方でメンバーとの協調性が必要となります。この表現力と協調性のバランス感覚が養われることがダンスの最大の魅力です。ダンスでは、スポーツ以上に協調性の厳密さが問われるからです。

忍耐力と達成感の両方の能力が身に付く

ダンスでは身体能力をフルに発揮して踊るため、キッズダンスといえども、日常よりも少し難しい動きにも挑戦しなければなりません。何度も練習しなければできない動きをマスターするためには忍耐力が必要です。

試行錯誤しながら練習をすること、そして、できるようになったときの達成感。この両方を味わえるのがダンスです。忍耐力と達成感の組み合わせは、知能を高めるのにとても効果のある活動です。

動と静の切り替えで集中力が身に付く

ダンスの最大の特徴とも言うべきものは、動と静の動きの切り替えです。人間の身体を美しく見せるためには、動くときは激しく動き、止まるときはピタッと止まることがポイントです。

キッズダンスといえども、このダンスの動と静の動きは取り入れられています。激しく動く、ゆっくり動く、静止する、この切り替えをきちんとできるように訓練することで、1つ1つの動きにメリハリをつける集中力が身に付きます。

振付を覚えることで記憶力が身に付く

ダンスは自分勝手に身体を動かせばよいというものではありません。振付があって、その通りに身体を動かすことが求められます。振付には簡単なものから難しいものまでありますが、とにもかくにも覚えなければなりません。

まず頭で覚えて、それをやってみて、身体に覚えさせるという訓練を繰り返し行います。この頭で覚えたものを、身体を動かして身体に覚えさせるというやり方は、人間の記憶力を高めるのにとても効果がある方法です。

身体のバランス能力とリズム感が身に付く

ダンスは全身を使って表現するために、全身の筋肉が鍛えられます。左右の足に交互に重点を移したり、身体を縮めたり伸ばしたりすることで、身体のバランス感覚が養われます。

同時に、それらの動きを音楽やリズムに合わせて行いますから、音感やリズム感が養われます。これらの能力は、ダンスを踊っているときだけでなく、日常生活においても役立ちます。

ストレス解消の能力が身に付く

いまの幼児は学習しなければならないことがたくさんあります。定期的に届く幼児教材では、文字を読んだり書いたりします。これらの学習をするときには、毎日、決まった時間に机に座ることが求められます。

また、タブレット学習やゲーム遊びで、一日中、液晶画面を見ていては身体に影響があるのではないかと心配なご両親もおられると思います。いまの子供は見かけ以上にストレスがたまっているはずです。

ダンスは身体を思いっきり動かすので、身体によい影響を与えますし、何よりもストレス解消に役立ちます。身体を動かして気分転換して、ストレスを解消する能力を身に付けると、大人になってからも役立ちます。

キッズダンススクールの紹介

ダンス2

EXPG STUDIO KIDS(EXPG スタジオ キッズ)

夢を追い続けてきたEXILEが、子どもたちに夢を叶える場所を提供したいという想いのもと2003年、東京に開校して以来、宮崎、札幌、大阪、松山、福岡、沖縄、名古屋、横浜、大宮、京都、仙台、海外初となる台湾、台北、アメリカ、NY・LA、さらには上海にオープン予定。

夢を叶える場所としてEXPG STUDIOは着実に広がり、現在では国内12校、海外3校の全15校を展開しています。

EXPG STUDIOでは小学生以下のお子様を対象に子供クラスを開設しています。ダンスや歌のスキル向上はもちろんですが、REGULAR クラス同様、それ以上にメンタル面の向上を重視し、バックダンサーではなくエンタテイナー(表現者)としての人材育成を目指します。

小さなお子様は体の発達や物事を把握するスピードにばらつきがありますが、一人ひとりの適正に合わせて個別カリキュラムを作成しますので、まったくの初心者でも受講することができます。ダンスや歌に興味のあるお子様はぜひチャレンジして下さい。3歳から6歳が対象。

EXPG STUDIO KIDS公式サイト

CENTRAL SPORTS KIDS(セントラルスポーツ キッズ)

世界に通用するアスリートを育成しよう…。1969年、東京オリンピックの水泳と体操の代表選手がセントラルスポーツを創業し、健康産業のパイオニアとして業界に一石を投じました。

以来、健康増進を目的とした指導面での取り組みや技術の向上はもちろん、スポーツを科学的に分析する研究所を設立するなど、運動を主軸としたあらゆる追求を行っています。

キッズダンスでは、音楽とふれあい、元気いっぱいにダンスを踊ることで、ダンスの基礎的な能力「リズム感」「柔軟性」「体力」を身に付けます。ジュニアチアダンススクール、キッズヒップホップスクール、キッズストリートダンススクール、ジュニアダンススクールの4つのコースがあります。全国に100以上の教室があります。3歳くらいからです。

CENTRAL SPORTS KIDS公式サイト

NOA DANCE ACADEMY KIDS(ノア ダンス アカデミー キッズ)

キッズダンサーの育成に定評のあるダンサーを選抜し、丁寧で楽しいレッスンで吸収が最も早い時期であるキッズの上達を最大限に引き出していきます。

スタジオは、都内4校。新宿・都立大・池袋・秋葉原とすべて駅から近い場所にあり、比較的人通りの多い道を通ってくることが出来るので安心して通うことができます。

ガラスばりになっている新宿Dstの外にはソファがありレッスンを観ることができます。その他のスタジオでもモニターでレッスンの様子を観ることが可能です。

KIDSクラスのレッスンだけではなく、さらに月間3000以上のNOA通常レッスンも共通で受けられます。また、豊富なジャンルのレッスンがどれも共通で受けられるので、本当に受けたいレッスンが見つかります。6歳からです。

NOA DANCE ACADEMY KIDS公式サイト

avex dance master kids(エイベックス ダンス マスター キッズ)

avex dance masterは段階的にダンスレッスンをできるようにレベル・年齢別にクラス設定をしています。 全国統一のカリキュラム(ダンスの教科書)を使用しているので、ダンスレベルに応じたダンスレッスンを提供できます。

初めてダンスを学ぶ方も安心の環境で学ぶことができます。※クラスレベルの設定は各スクールごとに運営状況により異なります。キッズコースは小学生が対象です。

「avex dance master」では、受講生が主役となり、日頃の成果を発表できる様々なイベントを開催しています。 3万人が集う世界最大級のダンスイベント「DANCE NATION」、エリア最大級のイベント「DANCE KINGDOM」、法人単位の発表会「Dance Fes」など、夢ような豪華なステージに、明日はあなたが立っているかもしれません! 他では味わえないイベントがあなたを待っています。

avex dance master kids公式サイト

キッズダンススクールの選び方

実際にキッズダンススクールに通わせる際は、どんなポイントで選べばよいのでしょうか。3点に絞ってご説明しましょう。

自宅から通いやすいかどうか

これはすべての幼児教室に共通の事項ですが、キッズダンススクールも自宅から通いやすいかどうかがいちばん重要なポイントとなります。ここでは、全国に教室を展開している企業を選びましたが、NOA DANCE ACADEMY KIDSは東京だけの展開です。

地方で1つだけ教室を持ってキッズダンススクールを運営している所もありますが、評価をするのは難しいです。近くに適切なダンススクールがない場合は、オンラインダンススクールで学ぶのもありかと思います。

ダンスを習わせる目的は何か

EXILEの運営しているスクールや、aivexの運営しているスクールは、キッズコースでも、かなり本格的であり、本人が望めば将来的にプロ育成コースまで進めるようになっています。発表の場であるイベントも華やかです。

それに対して、セントラルスポーツは、総合的なスポーツ教室であり、ダンス以外にもスイミングスクール、体操スクールがあります。ミックスコースでは、これらすべてを学ぶこともできます。

まだお子様は小さいのですが、ダンスを習わせる目的は何か、長期的かつ本格的に習わせたいのかどうかなどを十分に検討した上で、最も適したダンススクールを選ぶことが大切です。

年齢・レベルに合ったスクールを選ぶ

キッズダンススクールは、いずれも年齢別・レベル別にコースを設定しています。3歳から入れる所と、6歳から入れるところがあります。どちらもメインは「小学生」に設定しているようです。

年齢は低くても、ダンスが得意な子と苦手な子がいますので、自分のお子様の年齢・レベルに適したスクールを選ぶ必要があります。どのスクールも体験入学が設定されていますので、実際に行ってみて最終判断をするのがよいと思います。

-幼児教室・子供教室

© 2020 幼児教育で子供の知能を高める